日常・時事・小ネタ

【口コミ】LINE MUSICの良い所、悪い所。他社との比較検討してみます [PR]

昨今、サブスクリプション型の音楽配信アプリが流行っています。ネットさえつながれば、月額一定料金でいろいろなジャンルの沢山の曲が聞けて非常に便利ですし、今まで聴いててこなかったような新しい曲が聴けたりして、非常に楽しいツールです。

しかし提供しているアプリが沢山ありすぎて、どれがいいのか最初は全く分かりませんでした。

そこで今回は僕がオススメする、音楽配信アプリの有力候補の一つである「LINE MUSIC」についてレビューしていきます。

0303_1

LINE MUSICとは

「LINE MUSIC」とはサブスクリプション型の音楽配信アプリで、メッセージアプリとして、知らない人はいないであろうLINEが展開する系列アプリです。配信が開始されたのは2015年6月11日からで、比較的最近です。



サブスクリプション型とは

サブスクリプション(subscription)とは、英語で「購読」という意味で、この「LINE MUSIC」の場合は「月額費用を支払うことで、提供されているコンテンツを自由に視聴できるようになる」という意味合いを持っています。

音楽を視聴する媒体は、昔はカセットから始まり、CD→レンタル・MD→ダウンロード→サブスクリプション、というように時代に応じて次々と変化してきました。

そして「LINE MUSIC」は、昨今のサブスクリプション型の音楽配信における有力なサービスの1つとなっています。

またこれらのサービスは、ダウンロード販売とは異なり、インターネットを通じて逐一音声データを取得するため、「音楽ストリーミングサービス」とも呼ばれています。

もっとも通信量を削減するために、端末にデータを保存しておいて、オフラインで視聴する機能もあり、そちらの方がよく利用されているかもしれません。

競合は?!

日本で音楽ストリーミングサービスが展開され始めたのは、2015年頃からです。その当時から展開されているサービスとしては、以下のような物があります。

アプリ名
企業
LINE MUSIC
LINE
AWA
avex・cyberagent
Amazon Prime Music
Amazon
Google Play Music
Google
Apple Misic
Apple

他にも多々ありますが、日本で今普及しているのは、上記5つのアプリサービスだと思っています。



比較

サービス
LINE
MUSIC
AWA
Prime
Music
Google Play
Music
Apple
Misic
曲数
1800万以上
3000万以上
100万
4000万以上
3000万以上
月額料金
¥960
(学割)¥600
¥960
¥325
¥980
¥980

値段だけを観ると、年間3900円の「Amazon Prime Music」が一番安く感じますが、曲数を見ると圧倒的に少ないです。またAmazonは、ソニー・ビクター・エイベックスなどメジャーどころアーティスト曲がありません。Amazon PimeをメインでMusicはおまけと感じている人にはオススメできますが、音楽を聴くことをメインに考えている人は、他のサービスをオススメします。

LINE MUSICの長所

学割適用

そもそも「LINE」自体が学生に強く支持されているアプリということもあって、「LINE MUSIC」は主要サービスの中で唯一学割が効くサービスとなっています。通常料金は30日間960円だが、学生の場合は600円で利用できます。

また「LINE STORE」経由だと、30日で20時間まで利用できるベーシックプランもあります。こちらは通常料金500円、学生の場合は300円となっています。

「Amazon Prime Music」以外で、「Apple Music」や「Google Play Music」は家族で使える「ファミリープラン」があるので、一概に「LINE MUSIC」が一番安いわけではありませんが、個人で使う場合は学割の「LINE MUSIC」が一番安くなっています。

LINEアカウントがそのまま使える

日本のスマホユーザーのほとんどはLINEアカウントを持っているはずなので、そのアカウントを外部連携としてLINE MUSICに利用できるのは、非常にお手軽です。複数端末を使ったり、機種変更をしたときもアカウントがあればデータを保持できるところも便利なところです。

LINEに埋め込んで、友達とシェアができる

他のアプリでも、TwitterやFacebook・LINEでシェアすることはできますが、あくまでリンクとしてシェアすることしかできません。しかし「LINE MUSIC」の場合は、LINEのメッセージとして、会員登録をしていなくても30秒間その場で聞ける、埋込み型のシェアをすることができます。



人気アーティストが多い

こちらの記事では邦楽の人気アーティスト50人の配信数が比較されています。自分が聞きたいアーティストの楽曲数が多いかをチェックすると良いかと思います。
概ね国内アプリである「LINE MUSIC」と「AWA」が邦楽に強いことがわかります。

LINE MUSICの短所

PC専用アプリがない

「Apple Music」はiTunesの一つの機能として使えます。またAWAは専用のPCアプリを提供しているのに対して、「LINE MUSIC」ではPC専用のアプリを提供していません。もっともスマホからしか、利用しない方は気にしなくても良い話ですが。

さいごに

まだまだ紹介しきれていない内容もあるかと思いますが、使いやすさ・曲数・値段の点から観れば「LINE MUSIC」はオススメです。

ただし、自分の気に入ったアーティストがないと話にならないと思います。他の媒体も含めて充分に吟味して選んで下さい。