野球・侍ジャパン

ボンズのイチローに対するコメント・行動に感動した

イチローが、日米通算でピート・ローズの記録を塗り替えた!

日米通算で、いろいろ話題を読んでますが、イチロー自身は特に気にしてないようです。笑

人間性的にも素晴らしいイチローですが、そんなイチローに対して本塁打通算762本の記録を持っているバリー・ボンズのコメント・行動が素晴らしすぎたので、紹介したいと思います。


3b9dfc97.png

>>【MLB】ボンズから偉業達成のイチローへ最高の賛辞「2度と現れないほどの逸材」

現在は、イチローの在籍するマーリンズで打撃コーチを務めている、バリー・ボンズ。
彼もいままでいろんな記録に挑戦してきました。
そんなボンズがイチローを賞賛しています。

――イチローはあなたの目にはどんな打者だと映っていますか? 

「グレイト。彼が素晴らしい打者であることは、誰も疑わないだろう。彼がどんなタイプのプレーヤーか、誰の目にも明らかだ。唯一残念なのは、彼がすべての安打をここMLBで記録できなかったこと、日米両国になったということだ。我々にとっては常にピート・ローズという存在がある。彼は全キャリアをメジャーでプレーしたからね。でも、同時に我々にとってイチローはローズに並ぶ存在だ。両国でプレーし、そのリスペクトを勝ち得た」

こんなコメントしているボンズが、イチローがヒットを打つごとにおこなっている行動が素晴らしすぎます。

――イチローが安打したボールを集めて、本人に渡しているそうだが。

「私たちは子供の頃から一生懸命に野球をプレー続けて、こういうチャンスを手に入れることができた。だからこそ、(記録達成の過程を)ちょっと楽しむことをしてもいいと思う。彼はこのチャンスを得るまで懸命にプレーし続けたんだから。だから、私が渡したボールを家に飾ってもいいし、国に寄付したり、ファンや友達にあげてもいい。

 そうできる権利はあると思うんだ。記録が近づくと、MLBが記念ボールの管理に関わってくるからね。だから、その前に渡せるだけのボールは渡すって言ったら、彼はとても喜んでいたよ。友達にあげれば喜んでくれるって。ちょっとした喜びを味わう権利はある。多分今まで15球くらい集めたかな。それをガラスケースに入れておけば、いつかこの日のことを思い出した時に、ボールを持っていたなって思い出せるし、自分の好きなように使える。彼はそれだけのことをしたんだ。彼以外誰もこの権利を得ることはできない」

こういうことを自然にやれるボンズは凄い。

過去にいろいろな記録をチャレンジしてきたボンズだからこそ、記録へ挑戦をしているイチローをリスペクトしてできる行動でもあり、思いやりでもあるのかなと思います。

確かに、3000本安打達成のボールはMLBに取られて博物館行きだろうし、その前後のボールをイチローのために集めてあげるなんて。。。これはイチローは凄い嬉しいと思う。

この記事を読んだら、なんか物凄く感動してしまいました。
人のために何かやってあげるという行動は、本当に素晴らしい!!

また別日にも違う記事が紹介されていたので紹介します。
>>【MLB】イチローの打撃や準備にボンズも驚愕 「目が釘付けになってしまう」

8日タイガース戦を終え、メジャー通算3000安打まで残り「14」。イチローの偉業達成に、打撃コーチとして立ち会うことになったボンズが、米メディアにその心境を聞かれ「この目で見られるなんて、こんなに素晴らしいことはない。信じられないよ。とにかく最高だ」と興奮気味に語ったそうだ。地元紙「マイアミ・ヘラルド」電子版が伝えている。

 試合であれ、練習であれ、イチローが打席に立つたびに「目が釘付けになってしまう」というボンズ。この日まで、今季打率は.340と高水準を保ち、42歳を迎えた今でも衰えぬ打撃を披露するイチローの姿に、「開いた口がふさがらないよ」とボンズらしい最上級の褒め言葉を使って驚嘆したという。

MLB歴代通算安打数ランキング

1 4256 1963-1986 (24) ピート・ローズ
2 4191 1905-1928 (24) タイ・カッブ
3 3771 1954-1976 (23) ハンク・アーロン
4 3630 1941-1963 (23) スタン・ミュージアル
5 3515 1907-1928 (22) トリス・スピーカー
6 3465 1995-2014 (20) デレク・ジーター
7 3430 1897-1917 (21) ホーナス・ワグナー
8 3419 1961-1983 (23) カール・ヤストレムスキー
9 3319 1978-1998 (21) ポール・モリター
10 3314 1906-1930 (25) エディ・コリンズ
11 3283 1951-1973 (23) ウィリー・メイズ
12 3255 1977-1997 (21) エディ・マレー
13 3252 1896-1916 (21) ナップ・ラジョイ
14 3184 1981-2001 (21) カル・リプケン
15 3154 1973-1993 (21) ジョージ・ブレット
16 3152 1926-1945 (20) ポール・ウェイナー
17 3142 1974-1993 (20) ロビン・ヨーント
18 3141 1982-2001 (20) トニー・グウィン
19 3110 1973-1995 (23) デーブ・ウィンフィールド
20 3098 1994-2016 (23) アレックス・ロドリゲス
21 3060 1988-2007 (20) クレイグ・ビジオ
22 3055 1979-2003 (25) リッキー・ヘンダーソン
23 3053 1967-1985 (19) ロッド・カルー
24 3023 1961-1979 (19) ルー・ブロック
25 3020 1986-2005 (20) ラファエル・パルメイロ
26 3011 1876-1897 (22) キャップ・アンソン
27 3010 1982-1999 (18) ウェイド・ボッグス
28 3007 1953-1974 (22) アル・ケーライン
29 3000 1955-1972 (18) ロベルト・クレメンテ
30 2987 1915-1934 (20) サム・ライス
31 2979 2001-2016 (16) イチロー

これをみると、今年の活躍次第ではあるが、歴代24位までいけそう。
イチローは、出来ると思う限り引退しなさそうだから、来年もやるとして3100本は打ってほしいな。

今年までは記録がかかってるというのもあり、商業目当てでマーリンズが契約していた面もあると思うが、今年の今の活躍を続けられたら、来年も契約してくれるチームはあるはず。

打って、走って、守れる42歳!!
最高です!!