Jリーグ

【Jリーグデータ】年間複数得点者が3人以上いたチーム

2016年の浦和レッズは、初めて年間10点以上の選手を同時に3人(興梠・武藤・李)だしました。

そして2017年はそこにラファエル・シルバが加わって、なんか4人取りそうな勢いをシーズン序盤から感じるので、過去に同シーズンで4人以上出したクラブがあるのか、気になってしまったので、調べてみました。

それではどうぞ〜!

0311_6

データは現行の18チームによるホーム&アウエーの年間34試合以下の1996年以降を対象にします。(年間52試合あった1995年とかはゴロゴロいるので。苦笑)

また2003年以前は延長があったので、ちょっと違うかもしれませんが。。。そこはあくまでデータということで。

J1リーグ年間2桁3人以上排出したクラブ

1997年

鹿島アントラーズ

22点 マジーニョ
11点 ビスマルク
10点 黒崎比差支

1998年

横浜フリューゲルス

15 レディアコフ
12 永井秀樹
10 三浦淳宏

横浜マリノス

25 城彰二
13 サリナス
10 バルディビエソ

清水エスパルス

21 オリバ
10 澤登正朗
10 三都主

ジュビロ磐田

36中山雅史
17藤田俊哉
12奥大介

1999年

セレッソ大阪

24 黄善洪
12 森島寛晃
10 西澤明訓

名古屋グランパス

13 呂比須ワグナー
11 ストイコビッチ
10 福田健二

2002年

ジュビロ磐田

26 高原直泰
16 中山雅史
10 藤田俊哉

2004年

横浜マリノス

12 安貞桓
10 坂田大輔
10 奥大介

2005年

ガンバ大阪

33 アラウージョ
16 大黒将志
10 遠藤保仁

鹿島アントラーズ

15 アレックス
11 小笠原満男
10 野沢拓也

2006年

川崎フロンターレ

20 ジュニーニョ
18 我那覇和樹
13 谷口博之
10 中村憲剛

2007年

横浜マリノス

14 大島秀夫
11 山瀬功治
10 坂田大輔

2008年

川崎フロンターレ

14 鄭大世
12 ジュニーニョ
10 谷口博之

2009年

ガンバ大阪

13 ジュニオール
11 レアンドロン
10 遠藤保仁
10 チョ・ジェジン

2011年

柏レイソル

15 レアンドロ
13 田中順也
11 ワグネル

2016年

浦和レッズ

14 興梠慎三
12 武藤雄樹
10 李忠成

ヴィッセル神戸

19 レアンドロ
12 渡邉千真
11 ペドロジュニオール

4人のチームあった

こうやって調べてみると、去年の3人も以前はボコスカ毎年のように出ていたのですが、久々だったようです。

そして、4人はいないかと思ったら、2006年の川崎フロンターレと2009年のガンバ大阪が達成していました。

どちらも攻撃が魅力のチーム。凄いです。

さいごに

2017年の浦和レッズもこれを達成できるチーム戦術、選手が揃っていると思います。是非やって欲しい。キーマンは柏木・関根・駒井といったところでしょうか?!

データは、僕個人がネットで調べた結果なので、もし間違っていたらごめんなさい。

関連記事:浦和レッズが直近5年間の積み上げた勝点は321。