1230_4

2018/4/6 更新

今の時代、突然会社を首になったり、会社が倒産してしまう、なんてのはザラです。終身雇用があたりまえでない社会に変化してます。

しかし、ほとんどのサラリーマンは、現在、属している会社に収入を頼ってます。もし、何らかの不祥事で会社が、明日潰れたなら・・・

あなたは生きていけますか??

そんな時代だからこそ、「セブンポケット」という考え方が生きてきます!

1つ1つが少額でも良いので、複数(7つ)の収入をとって、現在の収入を増やすとともに、1つのところからしか、収入を得ていない現実から、リスクを回避しましょう。

ちなみに、最近では副業ではなく、複業とも言ったりします。


副業(複業)の1つに、ブログがおすすめ

サラリーマンの仕事が忙しくて、副業なんか・・・という人には、ブログをおすすめします。

このブログでも度々取り上げていますが、会社の給与を増やすのって、なかなか至難の技です。

日本経済団体連合会が行った調査によると、調査企業の平均ベースアップ昇給額は6,001円でした。1年間仕事を頑張っても6,000円しか月給は上がらないんです。

と考えると、会社の給料を増やすよりも別の収入源を考えた方がよっぽどお金を稼げる訳です。


ブログがサラリーマンの副業(複業)に向いている理由

セブンポケットの話でもしたように、副業にも様々な種類がありますが。。。

なぜブログをお勧めするのか?!そのメリットを紹介します。


メリット1 初期費用が格別に安い!お金を損するリスクが極めて少ない!

サラリーマンの副業ですぐに思いつくのが、株やFX、不動産投資や投資信託などのある程度資本金を必要とするハイリスクハイリターンのものです。

扱う金額が大きいので、きちんと勉強し上手くできれば、かなりの金額を短時間で稼ぐことができます。

ただそのリスクも大きいので、大金を一瞬にして失うこともあり得ます。やっと貯めた貯金が1日で無くなったなんてこともある訳です。


ブログにかかる支出

その点ブログの出費は、年間で数千円から2万円以内くらいで済みます。年間でこれくらいの金額なら自分への投資と思えば安いもんです。

しかも、このぐらいの金額ならすぐに回収できるので、ほとんど金額的なリスクはないと言って良いです。。

ブログ運営に必要なものと金額は、
・ドメイン代:数百円から2千円くらい/年
・レンタルサーバー代:数千円から1万5千円くらい/年

あとは、必須ではありませんが、勉強する為の参考書などがあります。
こちらは記事の後半で。


メリット2 会社にバレにくい

最近では副業OKの会社も出てきましたが、まだまだ禁止の会社が多い日本。

例えば居酒屋や深夜のコンビニなどアルバイトを始めた場合、会社の取引先の人、職場の同僚や上司にばったり出くわしバレる可能性があります

でもブログであれば会社のパソコンやスマホで、ブログを書いている所を見られない限りバレることはありません。ただ、セキュティ対策を厳しくやっている会社は、PCのログを取っているので、会社のパソコンではやらないのが無難です。


アルバイトだと確定申告でバレる可能性がある

それともう1つ、アルバイトの場合は確定申告でバレる可能性があります。

給与所得者 (会社から給料をもらっている人) は、副業で稼いだ金額の合計額が年間20万円を超える場合、確定申告が必要になります。

20万円以下なら問題ありませんが。。。それ以上の場合、確定申告をすると増えた所得分の住民税が課税されます。

サラリーマンは毎月の給料から、住民税が天引きされています(特別徴収)が、副業で所得が増えると、その増えた分の住民税も一緒に上乗せされて給料から天引きされます。

この天引きされるケースは所得区分が給与所得となる場合です。コンビニなどのアルバイトの場合、支給されるバイト代は給与所得となります。

と言うことは、勘の良い経理なら住民税が増えていることを不審に思い、別に収入がある事に気が付くはずです

そして昨今、マイナンバー制度が始まりました。キャバクラやスナックで働いている女性が、会社に副業がバレると話題になりました。まさにそれなんです。

じゃあブログなら大丈夫なの?ってことになりますが。。。


ブログでの収入は雑所得になるので住民税は自分で払える

ブログでの収入区分は雑所得になります。給与所得と何が違うかというと、雑所得であれば確定申告時に住民税を自分で支払う(普通徴収)を選択することが出来ます。

つまり会社の給料から天引きされる(特別徴収)ことなく、副業分の住民税は自分で支払えるため、会社にバレることがないのです

普通徴収とは、自分で税金を支払うこと。
特別徴収とは、会社が代わりに支払うこと。

そもそも年間の収入が、20万円を越えなければ確定申告の必要はありません。そして、超えた場合は普通徴収を選択すれば大丈夫です。

この点がサラリーマンの副業にブログをお勧めする理由です!


メリット3 場所や時間に縛られないため、外出先だろうが在宅でも、どこでもできる

最後3つ目、ブログを副業にする大きなメリットは、時間と場所に縛られない事です。

アルバイトであればシフトによって時間も拘束されますし、そのバイト先に行かなければなりません。(自分の時間を売って、収入を得る労働収入)

でもブログだったら好きな時間に好きな場所で書くことができます。

インターネットにつながるパソコンやスマホさえあれば良いわけです。

移動時間や昼休みの隙間時間などを利用してもいいし、外出先であろうが自宅で在宅中だろうが好きな時に作業できます。

とにかく自由!!

以上が、私がサラリーマンの副業にブログをお勧めする理由です。


ブログって、実際どれくらい稼げるの?

おすすめなのは分かったけれども、実際どのくらい稼げるのか?そこが、あなたの一番気になるところだと思います。

アルバイトのように時給制じゃないので、時間×単価で計算できるものではありません。

ブログで扱う記事の内容(コンテンツ)や記事数などによっても変わってきますが、自分の努力とセンス次第で何十万円稼ぐことは可能です。

実際に、月数万円から月数十万円を副業で稼いでいる人はたくさんいます。僕も稼げています。

本業のサラリーマンの仕事をしながら、普通のアルバイトで月何十万も稼ぐのは無理ゲーです・・・

でもブログならそれが可能なんです。本業であるサラリーマンの給料より稼ぐようになって、会社辞めて起業した人も多くいます!

これはすごく夢があります!!

もう1度、お勧めする点をまとめると。
・金銭的なリスクが少ない
・会社にバレにくい
・時間や場所を選ばずできる
・月何十万円稼ぐ事も可能

これが、サラリーマンの副業にブログをおすすめする理由です!!


サラリーマンが、ブログで稼ぐための方法

では、何をやったらブログで収入を得られるようになるか?進めて方の流れを書いて行きます。この流れでやっていけば稼げるようになっていきます。


ドメイン取得とサーバーをレンタルする

ブログには様々なサービスがありますが、僕のおすすめは、"独自ドメイン" のブログです。

無料ブログサービスでもWordPressでも、やるなら最初から自分でドメインをとって、始めた方が様々なリスク軽減にもなりますし、後々優位になります。

ドメインはお名前.comで取得できます。

またWordPress利用時のレンタルサーバーは、サポートと安定性の高いエックスサーバーロリポップ!がおすすめです。マニュアルやサポートが充実しているので初心者でも問題なく設定、運用できます。

関連記事:【口コミ】レンタルサーバーを比較 〜おすすめのサービスはどれ?!〜


まずは記事(コンテンツ)を増やしていく

まずは、記事(コンテンツ作成)を書くことに注力を注ぎます。

ブログのアクセスアップにはSNSの活用や、収益化で言えば記事を有料で販売できるnoteなどもありますが、あれこれやるよりもまずはブログ一本に集中すべきです!

サラリーマンは本業の合間の時間で作業をします。よって、その限られた時間をどこに使うかがとても重要なんです。

使える時間が100あったら、
・記事作成:80
・デザイン等のカスタマイズ:10
・SNS:10
・アクセス解析:0
・noteなど別のサービス:0

このようにブログ記事の作成をメインに注力して他の作業は減らす。もしくは全くやらない方が早く稼げる可能性は高いです。

とにかく、1にも2にも生産的な時間に力を入れていきましょう。

中途半端にあれこれやるよりも、何が大切か見極めてそれにリソースを割く方がよっぽど効果的です。

ブログの収益化には様々なテクニックや工夫がありますが、まずはコンテンツに力を入れてある程度、アクセスや収益が見込めてきたら次の段階に移りましょう。

記事(コンテンツ)の書き方やタイトルの付け方など、重要なことはこちらのブログ関連のカテゴリーで、いくつか紹介してますので参考にして下さい。

まずはここまでやってみましょう。

金銭的な悩みを解消する、収入源を増やす方法として副業(複業)にブログをやってみる価値は十分ありますし、おすすめします。



 ▼ 人気記事 ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史