今では誰もが知るAmazonは「Fire TV」や「Fire TV Stick」・「Amazonプライム」を使って、テレビ分野へとその手を伸ばしてきました。

そして今度はAmazonが、テレビ自体を発売するようです。

0603_2


Amazon Fire TV Edition

アメリカAmazonは「Fire TV」と同様のソフトウェアを搭載した4Kテレビ「Amazon Fire TV Edition」を発表しました。

サイズは43インチ、50インチ、55インチ、65インチの4種類。

「Fire TV」と同様にAmazon VideoやNetflix、YouTubeなどのコンテンツが楽しめ、かつ地上波放送にも対応します。

最大の特徴は、操作の多くをAmazonの人工知能型音声アシスタント「Alexa(アレクサ)」で行えることです。チャンネル変更はもちろん、スポーツの得点を読み上げたり、アプリを起動したり、リビングルームのライトを暗くしたりと、その用途は多岐にわたります。

どんなことができるのかは、以下のムービーを見れば一発で分かります。

価格は43インチ版が450ドル、65インチ版が900ドル。解像度は全モデルで4K。発売されるアメリカでは、既に予約受付が開始され、6月14日にも出荷されるようです。

関連記事:Amazonプライム会員の特典メリット14個 全まとめ - プライムビデオ・Prime Musicなど
関連記事:DAZN・スポナビ・VODをTVで観るのに必要な「Fire TV Stick」と「Amazon Fire TV」を比較してみた



 ▼ 人気記事 ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史