ACL

【2024-25 ACL】大会方式一新 | ヨーロッパ同様の3階層へ

ACLは、2023-24シーズンから秋春制に移行していますが、更に2024-25シーズンから大会方式を一新することを発表しました。

その大会方式は、欧州サッカー連盟(UEFA)の

✔ チャンピオンズリーグ(CL)
✔ ヨーロッパリーグ(EL)
✔ ヨーロッパカンファレンスリーグ(ECL)

を模したかのような3つの階層に分かれるというものです。トップカテゴリーの大会に出場するのは、東地区と西地区のそれぞれ12チームずつです。

また、2023-24大会から外国人枠は5人+1人のアジア枠に拡大されますが、2024-25大会からは外国人枠が完全撤廃になります。

新ACL大会方式

トップカテゴリー

・東地区と西地区のそれぞれ12チーム
・12チーム内で異なる8チームとホームで4試合、アウェーで4試合
・上位8チームがラウンド16に進出
・ラウンド16は、H&A形式でベスト8を決定
・準々決勝、準決勝、決勝は集中開催のノックアウト形式の3連戦

第2カテゴリー

・東地区と西地区のそれぞれ16チーム
・4チームx8のH&A形式のリーグ戦
・上位2チームがラウンド16に進出
・16強から準決勝までは、H&A形式のトーナメント
・決勝は一発勝負

第3カテゴリー

・東地区と西地区のそれぞれ10チーム
・4チームx5のグループリーグ。各組ごとに集中開催で1試合づつの対戦。
・上位8クラブが勝ち抜け
・準々決勝と準決勝Hは、H&A形式
・決勝は一発勝負

各国の出場チーム数

現在、各大会に各国からどのくらいのクラブが参加するかは発表されていない。

新型コロナウイルスの影響で、どの国もここ3年間ほどがイレギュラーな状況であることを鑑みて、過去8年間の成績をベースにポイント化されていくと言われています。

分かり次第、更新していきたいと思います。

日本チームの出場割当は?

Jリーグは、2023-24シーズンのACLに3チームが本戦から、1チームがプレーオフから出場することになっています。

第2カテゴリー以下の大会が、ヨーロッパのELのように、Jリーグで4位や5位になったクラブが出場するようなものになるのかも含め、今後大きな影響を与えそうです。

こちらも分かり次第、更新していきたいと思います。