テニス

【ATPランキング】ATPワールドツアーファイナルズのフォーマットとポイント計算

※2016/11/15 更新

いよいよ今年も、ATPワールドツアーファイナルズが始まります。今回はファイナルズについて、少しおさらいしたいと思います。

ogilog37_atp_final
       引用:http://www.barclaysatpworldtourfinals.com

大会概要

日程:2016年11月13日(日)~11月20日(日)
開催地:イギリス・ロンドン
会場:O2アリーナ
サーフェス: インドア/ハードコート
ドロー数:8(ラウンドロビン形式)

出場選手

出場選手は今年稼いだ総合ポイント数で決まります。

(1)ジョコビッチ
(2)マレー
(3)ワウリンカ
(4)ラオニッチ
(5)チリッチ
(6)錦織圭
(7)モンフィス
(8)ティエム

8選手の過去の成績

【錦織圭】
2014年:ベスト4
2015年:予選ラウンドロビン敗退

【アンディ・マレー】
2008・2010・2012年:ベスト4
2009・2011・2014・2015年:予選ラウンドロビン敗退

【ノヴァーク・ジョコビッチ】
2008・2012-2015年:優勝
2010年:ベスト4
2007・2009・2011年:予選ラウンドロビン敗退

【スタン・ワウリンカ】
2013-2015年:ベスト4

【ミロシュ・ラオニチ】
2014年:予選ラウンドロビン敗退

【ガエル・モンフィス】
初出場

【マリン・チリッチ】
2014年:予選ラウンドロビン敗退

【ドミニク・ティエム】
初出場

ドロー

ラウンドロビンRR

グループはA(4選手)とB(4選手)の二つに分かれます。シード1のジョコビッチはグループA 、シード2のマレーがグループBとなり、その他の6選手についてはドローでグループが決まります。

ラウンドロビンは総当たりのリーグ戦になります。同じグループの4選手はすべての選手と3試合を行います。

昨年(2015)の例をとって説明しますと:
ジョコビッチがランキング1位でしたのでグループA、マレーが2位でグループBでした。
グループAはフェデラーが3勝。ジョコヴィッチが2勝1敗。錦織が1勝2敗、ベルティヒが0勝3敗でしたので、準決勝にフェデラーとジョコビッチが進出しました。
グループBはナダルが3勝。ワウリンカが2勝1敗。マレーが1勝2敗。フェレールが0勝3敗でしたので、準決勝にナダルとワウリンカが進出しました。

(追記)
予選グループの振り分けが決まりました。
[グループ・ジョン マッケンロー]
✔ 錦織圭(日本)
✔ A・マレー(英国)
✔ S・ワウリンカ(スイス)
✔ M・チリッチ(クロアチア)

[グループ・ イバン レンドル]
✔ N・ジョコビッチ(セルビア)
✔ M・ラオニチ(カナダ)
✔ G・モンフィス(フランス)
✔ D・ティエム(オーストリア)
が、入りました。若干偏りがあるように感じるのは僕だけでしょうか・・・苦笑。

mens
 引用:tennis365.net

準決勝

ここからはラウンドロビンではなく、ノックアウトトーナメントとなります。グループからそれぞれベスト2選手が選出されます。組み合わせはグループAのトップ選手(昨年はフェデラー3勝)とグループBの2番目の選手(ワウリンカ2勝1敗)。そしてグループBのトップ(ナダル3勝)とグループAの2番目の選手(ジョコビッチ2勝1敗)が対戦。

昨年は、フェデラーがワウリンカを破り、ジョコビッチがナダルを破って決勝に進出しました。

決勝

グループのベスト選手同士の対決で、昨年はグループBのジョコビッチがグループAのフェデラーを破り優勝しました。

ポイント計算の仕方

ラウンドロビンで勝つと1試合ごとに200ポイント

負けると0です。フェデラーとナダルは3勝0敗ですので、この3試合で600ポイントを獲得。ジョコビッチとワウリンカは2勝1敗ですので、ラウンドロピンの段階で400ポイントを獲得。

準決勝で勝つと400ポイント

フェデラーとジョコビッチが準決勝で勝ちましたので、400プラスです。ワウリンカとナダルは準決勝で負けましたのでポイントは0で、ラウンドロビンで得たポイントのみとなります。

決勝で勝つと500ポイント

ジョコビッチはフェデラーに決勝で勝ちましたので更に500ポイントが加わります。負けると0ポイントですので、ナダルは準決勝とラウンドロビンで獲得したポイントのままとなります。

優勝すれば1500ポイントという誤解

ジョコビッチは優勝しましたが、ラウンドロビンで1敗しているので、ポイントは1300ポイントです。ラウンドロビンで2勝で400。準決勝に勝って400。決勝で勝って500ポイントとなり、計1300ポイントとなります。

賞金

このツアーファイナルは、まず出場するだけで賞金が約1400万円もらえます。そして1勝するごとに約1400万円もらえ、準優勝すると約4450万円。優勝すると、約9100万円もらえます(全勝優勝すると、約1億9000万円)。中々の賞金です。

VIP級の扱い

VIPホテル

✔ 滞在先のホテルは、ロンドンでも超高級5ツ星ホテルのスイートルームで一泊約80万円以上とも
✔ 食事も超豪華なメニューが食べ放題
✔ ホテルのアメニティグッズには、すべて出場選手のネーム入り
✔ ワインにも名前が入っている徹底ぶり

VIP移動

✔ ホテルから試合会場までの練習などの移動は、超高級車メルセデスベンツのSクラス
✔ 専属の運転手付きで乗り放題
✔ テムズ川の屋形船なども乗り放題

その他のVIP待遇

✔ 超高級ブランドのオーダーメードスーツ
✔ 試合会場でのローカールームも個室

以上のような、超VIP待遇で迎えてくれるのがATPワールドツアーファイナルズ。1度この待遇を味わってしまうと、毎年味わいたくなるでしょうね。きっと。錦織自身も、毎年このロンドンに戻ってくることは最大の目標だと言っています。

テレビ放送予定

ツアーファイナルのテレビ放送は、GAORAで生放送を予定しています。地上波での放送は、恐らくNHKのBS1、BS朝日が、放送してくれる可能性がありますが、まだ生放送かどうかの放送スケジュールは発表されていません。情報が入りましたら、追記します。

(追記)
NHKBS1で全試合生放送が決まりました!さすがNHK!

またGAORAは、スカパー契約すると観れます。錦織以外の試合も放送してくれます。ATPファイナルズを観たいなら契約した方がいいです。

さて今年の最大の関心は、ここにきて復調してきた錦織圭がどこまで活躍できるかですね〜。ドローが楽しみです。