2017年Jリーグの開幕まで1ヶ月を切りましたが、ホントにちゃんと放映されるか、今だに不安が払拭できないDAZNから、Jリーグ中継の詳細発表がされました。

結構、興味深い記述がありましたので紹介します。

takalab_0120_1

詳細は下記記事にありますが、抜粋すると。
>>http://av.watch.impress.co.jp/docs/news/1040145.html


1. 放映権について

・DAZNが持つのは放映権のみ
・映像製作はJリーグ
・著作権もJリーグ
・公式映像や国際配信映像はJリーグが制作

2016年まではスカパーが映像制作を行っていたが、2017年はJリーグが映像制作を行い、DAZNはJリーグの制作に協力、ノウハウを共有し、サポートしていくという立場。


2. 中継カメラ台数について

・J1の中継はカメラ9台体制で中継(スカパー時代は6台)
・J2は6台。J3は4台。
・J1の注目試合などでは、最大16カメラ体制も
・スロー撮影も強化


3. ハイライト番組制作について

・J1/J2/J3の各試合で、ハイライト番組も制作予定。
・番組の長さは3~5分程度


4. 試合解説・実況について

・試合解説・実況のマネジメントもJリーグが行なう


5. 見逃し配信について

・Jリーグ試合の見逃し配信期間(ライブ中継終了後の配信期間)は当面「30日」 ・見逃し配信期間の延長やダウンロード対応も検討する可能性あり


ちなみにプレシーズンマッチとなる「DAZNニューイヤーカップ」の中継が始まります。DAZNの中継を試すチャンスです。

関連記事:ニューイヤーカップ&タイ インターリーグカップをDAZNで中継!

関連記事①:来季はDAZN(ダ・ゾーン)での中継が決定。大丈夫か?!そしてスカパーは?!
関連記事②:2017年からDAZNのみでの中継が決定したので、DAZNについてまとめてみたよ。
関連記事③:DAZN(ダ・ゾーン)の中継は大丈夫か?!公式回答をみてみる
関連記事④:DAZNをテレビで観るために必要な準備。快適に観るためには?!


6. ルヴァンカップと天皇杯

(追記)
新たにJリーグから発表されました。

ルヴァンカップは、国内における地上波、BS/CS放送、自動公衆送信権はフジテレビの独占契約となり、スカパー!がサブライセンスを取得。両局が全試合を放送することになりました。

DAZNは、ルヴァンカップの配信はしない予定。

天皇杯は、スカパーが放送することを既に発表されてます。

全部観ようと思うと、逆にお金がかかるようなかからないような。。。



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史