病気

【体験記】傷病手当金とは?申請方法は?支給額と支給期間と押さえておきたいポイントも紹介

今回の記事は、僕が以前うつ病と診断された時に申請した傷病手当金についての体験記です。

これを書くことによって、少しでも誰かの役に立てればと思います。

0729_2

うつ病などの病気や不慮の怪我などで、仕事ができなくなったときにまず困るのが、お金です。

働けないということは、収入がないわけですから、日々の生活もままならなくなります。

貯金がたんまりあれば、話は別ですが、それでも生活に困らないようにしておきたいと思っている人は多いと思います。そんなときに会社員が、有効活用できるのが健康保険の「傷病手当金」です。

病気やケガになった際に申請すれば、標準報酬日額の3分の2を受け取ることができます。

しかし、傷病手当金は自動的にもらえるものではありません。手当金を受け取るには必ず申請をしなければなりません。

[目次]
1. 傷病手当金について
2. 傷病手当金の申請方法

傷病手当金について

まずちょっと堅苦しい言い回しがありますが、傷病手当金についてです。

もし病気や怪我で入院し、仕事ができなくなり、収入が減ってしまった場合、健康保険から受けられる保障が傷病手当金です。

働けなくなってしまったことで、給料が支払われない場合や給料が下がった場合、その間の生活保障をしてくれる所得保障・休業補償の制度のことです。

受給対象者:私傷病で継続して4日以上欠勤し、4日目以降給与が出ない時に健康保険より受給することができます。

つまり、労災以外の病気・怪我で有給を4日以上取ったら対象になるよということです。

支給額 :1日につき標準報酬額の2/3日分(おおよそ給料の2/3)
支給期間:4日目から1年6ヶ月以内で医師の証明した期間。
支給手続:傷病手当金請求書に記入・捺印後、医師の証明を受けて会社の担当部署(大概人事部)へ提出。

決まった申請書に、本人・医師が記入し、会社へ提出。会社側の記入後、健康保険協会へ提出し処理された後、給料の2/3が最大1年6ヶ月、あなたの口座へ振り込まれますという内容です。

詳しく知りたい方は、全国健康保険協会のホームページへ。

傷病手当金の申請方法

傷病手当金という制度があっても、実際に申請を行わなければ傷病手当金の支給を受けることはできません。

ここでは病気やケガの発生から、傷病手当金を受け取るまでの流れについて紹介します。

傷病手当金の申請までの流れ


全国健康保険組合(協会けんぽ)に加入されている方の申請の流れを例として紹介します。

1. 病気・怪我の発生
2. 所属会社に報告
3. 申請書の用意と本人欄の記入(1,2ページ目)
4. 担当医師に申請書の記入を依頼する(4ページ目)
5. 所属会社に申請書の記入を依頼する(3ページ目)
6. 協会けんぽに申請書を提出する

申請書の用意&本人記入

申請書は全国健康保険協会のホームページからダウンロードし、印刷して使用するか、全国健康保険協会で申請書をもらうかして、申請書を用意します。

僕の場合は、診断書を会社に提出したら人事部から申請書が送られてきました。今思えば、優しい会社です。

0728_syoubyou1_1
0728_syoubyou2_2

1ページ目は、本人情報と振込先の記入になります。

もし、本人以外の名義口座へ振込を希望する場合は、下段の[受取代理人の欄]も記入する必要があります。

2ページ目は、申請理由とあなたへの確認事項になります。あてはまるところを記入します。

✔ 全国健康保険協会のホームページはこちら
✔ 傷病手当金の支給申請書のダウンロードはこちら
✔ こちらにも、記入例が書かれています。

担当医師に申請書の記入を依頼する

4ページ目に担当医師の証明欄があります。働けなかった期間の証明をもらいます。注意するところは、申請期間が過ぎてから担当医師の証明をもらうということ。申請期間が経過する前に記入された証明は、有効な証明として取り扱われないことがあります。よって、必ず申請期間が経過した後で証明をもらいましょう。

0728_syoubyou4_4

所属会社に申請書の記入を依頼する

3ページ目の事業主の証明というは、所属の会社に記入してもらいます。

その証明欄に会社を休んでいること、給料が支払われていないことの証明をしてもらいます。事業主の証明についても申請の期間が経過した後で証明をもらいましょう。

0728_syoubyou3

協会けんぽに申請書を提出する

全国健康保険協会に傷病手当金の申請書を、郵送または直接出します。

さいごに

僕の場合は、申請書を提出後1.5ヶ月後くらいに、傷病手当金が支給されました。

つまり、休みはじめて1ヶ月後に申請書を提出。その1.5ヶ月後に支給開始ということで、休みはじめてから2.5ヶ月後にやっとお金をいただけました。

この時、ホント貯金もなくて、早く頂けないかと不安で不安でしょうがなかったことを記憶しています。

もし不慮の出来事で休む必要が出た時は、傷病手当金の申請は速やかにやることを強くオススメします。

また長期で通院を余儀なくされた方は、自立支援医療(精神通院医療)を住んでいる区市町村に申請することで、もし認められれば医療費自己負担3割から1割にすることもできます。何気に3割でも通院費や薬代がばかにならないので、低収入時代はもの凄くありがたい制度です。僕の場合は主治医に教えてもらって知ることができました。

東京都の例だと、こちらを参照

そして最後ですが、僕はこの時の経験から、めちゃくちゃお金は大切だと感じました。

日々の貯蓄も大切ですが、毎日を暮らしていると、生活ですらままならないことも多いです。ホント稼いでおかないといらない心配をするし、お金を稼げるところが1ヶ所に依存した状態だと危険だということを認識しました。

それからは収入を複数のところから得るには、どうしたらいいかを考えるようになりました。もし同じ思いをしている方がいれば、下記記事を参考にしていただけたら幸いです。

関連記事:収入源は1つでも多く!「セブンポケット」という考え方!
関連記事:【体験記】うつ病と診断されてから克服するまでの話。傷病手当金は必ず貰おう!