※2016/12/1 更新

Jリーグは、来年(2017)からDAZN(ダ・ゾーン)での中継を発表しましたが、現時点でなんかいろいろとDAZNが問題を抱えていそうなので、調べてみました。

僕個人としてはJリーグ中継は、実況・解説人・ハイライト番組が秀でているので、来年も継続してスカパー中継して欲しいと思ってます。

6462        引用:Jリーグ

関連記事:DAZN(ダ・ゾーン)の中継は大丈夫か?!公式回答をみてみる


JリーグはDAZNと10年間の放映権契約を締結

Jリーグは、PerformGroupが提供するスポーツのライブストリーミングサービス「DAZN(ダ・ゾーン)」と、2017年より10年間、約2100億円の放映権契約を締結いたしました。

>>JリーグとDAZNが10年間の放映権契約を締結
>>DAZNがサービス開始!月額料金やコンテンツを正式発表

これによって、お金がないから2ステージ制にしましたというアホな話はなくなり、来季からまた1ステージ制に戻すという話がでてきました。

(追記)
正式に1シーズン制の戻りました。

>>Jリーグ、来季から1ステージ制に逆戻りへ

Jリーグを愛するサポーターにとっても、サッカーが好きなファンにとっても、強豪リーグと同様の1シーズン制に戻すことはとてもいいことと思えますが、僕的に気になるのは今後のスカパー中継です。

最初の頃はちょっとひどかったけど、今のスカパー中継はめちゃくちゃ好きです。何がいいかというと実況と解説人がほんと素晴らしい。観ていて聞いていて苦にならず(某テレ朝の誰かさんは酷すぎる)、そして的確なので面白い。もしスカパーがなくなったらどうなるのだろうか?単純にDAZNに引っ越しならばいいのだが。。。


DAZNとスカパーの違い

ここでDAZNとスカパーの違いをちょっとみていきたいと思います。


DANZのサッカーチャンネル

DANZのサッカーチャンネルは、欧州から南米まで幅広くカバーされます。今後35のコンテンツが配信予定となっています。

✔ アジアリーグ
  ・Jリーグ(J1、J2、J3)2017年より
  ・Kリーグクラシック(韓国)

✔ 欧州リーグ
  ・ブンデスリーガ(ドイツ)
  ・ブンデスリーガ2部(ドイツ)
  ・DFBポカール(ドイツ)
  ・セリエA(イタリア)
  ・セリエB(イタリア)
  ・コッパ・イタリア(イタリア)
  ・イタリアスーパー杯(イタリア)
  ・フットボールリーグ(イングランド)
  ・FA杯(イングランド)
  ・EFL杯(イングランド)
  ・FAコミュニティーシールド(イングランド)
  ・スペイン国王杯(スペイン)
  ・スーペルコパ(スペイン)
  ・リーグ1(フランス)
  ・リーグ2(フランス)
  ・フランスリーグ杯(フランス)
  ・スコットランドリーグ(スコットランド)
  ・スコットランドカップ(スコットランド)
  ・エクストラクラサ(ポーランド)
  ・ジュピラー・プロ・リーグ(ベルギー)
  ・ベルギースーパー杯(ベルギー)
  ・テュルキエ・クパス(トルコ)

✔ 南米リーグ
  ・コパ・スダメリカーナ(南米)
  ・プリメーラ・ディビシオン(アルゼンチン)
  ・ブラジル全国選手権(ブラジル)
  ・リーガ・パラグアージャ(パラグアイ)
  ・プリメーラ・ディビシオン(エクアドル)
  ・プリメーラ・ディビシオン(ペルー)
  ・プリメーラ・ディビシオン(チリ)

✔ その他リーグ&W杯予選
  ・ロシア・ナショナル・フットボールリーグ(ロシア)
  ・インターナショナルチャンピオンズ杯
  ・ロシアW杯南米予選
  ・ロシアW杯欧州予選
  ・ロシアW杯北中米カリブ海予選

このラインナップを見ると、相当凄そうに見えるのですが。。。


DAZN料金&視聴方法

DAZNの料金は、月額定額1750円(税込1890円)です。公式サイトから3ステップで登録完了です。

DAZNの視聴は、パソコンまたはスマホ(iOS,Android)が基本になります。テレビで見るためには、AmazonFireTV / AmazonFire TV Stick、もしくはスマートテレビが必要となります。

関連記事:DAZNをテレビで観るために必要な準備。快適に観るためには?!
関連記事:【比較】DAZNをTVで観るのに必要なAmazonの「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」を比較してみた

DAZN
無料
(2017.01.10時点)
posted with ポチレバ

ただ画質については、現時点で相当問題が有るみたいです。

2週間ダゾーンでスポーツ観戦をしてみました。
その結論は、とてもスポーツを見られるレベルではないというのが筆者の見解です。それはなぜか?!再生中カクカクします。そして途中で再生が止まります。90分の試合をフルで見る気になりません。筆者の持っているデバイスでは、スマートフォン、パソコンです。ネット環境は、Wi-Fi・有線LANで視聴してみました。
どちらもカクカクが止まりません。
現状の状態では、とてもサッカー観戦には耐えられない。
 参考:DAZN(ダ・ゾーン)のサッカーチャンネルをスカパーと比較してみた!

はやくTVと同等になるのを期待しているのですが。いつ頃になるのでしょうか・・・


DAZNとスカパーの比較

2016年9月時点でスカパーが来季もJリーグを放送するか決定していません。そのためこの比較が意味があるかは正直分かりませんが、とりあえず比較してみます。

料金
(月額)
J1
J2
J3
ルヴァン
カップ
天皇杯
Jリーグ
関連番組
海外
リーグ
DAZN
¥1,890
スカパー
JリーグMAX
¥2962
スカパー
欧州&Jリーグセット
¥5980
スカパー
JリーグMAXプレミアム
¥3374
スカパー
J2プレミアム
¥1933
スカパー
欧州&Jリーグセットプレミアム
¥5980
スカパー
Jリーグオンデマンド
¥2962

料金面だけ見るとDAZNの1890円は、相当魅力的です。リーグ戦だけ見る方は、DAZNがおすすめですね。一方でカップ戦、Jリーグハイライト、クラブオフィシャル番組も見て楽しんでいる方はスカパーのままの方がいいと思います。

視聴方法が、テレビメインの方も今のところはスカパーの方が無難ですね。先程も書きましたが、DAZNをテレビで見るためには、AmazonFireTV / AmazonFire TV Stick、もしくはスマートテレビが必要になります。

また試合を録画して、倍速で視聴する場合もスカパーでないと出来ません。DAZNは、YouTubeのような倍速再生には、現在のところ対応していません。

画質については、スカパーオンデマンドとそれほど差はありません。しかし、大きな違いが1つ。これが相当でかい。

それはDAZNは動画視聴時にデータがキャッシュされないということです。
(※キャッシュとは、受信したデータを一時的に視聴機器内に保存しておくことです。)

そのためDAZNは、通信環境が不安定なところでは途切れ、途切れになります。一方スカパー!オンデマンドは、データがキャッシュされます。そのため一時停止にして時間をおいて再生すれば、スムーズに視聴ができます。

これは経験したことがあるかたもいるのではないでしょうか?!


DAZNは、ちゃんと全試合中継する?!

ちょうどこの記事を書くにあたり、いろいろと調べてみたら、こんな記事を発見しました。
>>【必見】話題の DAZN(ダゾーン) を契約してみた

気になったところを抜粋してみると。

最大のデメリットが公式やプレス発表したことがウソであり、何の発表も無く配信予定一覧やヘルプを書き換える事です。スポーツファンは、ファンであるチームの全試合を見るのが最大の目的であり、それを発表したDAZNに大きく期待して信じたのです。そう、不特定のチームの中途半端な放送に意味はないのです。普段スポーツを見ない人はこれが全く理解できておらず論外なコメントもありました。

これはJリーグ放送を待っているファンも同じでしょう。あと、TV欄的なものが無い事に関して「hulu や Netflix にも無い」という意見もありましたが、これも論外。映画と違って スポーツはその時1回だけのLIVE放送が命であり、放送する内容と日時が先にハッキリしておかないとダメなのです。直前まで何を放送するか分からないのは致命的でしょう。

そして、録画できず、見逃し配信が終わった試合は二度と見れない点も、映画配信サービスとは全く異なります。過去の好きな試合を好きな時に見たいファンに打つ手はありません。

まぁ、低額でいろいろ楽しめるといえば楽しめるDAZNさん なので、入っていて損は無いとは思いますが。

なんとまぁ、いろいろとサービスに問題を抱えているようです。特に気になるのが、全試合放送と言っときながら、全然放送しないこと。言ってることとやっていることが違うこと。ぼくは浦和レッズの試合が全部観たいのです。これで1試合でもリアルタイム放送されなかったら、確実に怒ります。

まだ、2017Jリーグ開幕までは半年程時間があるので、改善されることを切に願ってます。


まとめると

DAZNのメリット

・月額1890円(2016年9月時点)
・ネット配信で視聴環境さえ整えば、どこでも視聴可能。
・スポーツのジャンルが幅広く、NFL、NBA、F1、UFC、海外サッカー、Jリーグ(2017シーズン配信予定) 、WWE(配信日未定)など人気スポーツが多い。
・人気ジャンル・カードは日本語実況付き(無い場合も多々ある)


DAZNのデメリット

・公式発表が信用できない。
・ネット配信だけに、画質はTVより劣る。大画面ではキツイ。
・ネット配信だけに、画質が環境にかなり左右される。(回線、OS、ブラウザ、マシンスペック など)
・TV欄が無く、何を放送するか分からない。直前になっていきなり配信予定一覧に試合が増えたり、減ったりする場合も。
・録画できない。過去の好きな試合も見れない。
・見逃し配信の期間が短い。


スカパーは?!

スカパーのJリーグ中継関連の継続が不明です。またいろいろわかったら、随時更新していきたいと思います。

個人的には是非、孫さんに頑張ってもらってスポナビ とDAZNに競ってもらって、もっともっと良いサービスが提供されればなと思ってます。


スカパーは?!

2016年12月15日、Jリーグは2017年の有料生中継をDAZNのみと発表しました。このことについては下記記事に書いてます。

関連記事:【2017 Jリーグ】来季はDAZN(ダ・ゾーン)のみでの中継が決定。残念ながらスカパーは撤退。。。



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史