バスケット

注目のプロバスケットリーグ。Bリーグとはどんなバスケリーグなのか。

2018/2/9 更新

とうとう2016年秋から、新しいバスケットボールリーグの「Bリーグ」が始まります。今回はそんあ「Bリーグ」について紹介します。

Bリーグとは?!

0603_26

Bリーグ(B.LEAGUE)とは「ジャパン・プロフェッショナル・バスケットボールリーグ」の通称で、日本の男子プロバスケットボールリーグのことです。

2015年に創設され、2016年9月22日に華々しく開幕戦が行われ、また地上波でも放送されたことにより、それなりに認知度があがっています。

Bリーグは、新しいバスケットボールリーグですが、そのチームや選手は以前の「NBL」と「bjリーグ」から引き継がれています。

NBLには12チーム、bjリーグには24チームあったため、それを一緒くたに全て同じ場所で争われるのは難しいことから、BリーグはJリーグのようにB2、B3を創設しました。

またそれだけでなくBリーグはJリーグとよく似た改革を行っています。

✔ 明確な理念を定める。
✔ チーム名に地域名を加える。
✔ 企業名をチーム名に使用してもよいが、2015-16シーズンから引き続き使用する場合、かつクラブの公式文書およびwebサイトで使用する場合に限る。
✔ ホームタウン(活動地域)を設定する。
✔ ホームアリーナおよび練習場を確保する。
✔ ファンクラブや後援会などの支援団体を保有する。
✔ 債務超過に陥っていない、かつ3期連続で赤字を計上していない。
✔ ライセンスの有効期間は1年とする。翌シーズンも参加する場合は前年11月末までに申請する。
✔ 基準を満たさなかったクラブは、成績に関わらずB3リーグに降格する。ただし債務超過または3期連続の赤字の場合は原則としてBリーグからの除名・退会となる。

Jリーグと同じく「ライセンス制」を導入しており、ライセンス要件を満たしていないチームはJリーグ同様、容赦なくリーグから弾き出されてしまいます。

どれだけ人気があっても金満で赤字を出すチームなら認められず、独立して採算を取れるようにするところに、Jリーグ同様にプロリーグ化の本気度が伺えます。またホームリーグや年間売上に関する規定も存在します。

Bリーグのシーズン方式

レギュラーシーズン

1年通じて行われる、レギュラーシーズンはB1・B2共に同じ方式となっており、それぞれ18チームが年間60試合を行います。Bリーグは東地区、中地区、西地区に分かれており、メジャーリーグのように地区ごとに順位をつけることになります。

試合数の内訳としては以下のようになっています。

✔ 自地区の3クラブと8試合、2クラブと6試合で合計36試合
✔ 他地区の12クラブと2試合で、合計24試合
✔ 毎週末に2試合を同一カード、同一会場で行うものを「一節」とみなし、必ずしもホームとアウェーを均等に行うわけではない。

B.LEAGUEチャンピオンシップ

0603_25

B1リーグのプレーオフのことを「B.LEAGUEチャンピオンシップ」と呼び、これもメジャーリーグのポストシーズンに似ています。

これは「地区ごとに上位2チーム」と「地区3位以下のうち上位2チーム」の合計8チームが参加し、トーナメント方式でその年のチャンピオンを決めるものになっています。

優勝賞金は5000万円で、レギュラーシーズンで勝率1位になると1000万円が手に入ることから、合計で6000万円規模の賞金となってます。

B1、B2の入れ替え

JリーグのようにB1とB2の入れ替え戦も行っています。

✔ B1の下位2クラブが自動降格
✔ B2の上位2クラブが自動昇格

B1の16位とB2の3位で一発勝負の入れ替え戦で、勝者がB1所属となります。ただしB2の昇格対象のクラブがB1ライセンスを所有している事が条件になります。

Bリーグを観るには

プロ野球もJリーグも基本的には同様ですが、全試合を生中継で見ようと思ったら有料放送に契約する必要があります。特に観たいチームにこだわりがなく、断片的にでも良いならテレビやネット放送で無料放送を見ることができます。

Bリーグの場合、主な中継先としては以下のようになっています。

媒体
料金
特徴
 スポナビライブ  月額1,480円
 携帯がソフトバンクなら月額980円
 一部無料放送あり
B1・B2リーグを全試合生中継
見逃し配信も全試合に対応
 スカパー!  月額2,480円
 (+基本料421円)
 B1リーグ全試合中継
一部見逃し配信に対応
 NHK  無料  主にBSで不定期に放送
 ニコニコ生放送  無料  毎節1試合

スポナビライブ

takalab_sponavi_0115
       引用:スポナビライブ

(注意)スポナビライブは2018年5月で終了になりました。
関連記事:スポナビライブ終
了。。。2018年のスポーツ中継はDAZNの1強へ!

料金:月額1,480円(携帯がソフトバンクなら月額980円)
放送内容:B1・B2リーグの全試合生中継
     1節ごとのダイジェスト放送
     Bリーグの見所を紹介する特設番組
放送形態:インターネット配信
対応デバイス:スマホ / タブレット / PC / テレビ

【特徴】
✔ B1・B2リーグ全試合中継、見所を紹介する特設番組などコンテンツが充実
✔ バスケットボールだけでなく、プロ野球中継や海外サッカーなどスポーツ放送が満載
✔ 運営元のソフトバンクはBリーグのメインスポンサー

今ソフトバンクが非常に力を入れているのが「スポナビライブ」です。2016年から始まったサービスですが、今後こういう媒体が主流になっていくのだろうなと思うほど、凄い内容が充実しています。

「スポナビライブ」はBリーグをはじめ、プロ野球10球団の試合中継、プレミアリーグ・リーガエスパニョーラの全試合中継など、他競技も非常に充実しているので、スポーツ大好きで、いろいろな競技を観たい人には非常におすすめです。個人的にJリーグが入ってないのが、非常に残念ですが、これからますます発展していくサービス媒体だと思います。

またBリーグは、ソフトバンクがメインスポンサーとして巨額の資金を提供しているだけあって、スポナビライブでも注力コンテンツになっており、現在は全試合中継となっています。

Bリーグの試合が全試合見られるのは、スポナビライブの他にスカパーだけで、スカパーでは月額2480円(+基本料)かかるのに対し、スポナビライブは1480円(980円)なので、こちらも圧倒的にコスパが良いです。

今なら30日間の無料体験のほか、ユーザー登録しなくてもスマホ・PCから無料中継(1,2回戦)の試合は視聴できるので、興味ある方はぜひ試しに観てみてください。

takalab_0116

>>スポナビライブの公式サイトはこちら。

関連記事:スポナビをTVで観るのに必要な「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」を比較してみた
関連記事:スポナビライブを徹底的に紹介!スポーツ好きなら契約して損なし!

さいごに

2016年秋に華々しく開幕したBリーグ。叶うならば、野球・サッカーに続く第三のプロスポーツとして定着して欲しいところです。