お金

【口コミ】LINEのおサイフは便利なのか?!

LINEが、スマホのLINEアプリで使えるおサイフサービス「LINE Pay」の登録ユーザー数が全世界で1000万人を突破したと発表しました。

もう既に、そんなに登録数がいるのかという驚きと、何が便利なのかという疑問が生じたので、いろいろ調べてみました。

LINE Pay

0212_4
       引用:LINE

「LINE Pay」とは「モバイル時代の新たな決済インフラ」を目指し、LINEが2014年12月16日にサービスを開始したモバイル送金・決済サービスのことです。



要は今では誰もが持っている、スマホのLINEアプリを通じて、世界約3,000万店・日本国内900万店のJCB加盟店で使えるチャージ式プリペイドカードで、送金や飲食代の割り勘、提携サービスや店舗での決済に使うことができます。

友達同士のお金のやり取りが楽

まず真っ先に思いついたのは、飲み屋での友達同士のお金のやり取りが楽になるなということ。割り勘で計算すると、結構小銭が面倒くさいので、これは非常に便利かと。

ATMに行く必要なし

指定した口座から手数料なしで直接ラインカードにチャージできるので、使うお金が決まっている商品のために、わざわざATMで金を降ろすという事がなくなります。

手数料もそうですが、ATMに行く時間も必要ないというほうが個人的には大きいです。

還元率が高い

しかも還元が2%!電気屋ポイント還元よりはまだまだですが、まぁ、普通に現金で買うよりはお得かなと。

2%のポイントだと、結構気がつくと貯まるので、スタンプ買うときなど便利です。友人は先日、映画をポイントで見たそうですwww

現金で買うくらいなら、ラインサイフが良いですね〜。

参照記事:「LINEのおサイフ」着々と普及、LINE Payユーザーが1000万人突破。還元率2%で話題に|engadget