ACLのAwayを個人で行っている僕がまとめる「海外個人旅行」テクニック

2017/2/21 更新

今年もACLに参戦できる!!

今まで色々とACLのAway(韓国・中国・タイ・オーストラリア)に行ってきました。

その時、個人的に思った、海外旅行に行った時の「身につけた知識・テクニック・持っていくと良いもの」などを、忘備録がてら、まとめます。

7242121564 cecf9e1f63 z

是非、個人で海外に行く前に、「個人で行きたいけど、手配の仕方が良く分からないからツアーにしよう」と考えている人に、一読してもらいたいです。

海外旅行節約術

航空券を安く予約する

A0001 002923

航空券を取るときは航空券比較サイトが便利です。

出発地と目的地、日程を入力するだけで値段順に各航空会社のチケットが一覧表示されます。気に入ったものがあれば、そのまま航空会社のサイトに飛ぶだけです。下記に紹介するサイトなら手数料もかかりません。

スカイスキャナー
今では航空券比較サービスは多数あるが、初めてなら最大手の『スカイスキャナー』がおすすめです。サイトは日本語対応で、とても使いやすく、燃油サーチャージ込の料金が表示されているので、値段が一目瞭然です。

ただし行き先や日程によって、どの比較サイトが最安か変わってくるので、慣れてきたら『Hipmunk』や『Momondo』などでもチェックしてみるのもいいです。サイトは英語表記ですが、シンプルでわかりやすいので、そんなに困らないと思います。

TripAdvisor (トリップアドバイザー)
口コミ評価で、航空券をホテル代込みで、最安値検索してくれるのが、TripAdvisor (トリップアドバイザー)です。ホテルも一緒にと考えている人は、こちらの方がお勧めです。

ちなみに航空券は基本的に、
①1月中旬〜4月
②9月〜12月
がローシーズンで安いです。ホテルの料金も同様に安いです。

航空券を予約したら

航空会社のWebサイトから航空券を予約したら、Eチケット画面を自宅のプリンタで印刷するだけです。プリントなしでもパスポートさえあれば搭乗はできますが、入国の際にごく稀にチェックされるので一応手荷物に入れておいたほうが良いです。

ホテルを予約する

A0731 000790

インドやタイなどの途上国では個人経営のゲストハウスが多く、現地に着いてから宿泊場所を決めることも簡単ですが、ヨーロッパやアメリカなどの先進国なら事前にネット予約していった方が良いです。

人気の観光地では数ヶ月前に予約しなければ、良いホテルが満室になってしまうことも多いです。ホテル検索のサイトは以下のサイトがオススメ。

Agoda
ACLで良く行く時に使用しました。東南アジア旅行ならホテル掲載数が多く、値段も安いAgodaがおすすめです。日本語のレビューも多く、サイトからホテルを選びやすいのが非常に良いです。
唯一のデメリットはキャンセルポリシーが曖昧なこと。ACLなどの、なるべく日程が確定しているときに使いたいです。

booking.com
圧倒的に掲載ホテル数が多いです。僕自身何回も使ってきましたが、他サイトと比較して値段が安いことが多いし、トラブルも一度もありません。
キャンセルも数回したことがありますが、スムーズに手続きが完了し安心感がありました。特にヨーロッパやアメリカに強い印象です。日本語にも対応しているので個人的には最もおすすめサイトです。

DeNAトラベル(スカイゲート)
トラブルが起きた時にどうしても英語で対処するのが不安な場合は『DeNAトラベル(スカイゲート)』がおすすめです。
日本のサービスの中ではトップクラスで掲載ホテルの数が多いのが特徴です。

じゃらん海外
DeNA同様に日本のサービスではトップクラスで、値段が安いのが”じゃらん海外”です。
値段から入りたい人は、お勧めです。

JTB

日本での定番旅行会社。案件もいっぱいあり、対応は全て日本人・日本語なので安心です。

エクスペディア
最近CMも多く、よく使われているサイトです。

支払いは現地払い

どのサイトで予約した場合も同じですが、予約の際は二重請求が起こらないように現地払いにしたほうがいいです。

現地ツアーを予約する

旅行をするときのツアーって、どこで予約されますか?

旅行代理店も良いですが、僕は絶対にインターネット派です。ネットだと掲載数も圧倒的に多くて、面白いツアーが目白押しです。

現地ツアーに行きたいならば、世界中から厳選された現地ツアーを予約できる「VELTRA(ベルトラ)」がお勧めです。
VELTRA(ベルトラ)なら旅行ポイントが貯まります。旅行好きには必見です。

VELTRA(ベルトラ)とは、海外300都市以上のユニークで魅力的な現地ツアーを簡単に予約できるサイトのこと。
例えば、アメリカ横断ツアーとかラオスの象使いツアーとか。
サイトを見ているだけでもワクワクしてしまう面白い現地ツアーがたくさんあります。

また、海外現地ツアーだけでなく「日本国内ツアー」も多数取り扱っていたり。
予約も簡単で、好きな日時を指定してクレジットカードで支払うだけ。

ただし現地ツアーですので、ツアーの集合場所には自力で行く必要があります。
ただ多くの現地ツアーが市内のホテルまで迎えに来てくれるから初心者でも安心です。
また各ツアーの詳細には、自力で行く場合のルートなども記載があります。
そして現地集合だからこそ、安くツアーに参加できます。

お得で安心な「海外でのお金の持ち方」

A0002 003051

海外へのお金の持って行き方は、レートの複雑さ・方法の多さから悩む人も多いかと思います。

まず思い浮かぶのは日本円を持って行き、日本の銀行・空港、または現地の空港や町で両替することですが、盗難のリスクを考えると、あまりおすすめはできません。再発行可能なトラベラーズチェックというものもありますが、レートが悪い上に使える場所が少ないのでこちらも、ほぼおすすめしません。

最も効率が良くお得な方法は、クレジットカードで現地のATMでキャッシングすることです。なんとなくキャッシングだと高くつくイメージがありますが、手数料等を計算してみるとお得に現地通貨を手に入れることができます。(こちらのサイトが大変参考になります)

海外行く時は、カード2枚持参がお勧めです。安心できる空港でキャッシングをし、現地通貨だけ持ち歩くようにする。大きな空港なら世界中どこでも必ずATMはあります。

2枚持っていくのは、仮に片方が盗難されたときにも旅を続けられるようにするためです。また海外ではビザカードしか使えない場所などもあるので注意が必要です。

またカードが、海外でキャッシングできるかどうかは事前に問い合わせて確認しておいたほうが良いです。

クレジットカード付帯の海外旅行保険を使う

6355848263 ec76191cdb b

空港などで海外旅行保険に加入すると1ヶ月未満の旅行であっても数千円〜1万円程度かかってしまいます。犯罪が多い地域に行く場合はその価値があるのかもしれませんが、治安の良い場所に行くのに高額の保険に入るのも少し勿体無いかと思います。

そこで保険代を節約したい人におすすめしたいのが、クレジットカード付帯の無料の保険です。最近、海外旅行保険が付帯されているクレジットカードが、非常に増えてきました。

持っていれば個別に海外旅行保険に加入せずとも、トラブルの際にも海外で医療が受けれらます。カードによっては有料の保険と比べて遜色ない補償内容がついていたりもします。

僕の場合、実際にiPhoneが壊れたときに十分に満足できる補償をもらうことができました。クレジットカードの海外旅行保険の注意したいポイントを以下にまとめておきます。

✔ 事前に持っていくカードの保険内容をネット等で確認しておく
✔ 保険の適用条件を確認しておく(航空券をそのクレジットカードで決済するなどの条件付帯なのか?自動付帯なのか?)
✔ 死亡時の最大補償額よりも「治療」・「救援費用」などをきちんと確認しておく
✔ 保険の適用期間を確認しておく(大抵3ヶ月間)
✔ 盗難・犯罪に合った場合は、現地の警察から「紛失証明書」などを発行してもらう

無料のカードなら、「楽天カード」「REXカード」「三井住友VISAカード
」「エポスカード
」あたりがおすすめです。

カード会社が別であれば補償金を合算できる場合も多いので、持っているなら複数枚持っていったほうが良いです。またREXカードは自動付帯なので、航空券等を買わなくても保険がついてきます。

僕は年会費が無料の「楽天カード」・「エポスカード」を愛用しています。

車の乗り合いサービスで安く移動する

ヨーロッパなどの先進国を旅行するなら車の乗り合いサービスが普及しています。

行き先が決まったら、「出発地」「目的地」「日程」を入力し、目的地まで車で乗せて行ってくれる人を募ります。車代はかからないし、ガソリン代も割り勘できるし、鉄道やバスより安く快適に移動できます。

有名どころは「Rideshare」や「carpooling」などです。ただし、ACLで良く行くアジア地域など途上国などの治安の悪い地域ではあまりおすすめはしません。

学生なら国際学生証を持っていく

国際学生証を持っていくと、一部の美術館や遺跡などの入場料を大幅に割引にしてもらえます。特にヨーロッパでは多くの美術館・博物館で学生割引を受けることができ、1回で数千円お得になることもあります。

ペルーのマチュピチュや中国のテーマパークなどでも使うことができます。大学の生協で簡単に申し込むことができ、費用1500円程なので、長期旅行の場合、ヨーロッパに行く場合は作っておいたほうがいいです。

詳しい作り方はこちら

海外でのネットは、格安SIMを

海外でも不自由なくネットを利用したいものです。しかし滞在先で、ネット環境に困っている方は、非常に多いのが現状です。

そんな方におすすめなのが、楽天モバイル海外SIMです。

安く、簡単に、そして安全に利用することができます。空港や滞在先でルーターを借りたり、無料Wi-Fiを探したりする手間を考えた場合、格安SIMは非常に便利です!!

関連記事:海外に行くなら、楽天モバイルの「プリペイドSIM」が便利!50MBが820円〜で利用可能に!!

持ち物編

コンセント変換プラグはSASUKE!

海外旅行に何度か行く予定があるなら「SASUKE」という万能コンセント変換プラグを持っておくと良いです。軽量のプラグ1つで、世界中どの型のコンセントも日本型に変換させることができます。

カシムラ マルチ電源プラグサスケ(ブルー) TI-13

速乾タオルが便利

20150228091832

長期旅行に出るなら厚手のバスタオルを数枚持っていくより、速乾タオルを1枚持っていくのが良いです。軽量でかさばらず、洗っても干せば一晩で乾かすことができます。


スワンズ(SWANS) ドライタオル ブルー BL SA26T

防寒対策は、ユニクロのウルトラライトダウン

防寒具としては、ユニクロのウルトラライトダウンがコンパクトで便利です。

その他、定番の便利な持ち物リスト

  • ガムテームを1メートル程だけ切り、巻いたもの
  • 洗濯用のビニール紐(5メートルほど切り取ったもの)と、せんたくバサミ。
  • 小分け洗剤
    ▶︎(EE-E洗剤 5g 10個入り)
  • 折りたたみバケツ:手洗い洗濯用。シャワーを浴びる際のバック代わりなどに。
    ▶︎ロゴス(LOGOS) アクアFDバケツ 88230160
  • 正露丸やビオフェルミンなどの胃腸薬
  • 海外電圧対応のドライヤー:日本の電圧は110Vと世界的に低く、日本製のドライヤーはすぐ壊れてしまう。スマホやカメラは世界中の電圧に対応している中、変圧器を持っていくのは面倒なので、海外電圧対応のドライヤーがお勧め。
    ▶︎TESCOM(テスコム) ヘアードライヤー(国内海外兼用) ブラック BI12-K
  • 便利ナイフ:ハサミやナイフだけでなく、缶切りや爪切り、栓抜きなどがついてる便利ナイフ。海外旅行中いたるところで活躍する。ただし、機内に持ち込みは出来ないので、預け入れ荷物に忘れずに入れる事。
    ▶︎ VICTORINOX(ビクトリノックス) トラベラー PD 保証書付 1.4703 【日本正規品】
  • 電子書籍リーダー:長期旅行の際には、電子書籍があると楽しみが1つ増える。紙の本のほうが盗難を心配しなくていいが、何冊も持つと持ち運びが面倒。また新しく海外で日本の文庫本を手に入れる事は難しいが、電子書籍であれば、Wifiにさえ接続すればダウンロードすることが出来る。
    ▶︎Fire タブレット 8GB、ブラック
  • アイマスク・耳栓・ネックロピー:快眠の為の3種の神器
    ▶︎ottostyle.jp 立体アイマスク&トラベルエアーネックピロー&耳栓 3点セット グレー
  • ポータブル・モスキートネット:東南アジアやアフリカ、南米を旅行するときに。安宿では蚊が入りたい放題になっているところもあるため、ポータブル蚊帳があるとかなり心強い。
    ▶︎SEA TO SUMMIT(シートゥサミット) 虫除けネット ナノモスキートネット シングル 1700342
  • ウェットティッシュ
  • 南京錠:カバンにつけておけば強盗やスリへの威嚇としても活躍する
  • 圧縮袋:荷物をコンパクトにする際に活躍
  • 虫除けスプレー:熱帯地域ではとくに。現地の虫除けスプレーじゃないと効かない場合もあるので注意。
  • 折りたたみ傘:小さくて軽い物を一応持っていくと良い
  • サングラス・日焼け止め:思った以上に紫外線を浴びていたりするため
  • ノート・メモ帳とペン:手荷物に。言葉が通じないときにコミュニケーションツールとして使える。とくに中国や台湾では必須。
  • シャンプー・石鹸:海外のものは恐いときもあるので。小さなボトルに入れて持って行くと良い。液体の持ち込み制限から、一応預け入れ荷物に入れておく。
  • タコ足コード:ドミトリー(相部屋)に泊まる際に便利。使用可能な電圧を確認しておく。
  • サプリメント:海外で栄養が偏った食事が続くときに安心だったりする
  • サンダル・クロックス:汚い安宿でシャワーするときにありがたい。もちろん現地で買うことも可能。
  • 証明写真:パスポートを失くしたときに再発行がスムーズに
  • 日焼け止め:日差しが強い地域に行く場合
  • カミソリ:男性で剃りたい人は。

絶対に必要な持ち物

  • パスポート
  • ピザ(必要な国かどうかはこのページでチェック)
  • 歯ブラシと歯磨き粉
  • コンタクトレンズ(特に保存液)
  • 服・下着・帽子
  • お勧めカメラ

    旅行に行ったら、美しい景色などスナップショットを撮りたいものです。今はiPhoneのカメラも優秀ですが、マクロ撮影時の食材の質感表現や、人物写真・風景写真については、やはり専門カメラにはかなわないように感じます。誤差といえば誤差なんですが。。。苦笑

    でも、せっかく旅行に行ったなら、良い画質を残したいと僕は思います。ここでは、僕のお勧めカメラを紹介します。

    過去にいろいろ試しましたが、今はもうこれ一筋です。そしてレンズは35mmの単焦点一択

    風景画も、人物画も素人なのに、めちゃくちゃ良い画が撮れます!一眼レフだと大きすぎて、持ち運びが大変なのですが、α6000だと持ち運びも非常に楽なので、旅行中の撮影には持ってこいです。

    コンデジのお勧めはこれです。一眼レフやミラーレス一眼は、う〜〜んという方は、是非これを。こちらは近距離(マクロ)撮影が強くて、グルメ系の写真は、かなり品質が上がる感じです。食材の質感がよく出ます。また、晴天時の人物写真、風景写真については、素人だと一眼と同等に感じます。

    海外に旅する為の知識とテクニック

    Evernoteに大事な情報は入れておく

    Evernoteに入れた情報は、インターネットさえ繋がれば海外からでも、どのデバイスからでもチェックができます。いざというときのために、クレジットカードの緊急連絡先番号やパスポートのスキャン画像などをまとめて入れておくと良いです。意外と知られていないが、Evernoteでは「★ショートカット」に登録したノートはオフラインからでも閲覧ができます。ホテルや航空券の予約画面などもノートにコピペしておき、ショートカット登録しておくと便利です。

    Evernote - あらゆる情報をまとめて記憶

    Evernote – あらゆる情報をまとめて記憶
    開発元:Evernote
    無料
    posted with アプリーチ

    海外からの電話はSkypeクレジットで

    海外から日本にどうしても電話がかけたいという時のために、「Skypeクレジット」を購入しておくと良いです。SkypeクレジットではWi-Fi(インターネット)さえ繋がれば、Skypeアプリでどこへでも電話がかけられるというものです。

    海外から日本へは、約3円/分と格安で国際通話をすることができ、現地のお店やホテルに電話することも可能です。Skypeクレジットは、コンビニやサイトから購入できます。

    Skype

    Skype
    無料
    posted with アプリーチ

    ガイドブックは電子書籍で

    世界で最も有名な旅行ガイドブック「Lonely Planet」では随分前から電子書籍化(eBooks)がされており、どの国のガイドブックもダウンロードしてスマホやタブレットで読むことができます。最近になって「地球の歩き方」もようやく電子書籍を始めました。

    複数の国を連続して旅行する場合、ガイドブックを各国分持ち歩くのは大きな負担になるので、地球の歩き方やLonely Planetをスマホ・タブレットで閲覧することも検討してみると良いです。ただ最近では、ガイドブックなしでもネット上のブログ等だけで十分な情報は得られるので、収集した有益な旅情報は「Pocket」などのスマホアプリを使ってオフラインでも読めるよう保存しておきましょう。

    Pocket

    Pocket
    開発元:Read It Later, Inc
    無料
    posted with アプリーチ
    1. eBooks – Lonely Planet Shop(英語)
    2. 地球の歩き方 ガイドブック 電子書籍 | 地球の歩き方

    スマホで高額請求がこないようにする

    スマホ持ちの海外旅行が初めての人は、高額請求がこないよう「設定」を確認しておきたい。設定はシンプルで「モバイルデータ通信をオフにする」だけ。念のため機内モードもオンにしておくと安心です。機内モードがオンになっていてもWi-Fiは使えます。

    本当に困ったときは大使館へ

    強盗に遭って荷物とお金を全て盗まれてしまった、など本当に困ったことがあったら現地の日本大使館に助けを求めると良いです。日本からの送金手続きなど手助けをしてくれるはずです。

    最後に

    思いつく限りここまで書いてみたが、海外旅行に行く前にはその国についてネットや本で詳しく調べると良いです。書き忘れた旅の知識があればまた追記します。