駅伝・マラソン

【大迫傑】2017年ボストン・マラソンで快走!

大迫、ボストンマラソン走るってよ。

という、宣言から2ヶ月。大迫傑選手がボストン・マラソンで世界相手に勝負し、快走しました!

いや〜、速いというか、めちゃくちゃ強かった!

0418_1

初マラソンでボストン・マラソン3位

総合成績

1位 2:09:37 Geoffrey Kirui KEN
2位 2:09:58 Galen Rupp USA
3位 2:10:28 Suguru Osako JPN
4位 2:12:08 Shadrack Biwott USA
5位 2:12:35 Wilson Chebet KEN
6位 2:12:45 Abdi Abdirahman USA
7位 2:13:16 Augustus Maiyo USA
8位 2:14:26 Dino Sefir ETH
9位 2:14:46 Luke Puskedra USA
10位 2:15:28 Jared Ward USA

0418_2
   引用:フジテレビNEXT

優勝はケニアのキルイ選手が、2時間9分37秒で優勝。注目の大迫傑選手は3位と表彰台にたちました。

ホントに強かった。タイムは「2時間10分28秒」ですが、タイム以上に強さが目立ちました。

抑えて拾っていくレースでなく、最初から先頭でずーと勝負しての3位。そして先頭から離れてからダラダラペースダウンすることもなく、どんどんラップを上げていくレース展開。先頭をずーと見える位置で勝負した内容は、めちゃくちゃ評価されるのではないでしょうか?!

ほんと、これは男子マラソン界にとっては、嬉しいニュースだと思います。

レース展開

10km通過が30分30秒前後と、比較的ゆっくりなペースでした。先頭集団は中間点を過ぎても
10人以上の大集団。大迫選手は終始先頭集団でレースを進めていました。

登り坂が終わった33km地点の給水で、集団は大きくばらけ先頭集団は3人に。大迫選手は少し遅れて4番手。

35km地点で先頭は、キルイ選手とラップ選手。3番手が12秒遅れて大迫選手。

40kmでラップ選手が遅れて、キルイ選手が単独トップ。そのままの順位でゴールしました。

大迫選手はトップのキルイ選手から、遅れること51秒差の2時間10分28秒でした。

ボストン・マラソンの特徴

コースの特徴は、前半は下りが基調ですが、30km過ぎから緩やかな登りが続く難コースと一般的には言われています。

ペースメーカーが付かず、難しいコースとあって、いいタイムが出にくいともっぱらの印象です。

35km~40kmを15分6秒

そんな難しいコース&心臓破りの坂があるとはいえ、大迫選手は

25km〜30km:16.01
30km〜35km:15.30
35km〜40km:15.07

というラップを刻みました。これは凄いです!

日本人、初マラソン歴代14位相当

ホント、今回は記録じゃなく、勝負して強かったですが、記録面でも初マラソン14位にランクインです。

1位:2.08.12 藤原正和(中央大学)
2位:2.08.53 森下広一(旭化成)
3位:2.09.03 尾田賢典(トヨタ自動車)
4位:2.09.12 森田知行(カネボウ)
5位:2.09.23 清水智也(佐川急便)
6位:2.09.27 設楽悠太(Honda)
7位:2.09.38 五十嵐範暁(中国電力)
8位:2.09.39 丸山文裕(旭化成)
9位:2.09.41 高岡寿成(カネボウ)
10位:2.09.50 佐藤敦之(早稲田大学)
11位:2.10.01 三木弘(旭化成)
12位:2.10.02 出岐雄大(青山学院大学)
13位:2.10.07 藤田敦史(駒澤大学)

14位:2.10.28 大迫傑 (ナイキ)


15位:2.10.36 白石賢一(旭化成)
16位:2.10.37 早田俊幸(鐘紡)
17位:2.10.38 細川道隆(大塚製薬)
18位:2.10.39 大石港与(トヨタ自動車)
19位:2.10.43 佐藤洋平(カネボウ)
20位:2.10.44 池永和樹(コニカミノルタ)

各紙記事

大迫傑初マラソン3位 ボストンで瀬古以来の表彰台
男子初マラソンの25歳大迫が3位 昨年の日本選手権で2冠
大迫傑が初マラソンでボストン3位…2時間10分28秒
大迫、終盤追い上げ世界と勝負 ボストン・マラソン3位
初マラソンで3位の大迫傑、東京五輪に向け手応え
ケニア勢が5年ぶりアベック優勝 キルイ「本当にうれしい」

関連記事:大迫傑、2017年ボストン・マラソンに挑戦