日本代表・W杯

【2017 U17W杯】目指すは初優勝!U17ワールドカップ開幕!

2017/10/30 更新

東京オリンピックのU23世代。別名「00ジャパン」が東京オリンピックでの金メダルを目指して、2017年インドで行われる「U17ワールドカップ」に出場します。

0709_2

第17回 U17 W杯

「2017 FIFA U-17ワールドカップ」は、2017年10月6日から28日かけて行われ、今回はインドが開催国です。

開催要項

日時:2017年10月6日〜10月28日
場所:インド

日本代表日程&テレビ放送

予選グループ

第1戦 10/ 8(日)23:20~25:40 vsホンジュラス フジテレビTWO(生放送)
第2戦 10/11(水)20:20~22:40 vsフランス フジテレビNEXT(生放送)
第3戦 10/14(土)20:20~22:40 vsニューカレドニア フジテレビNEXT(生放送)

>>U17W杯を生で観るなら、スカパー!から、フジテレビワンツーネクストを契約。

日本代表メンバー

監督 森山 佳郎

GK

1 GK 谷  晃生 ガンバ大阪ユース
12 GK 鈴木 彩艶 浦和レッズジュニアユース
21 GK 梅田 透吾 清水エスパルスユース

DF

2 DF 池高 暢希 浦和レッズユース
3 DF 小林 友希 ヴィッセル神戸U-18
5 DF 菅原 由勢 名古屋グランパスU18
15 DF 馬場 晴也 東京ヴェルディユース
16 DF 山崎 大地 サンフレッチェ広島F.Cユース
19 DF 監物 拓歩 清水エスパルスユース

MF

4 MF 平川  怜 FC東京U-18
6 MF 喜田  陽 セレッソ大阪U-18
8 MF 奥野 耕平 ガンバ大阪ユース
10 MF 福岡 慎平 京都サンガF.C.U-18
14 MF 上月 壮一郎 京都サンガF.C.U-18
18 MF 鈴木 冬一 セレッソ大阪U-18
20 MF 椿  直起 横浜F・マリノスユース

FW

7 FW 久保 建英 FC東京U-18
9 FW 山田 寛人 セレッソ大阪U-18
11 FW 宮代 大聖 川崎フロンターレU-18
13 FW 中村 敬斗 三菱養和SCユース
17 FW 棚橋 尭士 横浜F・マリノスユース

U17 W杯大会結果

予選グループ 第1戦 vsホンジュラス

1009_1
       引用:yahoo

スターティングメンバー

1009_2
       引用:yahoo

ベンチメンバー

1009_3
       引用:yahoo

U-17ワールドカップの初戦を日本は快勝でスタートしました。

序盤は固いなと印象がありましたが、まずは前半22分に中村敬斗が先制点を挙げると、その中村はセットプレー、ドリブル突破、裏への抜け出しとと異なる3パターンから得点を奪い、前半だけでまさかのハットトリック。そして日本は調子よく前半を4-1で折り返します。

日本は後半の立ち上がりにもネットを揺らすと、その後はテンポを落とします。暑いインドということもあり、このあとも試合は続くので、無理はせずにホンジュラスのウイークポイントを的確に突く「大人」のサッカーにシフトしました。

後方でパスを回して、決して良いといはいえないホンジュラスの連動性を欠いたプレスをかわし、低い位置から相手のディフェンスラインの裏を突くスルーパスを出して好機を創出し、終了間際にも1点を追加し、6-1で試合は終了。

セットプレーから喫した1失点は反省材料ですが、攻撃陣はめちゃくちゃ状態が良く、次のフランス戦へ向けていい感じで臨むことができました。

U17日本、6発大勝で白星発進! 中村ハットや久保豪快弾でホンジュラス撃破
森山監督「崩しには自信を持っていた」U−17W杯 ホンジュラス戦後の会見
1G1Aの久保建英「正直、こんな大差で勝つとは」6発大勝も気を緩めず

予選グループ 第2戦 vsフランス

1018_2_1
       引用:yahoo

スターティングメンバー

1018_2_2
       引用:yahoo

ベンチメンバー

1018_2_3
       引用:yahoo

 初戦でホンジュラスを相手に大勝を飾った日本は、同じく初戦でニューカレドニアを下して好スタートを切ったフランスに挑むが、開始直後から個の力を見せつけられ、注意していたアミーヌグイリに先制点を奪われてしまう。それでも、組織力で上回る日本は、丁寧なパス交換からじっくりと敵陣に相手を押し込んでいく。決定機こそ作れないが、良い感触を得て前半を終えた。

 後半は久保建英にボールが収まる場面が増え、中村敬斗や宮代大聖がスペースを狙う動きを続ける。しかし、後半26分に中央を崩されて追加点を献上。苦しい状況に立たされるものの、すぐに宮代がPKを獲得し、自らキッカーを務めて1点差とする。その後は、一つ一つのプレーに疲労の蓄積が色濃く出た相手のミスを突いて攻勢を強めていく。同点に追い付いて勝点1を獲得するために最後まで全力を尽くすも、フィニッシュに直結するパスの精度が低く、結局ネットを揺らせずに終わった。
引用:yahoo

予選グループ 第3戦 vsニューカレドニア

1018_3_1
       引用:yahoo

スターティングメンバー

1018_3_2
       引用:yahoo

ベンチメンバー

1018_3_3
       引用:yahoo

 日本はフランス戦から先発を9人入れ替えてニューカレドニア戦に臨んだ。前半7分にホンジュラス戦でハットトリックを達成した中村敬斗がゴールを挙げて最高のスタートを切ると、これまでに出番の少なかった選手たちがボールに積極的に絡み、数多くのチャンスを創出する。だが、フィニッシュで精度を欠く場面が散見。後半に入っても、常に主導権を握る日本だったが、相手にとって怖さのないパス回しを続けるばかりで追加点を奪えない。

 後半26分に久保建英を投入すると、ゴール前にスペースが生まれ、シュートに持ち込むシーンが増えるも、逆に相手に隙を突かれて同38分にCKから痛恨の同点弾を献上。勝てる内容であっただけに非常に悔やまれる結果になった。しかし、メンバーを変更した際の戦い方や、相手が完全に引いてしまったときの崩し方など、課題がはっきりと見えた価値のあるゲームでもあった。
引用:yahoo

決勝トーナメント組み合わせ決定

●10月16日(月)
コロンビア(A組2位)vsドイツ(C組2位)
パラグアイ(B組1位)vsアメリカ(A組3位)

●10月17日(火)
イラン(C組1位)vsメキシコ(F組3位)
フランス(E組1位)vsスペイン(D組2位)
イングランド(F組1位)vs日本(E組2位)
マリ(B組2位)vsイラク(F組2位)

●10月18日(水)
ガーナ(A組1位)vsニジェール(D組3位)
ブラジル(D組1位)vsホンジュラス(E組3位)

決勝トーナメント R16 vsイングランド

1018_16_1
       引用:yahoo

スターティングメンバー

1018_16_2
       引用:yahoo

ベンチメンバー

1018_16_3
       引用:yahoo

 日本はグループステージ初戦と同様の先発メンバーで臨んだ。序盤、前線から連動したプレッシングを披露するイングランドを前に焦りが隠せず、自陣でのパス回しにミスが連発して何度もピンチを迎える。谷晃生の集中した守りもあり事なきを得るが、宮代大聖と久保建英の2トップにほとんどボールが渡らないまま前半を終える。

 エンドが変わっても日本の劣勢は続いたままだったが、守備陣が球際の部分で粘りのディフェンスを見せて簡単にシュートまでプレーさせない。すると、終盤に入って疲れの色が見えるイングランドの最終ラインが下がり始め、日本は前半には拾えなかったセカンドボールをことごとく拾って怒とうの攻撃を展開。途中出場の椿直起を生かした右サイドからの攻撃を軸にたびたび相手ゴール前まで押し込むも、フィニッシュの精度を欠いて最後まで決め切れないまま90分を終えた。

 迎えたPK戦では、イングランドの全員が成功したのに対して日本は3人目の喜田陽が痛恨の失敗。あと一歩のところで勝利を逃し、ベスト16で大会を終えることとなった。
引用:yahoo

久保「やれたのに負けたのが悔しい」U-17W杯 イングランド戦後の選手コメント
イングランドに惜敗したU-17日本代表 海外メディアが攻守一体となった奮闘を評価
久保建英、W杯ベスト16敗退を惜しむ「もっと違う高い景色を見たかった」

大会結果

1101_11101_2
       引用:yahoo

日本とベスト16でPK戦に勝利したイングランドが優勝。イングランドは今年のU20W杯も優勝しているので、これで黄金時代突入するかも?!

関連記事:U17W杯出場権は獲得したが、優勝ならずベスト4で敗退 | 2016 U16アジア選手権
関連記事:久保建英の経歴や現在を紹介。世界が注目する日本代表ストライカーとは?!