大学生まで真剣にスポーツに打ち込み、そこで一区切りとして就職する人がいる一方で、五輪出場の夢を追いかけ社会人でも競技を続け、夢を達成する人、道半ばでスパッと未練を断ち切って転職する人など、体育会系の方々はいろいろなパターンがあると思います。

生きていくためには、お金が必要で、何もしないでお金が入ってくるなんて虫のいい話はありません。競技支援を受けられなくなったら自分で稼ぐしかありません。

そんな稼ぐ手段を探すために、今回は体育会系の方々に特化した就職・転職サイトを紹介します。

0312_1


体育会系は人気

体育会系の人は意外かもしれませんが、新卒市場・転職市場どちらでも大変人気です。

体育会系を積極的に採用したいと考える企業はたくさんあり、そのニーズに合わせて、体育会系転職サイトの「スポナビキャリア 」や、王道の「リクナビNEXT」、体育会系新卒サポートサイト「アスリート就職ナビ 」には連日多くの企業が求職者の応募を行っていると聞きます。

ではなぜ、体育会系は転職市場や就職市場で人気なのでしょうか?!

その理由は、主に以下の4点があげられます。

基本的に負けず嫌いでハングリー精神がある

体育会系の学生は、常に試合や大会を通して様々な事で勝負を行っています。他の一般学生よりもハングリー精神が、確実に秀でてます。

またこのような姿勢は仕事を行う上では、とても大切な事で、体育会系は目標達成のために、人一倍努力を行っている点が大きく評価されます。

指導力やリーダーシップに長けている

体育会系の学生の限らず、社会人になって数年後、後輩や部下を持った時に、リーダーシップを持つ事はどの社会人にも求められます。それが体育会系出身だと秀でていたりします。

競技を行う上で、先輩から指導されたり、または後輩を指導した経験がある体育会系の学生は、自然とリーダーシップをとることができ、社会人になってからもこれらの能力が高い評価を受けます。

コミュニケーション能力に優れている

体育会系の学生は、常日頃から年上の先輩や、同期、後輩、コーチなどとの触れ合う機会が多く、コミュニケーション能力に長けています。仕事を行う上で、上司や年上の先輩とのコミュニケーションは、めちゃくちゃ重要なので、その点からも会社から高い評価を受けます。

体育会系は人脈が豊富

体育会系関係者は、特に営業職などでの人気が高く、一般の転職希望者よりも転職が決まりやすい傾向にあります。体育会系が人気の理由の1つに人脈が挙げられます。体育会系には大手企業で働いている人材が多く、体育会系の出身者を営業に連れて行けば、先輩や後輩が取引先で勤めていると言うことは多々あります。


しかし、体育会系の就活は失敗しやすい

常に会社側からは、高い評価を受け、コミニケーション能力に長けている体育会系ですが。就職活動に失敗する学生や、転職活動に失敗する体育会系出身者が多数います。どのような学生が就職活動に失敗してしまうのでしょうか?!

勉強や研究

まず部活動に力をいれている体育会系は、どうしても勉強や研究が疎かになってしまいます。就職活動では多くの企業が就職試験を行います。代表的な就職試験だとSPIなどがあげられます。

就職活動ではSPIなどの基礎学力系の試験を行うのはもちろん、大学で行った研究・ゼミ活動の報告を行わなければいけません。大学生時代には部活動と並行して勉強をしっかり行っていたかも評価対象になるので、勉強の点もしっかりとアピールできるようにしないといけません。

体育会系のナビサイトを利用していない

体育会系のナビサイトは、主に体育会系出身のの学生専門のエージェントが、就活生のサポートを行ってくれます。また特化サイトならではの、今までの先輩たちの就活データを多く保有しているので、就活サイトでしか得られない情報も多く取り扱っています。

また最近では、既存の「アスリート就職ナビ 」以外にも、新卒版マイナビエージェントのマイナビ新卒紹介などのエージェント付きの新卒就職サービスでも、体育会系学生を積極的に採用したい企業が応募をおこなっています。


体育会系求人ナビサイトをおすすめする理由

就職活動を行う上で、有名なサイトと言えば定番の「リクナビ」や「マイナビ」などがあげられます。就活生がまず初めに行う就活作業として、これらのサイトの登録から始めるのが定番なのではないでしょうか?!

リクナビやマイナビは合同説明会などのイベントを多く開催しているので、利用をおすすめしたいナビサイトの一つではありますが、欠点もあります。

リクナビやマイナビは、一般学生から対象にしているので、非常に広く、そして求人数が非常に多く、体育会系の学生が自分にあった職場をリクナビ、マイナビで探そうとすると、あまりの情報量に多さに逆に迷ってしまうことが多々あります。

そんな時には体育会系専門の新卒ナビサイトの利用をおすすめします。


体育会系特化サービスサイト

ここまで長々と書いてしまいましたが、体育会系に特化した就活サイトを紹介します。

サイト名
対象者
利用料
スポナビキャリア
体育会系の転職希望者
無料
アスリート就職ナビ
体育会系の新卒学生
無料


スポナビキャリア

0312_4

スポナビキャリア とは、株式会社スポーツフィールドが運営するサービスで、体育会系の転職活動をメインに取り扱う求人サービスです。

元々スポナビで新卒を扱っていましたが、最近では、体育会系人気にともなって新卒だけではなく20代、30代のアスリートや体育会系の既卒者、第二新卒、転職者に向けてスポナビキャリア を立ち上げ、新たな転職求人サービスをスタートさせました。

特徴としては、キャリアコンサルが応募者に変わってマンツーマンで書類作成、面接対策、内定後の年収交渉まで全て無料でサービスを受けることを可能にしたサービスとなっています。


体育会系は転職市場で人気

体育会系は転職市場で絶大な人気を誇ります。特にオリンピック前後やサッカー、陸上、ラグビーなどの世界大会前後は体育会系の転職成功率が上昇し、スポナビキャリア などの体育会系転職サイトの求人数も増加傾向という事が知られています。

スポーツ世界大会に合わせて転職活動を行うのは賢い選択かもしれません。特に日本の今後は、2020年に東京オリンピックがあります。そこへ向けて体育会系の転職成功率がUPする条件が多々揃っています。


スポナビキャリア 参加企業一覧

0312_6

スポナビキャリア は、一般的な求人はもちろん、プロ野球チームの総合職や、B.LEAGUEチームの営業職など体育会系ならではの求人案件も取り扱っています。



アスリート就職ナビ

0312_3

体育会系は転職市場だけではなく新卒市場でも人気です。このサイトは、日本初の体育大学生向け求人サイトです。

アスリート就職ナビ は「学業に部活に時間をやり繰りする体育会学生が、活躍できるフィールドに最短距離で到達できる就活方法を提供する」というコンセプトを持って、サービスが開始されました。


特別なサービス

アスリート就職ナビ は他のナビサイトにはない独自のサービスが幾つも存在します。

・体育会向けキャリア講座
 体育会は能力値もスケジュールも特殊なため、体育会専用のカリキュラムが必要になってきます。先輩たちの成功例のデータから抽出した傾向値から、作成した各種キャリア講座を無料で提供してくれます。体育会にしかできない就活方法も伝えてくれます。

・体育会トクベツ選考ルート
 特に体育会系の人々の活動を、理解し評価する賛同企業・団体から、体育会限定のセミナーや選考ルートが用意されていて、それを利用することが出来ます。その場でしか公開しない情報や、体育会のスケジュールを優先した選考など、キャリア選択の効率化に役立てることができます。

・属性別サポート
 大学、競技、リーグ、ポジション、役職。それぞれで環境やスケジュールは違います。各属性に精通した担当スタッフを配置し、必要な情報を必要なタイミングで提供してくれます。


アスリート就職ナビ 参加企業一覧

0312_2



さいごに

体育会系には体育会系のいいところがたくさんあります。就職・転職でちょっと壁に当たっている人は、まず登録してみて専門家に相談してみては、いかがでしょうか?!

きっと経験豊富な方々が、解決してくれるはずです。

スポナビキャリア公式サイト
アスリート就職ナビ公式サイト



  ▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼  ・【初心者向け】ビットコインとは?買い方は?オススメの取引所は?
 ・Zaifコイン積立とは?メリット・デメリット、社会人におすすめな理由を紹介!
 ・仮想通貨を始めたならBinanceに登録しよう。5つのメリットと登録方法を紹介!

  ▼ 人気記事 ▼    ・時代は大変化中!資産運用はロボアドバイザー!
 ・年金は将来確実になくなる。対策は今から行うべき!
 ・Hulu?FOD?Amazon?話題の動画配信サービスを比較してみたよ
 ・今の職場に疲れきったあなたにお勧めしたい、就職・転職サイト
 ・Amazonプライム会員の特典メリット14個 全まとめ





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史