浦和レッズ

【浦和レッズ試合観戦日記】2017 ゼロックススーパーカップ vs鹿島 @横国

僕的には全くの予定に入ってなかったゼロックススーパーカップ。棚ぼたで出場とは言え、やるからには勝ちたい一戦。そして3日後から始まるACLに弾みをつける一戦にしたかったのですが。。。

0218_3

vs 鹿島 スタメン

スタメンは、最終ラインに森脇、遠藤、宇賀神。ボランチは阿部ちゃん、青木コンビ。両翼が駒井、菊池。2シャドーに武藤、李。ズラタンのワントップ。GKは西川。

コンディションが上がらない槙野は無理させずにベンチ外。柏木もベンチ外。槙野のところには宇賀神を入れ、柏木のところは青木。左のワイドに新加入の菊池が先発。興梠はベンチスタートで温存しつつ、ズラタンをワントップという布陣でした。


前半30分は。。。


前半30分くらいまでは「おっ、このメンバーでも戦えている」と思っていたのですが。

まぁこれは前からわかっていることですが、ズラタンの1TOPはだめです。ズラタンが悪いのでなく、ズラタンに合わない戦術なのです。まずトップにボールが全く収まらない、さらに前線トライアングルの連携もイマイチということで攻撃面では厳しいだろうなと思ってましたが案の定、前半はほぼなにも出来ない状態で終わり。

また、今季のテーマで昨シーズンにも増してアグレッシブに最終ラインを高く設定していましたが、「高いディフェンスライン」と「中盤でのプレス」は必ずセットになっていなければなりません。その点で前半は中盤でのプレスが効いていないにもかかわらず、最終ラインが高いので、鹿島には面白いように裏のスペースを使われまくってディフェンス大炎上の大忙し。

支配率は6:4という内容なのに、中身はというと決定機は圧倒的に鹿島のほうが上という結果。

中盤でプレスが効かないのはズラタンはじめ前線にボールが収まらないからで、縦にボールが入らないので攻撃のスイッチが入らず、前線と中盤が間延びして、そこで奪われ、プレスがかかる前にカウンターが発動してしまうという状況が生まれます。

そんなこんなで、39分にはゴール至近でファールしたところで遠藤に直接フリーキック叩き込まれて先制。

まぁこれは蹴った遠藤を褒めた方がよいかと思います。あの距離から壁の上を曲げて落とされたので、西川としてもノーチャンスでした。

更に続く43分にもカウンターから遠藤にこの日2点目を許して前半だけで2失点という散々な状態になりました。

後半は前線が機能した

ハーフタイムに李→興梠としてズラタンと興梠の縦関係にしますが、ズラタンを活かすなら、確実にこのやり方の方がマッチすると思います。

これはズラタンの特性が相手を背負ってボールを受けるより、前を向いて裏のスペースに仕掛けてもらう方が活きるからです。その点でボールを収める能力の高い興梠が縦関係でいてくれると、そことのコンビネーションで相手に脅威を与えることが出来るようになります。

また、興梠がしっかり前線でボールを収めてタメを作ってくれることで各ポジションとの距離感も適切に保たれるようになり、中盤でのプレスもハマるしサイドも高い位置を取れるようになって攻撃が活性化しました。

また、前半は鹿島のトップがサイドに流れつつ受けようとするロングボールにウチの遠藤が引っ張り出される形でラインコントロール不全に陥ったり中央での守備陣形を崩されるシーンが目立ちましたが、64分に菊池→関根、さらに駒井→長澤として長澤をボランチに入れ、ウガを1列上げ、阿部ちゃんを最終ラインサイドに落として遠藤が中央のポジションからつり出されないようにする対策を取ったのはなかなか秀逸な交代策だったかと思います。

結果として守備は安定し、関根が入ったことでサイドからの攻撃も一気にパワーアップ。74分には興梠がPKゲット、そのわずか1分後の75分には武藤がズラタンのヘディングシュートのこぼれ球を押し込んで追加点とし、一気に試合を振り出しに戻してくれました。

で、まぁ流れ的には浦和にきてたんですけどね、最後に遠藤がつまらない凡ミスして試合をぶっ壊してくれましたが、ここについては個人攻撃しても仕方ないですしもう何も言う気がしないです。シーズン始まったらああいうミスはやめてねくらいでしょうか。苦笑

ということで今シーズン最初のタイトル奪取のチャンスは、またも鹿島に持って行かれてのスタートとなりましたが、重要なのは次に控えるACLグループステージの初戦(アウェー)とJリーグ開幕戦。そこに向けてこの試合で出た課題がプラスに活かせればよいと思います。

柏木は怪我だったのか・・・

ところで、てっきりACLへ向けての準備でベンチ外だと思っていた柏木は前日練習で怪我をしたとのこと。。。

オーストラリアには行かないんだろうな。開幕戦には間に合って欲しいが。無理もしてほしくはない。

今日観て感じたのは、柏木がいないと攻撃が活性化しないということ。でも長澤と矢島がその変わりを出来ると信じている。ってか、やってもらわないと困る。

>>欠場した柏木の状態は? ペトロヴィッチ監督は「診断はまだ」

ユニフォームは目立ってよかったかな

0218_2

賛否両論あるかもしれませんが、今回の2ndユニの蛍光黄色。僕個人的には良かったと思います。ユニフォームは派手で目立つくらいでちょうど良いです。


「ゲームを壊したのは自分」浦和DF遠藤、判断ミスからの決勝点献上を反省
ペトロヴィッチ監督「あのような失点があってはならない」
武藤雄樹、同点弾に「ラッキー」としつつ「ホッとした部分もある」
ペトロヴィッチ監督「逆転してもおかしくない内容だった」
3失点もビッグセーブ連発。浦和GK西川、今季初のフル出場に「スイッチが入った」