日常・時事・小ネタ

【人工知能AI】囲碁の世界最強棋士が、囲碁AIの「AlphaGo」に屈す。。。

2017/5/27 更新

以前、人工知能(AI)の囲碁ソフト「アルファ碁(AlphaGo)」が、イ・セドル九段に勝利したニュースがありましたが、今回更に強いと言われている、現在の囲碁界最強棋士の柯潔(カ・ケツ)九段に3戦3勝しました。

0527_7

まず、このニュースにはホントぶっ飛びました。

 「The Future of Go Summit」で5月23日から開かれている、囲碁世界レーティング1位の柯潔(カ・ケツ)九段と、米Google傘下DeepMindの囲碁AI「AlphaGo」の3番勝負。27日に最終局第3局が行われ、柯潔九段の投了によりAlphaGoが勝利した。第1局、第2局ともにAlphaGoが勝利し、世界最強の棋士でもAlphaGo相手に勝ち星を上げることはできなかった。
 AlphaGoは2015年10月に、欧州大会で3回優勝した樊麾(Fan Hui)二段に5戦5勝し、ハンデなしで人間を初めて破った囲碁AIとして注目される。2016年5月には世界トップ棋士の李世ドル九段との5番勝負で4勝1敗し、その実力を知らしめた。
 この時のAlphaGoのハードウェアは、CPUサーバを1202台、GPUサーバを176台使用する構成だったという。
 今回のAlphaGoは、年次開発者会議「Google I/O 2017」で発表された新世代の「TPU(Tensor Processing Unit)」を1台使用する構成で挑んだという。
引用:ITmedia NEWS

元々1997年にIBMのコンピュータ、ディープブルーが、チェスの世界チャンピオンのガルリ・カスパロフを2勝1敗3引き分けで破って大きな衝撃を与えましたが、チェスに比べて囲碁ははるかに複雑なゲームなので、少し前まではコンピュータの計算能力が高くても、プロ棋士に勝つのは相当先のことだと考えられていました。

しかし今回とうとう囲碁においても、人工知能が勝っているということが証明されてしまいました。

アルファ碁にはディープ・ラーニングと呼ばれる機械学習の手法が使われています。現在は人間の勘や経験に頼っている作業も、機械が学習することにより、自ら判断してできるようになるとみられています。

例えばグーグルが公道で自動運転車の実験を行っているように、かつて人間にしかできないと考えられていた自動車の運転のような領域でも、人工知能を搭載した機械が人間に置き換わっていくことになります。

最初は人間の監視が必要だが、囲碁での勝利が示唆するように、いずれ人工知能の判断のほうが人間の判断よりも適切だというケースが増え、次第に人間は判断に関与しなくなっていくだろうと言われてます。

ということは、恐れていた通りタクシー運転手をはじめ、いろいろな職業が人工知能(AI)に取って代わられる時代も遠くなくなってきました。

関連記事:10年後、20年後、今の仕事はない!
関連記事:5年後、10年後に「生き残る会社」「消えている会社」!特に就活生に読んで欲しい!!

大企業で働いているから、就職できたから安心という時代は終わってきたなとホント再実感する出来事です。時代の変化についていけないと人も会社も淘汰されていきそうです。

関連記事:これかの時代を生きる。収入源は1つでも多く。「セブンポケット」という考え方。