2017/8/8 更新

仮想通貨という聞きなれないフレーズ。しかしその仮想通貨が今大ブレイクしだしています。

0520_17


ちょっと前は数万。今は・・・

2016年10月のビットコインの価格は6万円くらいでした。

でも今は。。。どんどん上がっています。

これからも上がり続けるかどうかは神のみぞ知るですが・・・

ビットコインは、するするっと20万円時代に突入するかもと言われてます。

(追記)
と言われていましたが、2017年5月あっという間に20万を突破して、もう30万が目の前です。

(追記)
と思ってましたが、2017年8月現在、40万に突入しそうな勢いです。


楽天でビットコイン決済導入

ところで、あなたは日本最大手の通販サイト「楽天」がビットコインを採用した事は知っていますか?

0505_7

0505_6

まずはアメリカでサービスを開始し、それからドイツ、オーストラリアへと展開していくとの事です。うまくいけば日本で導入される日も近いはずです。

となれば・・・40万円~60万円時代も結構早いと思われるかもしれません。

そしたら、もう「ビットコインって怪しくない?!」とか「ビットコインって危険!!」とか「ビットコインなんて使えないゴミと何が違うの?!」など、そういうことを言ってること自体が、恥ずかしくなってくる時代になります。


ビットコインで取引できるお店急増中

0505_4

0505_2

0505_3


ビックカメラ

ビックカメラもビットコイン導入 狙いは外国人客

 大手家電量販店のビックカメラで7日から、ビットコインでの支払いが可能になりました。ビットコインはインターネット上の取引所でお金と交換することで手に入る仮想通貨で、店舗や通販での買い物、また、海外への送金に利用することができます。国内で利用できる店舗は約4500カ所に上り、去年1年間で約5倍に急増しています。
 ビットコインが使えるのはビックカメラの有楽町店と新宿東口店で、1回の支払いで最大10万円まで可能で、現金と同様に10%のポイントが付きます。ビットコインは欧米や中国の利用者が多く、訪日外国人客を呼び込みたいという狙いがあります。日本では2014年に取引所のマウントゴックスが破綻する事件がありましたが、今月に施行された改正資金決済法で取引所は新たに登録が必要になるなど、安全面の整備が進んでいます。
引用:テレビ朝日系(ANN)

楽天の他にも、上記の記事にも書いてある通り、ビックカメラでもビットコイン決済が導入されました。これはビックカメラの利用客に外国人観光客が多いことを暗に示しています。

自国の通貨が使える人にとっては、決済が自国の通貨に限られていても問題ないわけですが、海外では、そうもいきません。

ビットコインが使えることによって、本来なら一度外貨に両替する必要があったその手間と手数料を省くことができます。

店舗でのビットコイン決済の導入は、とくに訪日外国人観光客にとって、決済の選択肢を増やす便利なものです。

現在、およそ9割は中国で、残り1割は欧米と日本で取引されているというビットコイン。

店舗にとっては、中国からの訪日客を中心にアピールし、売上増につなげる材料ともなり得るのです。

日本が「観光先進国」を目指すのにあたって、国内旅行者だけでなく訪日外国人観光客が、より快適に過ごせるよう環境を整えていく必要があります。

2020年には、東京オリンピックが開催されますが、政府は訪日外国人旅行者4000万人の実現を目標にしています。

この流れに乗り、ビットコインなど決済の多様化もますます進みそうです。


コンビニ

(追記)
とうとう、コンビニでも決済可能になるようです。

0711_5 引用:BitTimes

 ビットコイン取引所「 BITPoint JAPAN 」は、国内大手コンビニとビットコイン決済導入へ向け協議段階に入っていることを発表した。
「すでに大手コンビニと協議中で早くて年末、たぶん来年には内容を発表できる。」と来年には大手コンビニへのビットコイン決済が導入できる可能性を示唆した発言をしている。
引用:BitTimes


マルイ

0808_6

マルイでも実験的ですが、ビットコイン決済の導入がスタートしました。まだまだ序章のような気がします。


消費より投資

ここまでビットコインが "凄いぞ" という話をしましたが、ちょっと話を変えて。

あなたは稼いで得たお金をどのように使ってますか?!

現在の世の中、お金の使いみちは、基本的に2通りあると僕は思っています。

それは「消費」と「投資」です。

「消費」とは何も考えずに、ご飯を食べたり日用品を買ったりなどの、ただお金が減っていく行為のことをいいます。

それと反対なのが「投資」です。

「投資」とは、お金を使って利益を得る目的で、事業などに資金を出すことをいいます。

お金を得るために、お金に頑張ってもらうという感覚です。

これからの日本は、どんどん税金があがり、逆に年金の受給対象者が引き上げられ、なくなるとまで言われています。自分の将来は、恐らく国に保証されなくなってきます。自分自身の身は自分で守る必要が出てきています。

そのために、今から生活するだけの労働収入以外に、将来のための収入も得る必要があります。

関連記事:年金の貰える金額は確実に減っている。対策は今から行うべき!


ビットコインが投資対象になる

ここで話を戻しますが、ビットコインは「投資」の対象になり得る大きな可能性を秘めています。というか、既に「投資」対象になっています。

もしあなたが、投資する物を探しているのなら、ビットコインは選択肢の1つとして取り入れてもいいかもしれません。

先述したように、ビットコインは、今ではもう世界中に広まっています。しかし逆にまだ完全に知れ渡ってもいないのも事実です。

投資は先行者優位です。これだけ大きくなりうる可能性を秘めているなら、今からでも十二分に先行者投資としても、間に合うと思われます。

ただし1つだけ注意です。もしあなたがビットコインを投資対象とするなら、資産の全力投球はおすすめしません。僕は必ず「余剰資金」でやるべきだと思ってます。

なぜなら、ビットコインをはじめとする仮想通過の世界は、まだまだ相場が不安定です。最悪の場合はなくなるかもしれません。

「将来使うことになる可能性が高いお金」をビットコインなどの投資に回してしまうと、相場やら現在価値やらが気になって、仕事やプライベートに影響が出かねないです。ぼくらには、今を生きていく為の仕事があります。エネルギーはそちらに割きましょう。

まずは最悪の場合、なってしまってもいいくらいのお金で、始めるのをオススメします


投資の持論

投資の基本は「安い時に買い、高く売る」です。

しかし先ほども述べたように、もしかしたらなくなるかもしれないという、投資には常にリスクがつきものです。ほんの数年前に、誰もホリエモンこと堀江さんのライブドアがつぶれるなんて思ってもいませんでした。だから皆、株を買っていました。でも、実際はあっさりとつぶれてしまいました。そしてその時、持っていた株は紙切れとなりました。

それと同じで、投資はリスクを背負いますが、そのリスクで利を取に行きます。株にしろ為替にしろ、ビットコインにしろ、リスクを取れない人は投資できません。そもそも向いていないので、投資という行為自体をやめましょう。

以前は、ビットコインなんか使えないゴミだとまで言われてました。しかし、それは逆を言うと使えるようになってからでは遅いのです。その前に保有しとくと、大きな富が手に入ります(あくまで可能性ですが)。有名になって、高くなった株を買うのではなく、そうなる前の株を仕込んでおく。これが投資の基本です。

そう。この「通貨革命」に気づくか?気づかないか?です。

気づいた人は、どうしたら爆発的にビットコインなどの仮想通貨で利益を得るか?!

僕は常に勉強中です。そのために、リスクとって投資(資産を投げる)をしてます。

ビットコインはテレビコマーシャルも始まりました。これに、いち早く気付いた人が富を手にします。まだまだ元年です。始まったばかりです。


ビットコイン、ぐんぐん上昇中

仮想通貨ビットコインの価値が初めて金1オンスの価格を上回った。ビットコインは2日に1268ドル(約14万5000円)を付けた一方、金1トロイオンスの価格は1233ドルだった。
引用:ビットコイン、初めて金1オンスの価値を上回る

ほんと、現在知らぬ知らぬ間に、ビットコインの価値が上昇しています。投資するにしても、知らないとできません。知って初めて、それが投資対象になるか検討候補に入りますので、あなたもビットコインの価値だけでも知っておきましょう。


仮想通貨の購入

仮想通貨の購入は「bitFlyer」・「coincheck」がおすすめです。海外も含めると「取引所」は、まだまだ沢山ありますが、こちらは多様なコインをわかりやすいUIで購入できるので、初級者にはうってつけです。

先程も述べましたが、現在のビットコイン投資は、上昇トレンドとはいえ、結構ギャンブル要素が強いです。

「ハイリスク・ハイリターン」な賭けです。変動がそれだけ大きいです。あとこれだけ激しく動くと、毎日相場に振り回されて、非常に疲れます。そしてやるべき本業が疎かになります。それでは本末転倒です。

何度も言いますが、必ず余剰資金でやりましょう。

また投資ではなく、ビットコインなどの仮想通過世界を作りだしている、ブロックチェーンを知るために、ビットコインを買うというのもありだと思います。

ブロックチェーンについては、この本がとてもおすすめです。


積立投資という選択肢もある

仮想通貨は、長期的に見るとまだ値上がりしていくと思われます。ただ短期的にみると変動が激しくて精神を消耗します。

なので、ぼくがおすすめする投資方法の1つとして、長期投資前提の「積立投資」があります。積立投資は「Zaif」が対応しています

事前に金額を指定すると、毎日ビットコインを買い付けてくれます。

 Zaifコイン積立は、一定金額を買い続ける、「ドル・コスト平均法」による投資の一種です。
 相場が上がっても下がっても一定額で買付けを続ける方法ですので、価格が上がったときは高値掴みを避けて少ない量を買い、価格が下がったときは安く多くの量を買うことができる、という考え方となり、ローリスクではありますが、長期的・継続的に積み立て保有することによりしっかりと利益を確定するタイミングを待つことができるのが最大のメリットと言えるでしょう。
 ハイリスクハイリターンを目指すものではなく、長期投資でのリスク軽減と、安定した収益を目指すためのものですので、必ずしも万人におすすめするものではありません。
 しかしながら「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という方には特におすすめです。
引用:Zaif

積立投資は相場に縛られないので、忙しいサラリーマンにうってつけの方法だと思いますが、基本積立投資は20〜30年スパンで考える投資法です。しかしビットコインの20年後は・・・どうなっているか?! 正直わかりません。最悪存在自体がなくなっていることもありえます。こればかりは分かりません。

Zaif側の説明の通り「ビットコインや暗号通貨には将来性を感じるが、ハイリスクな投資・投機的な手法は避けたい」という前提のマニアックな投資術といえます。

現実的には2〜3年積み立てて、+10%〜+30%くらいの収益が出た時点で売却する感じでしょうか?!

長い目で見れば、まだまだ成長していくと思われるので、今のうちに毎月1万円くらい積み立てておくと、3〜4年後には増えてるんじゃないかな?!という期待のもとで、いくらかの積み立てをおすすめします。


ビットコインを円に変える方法の1つに、デビットカード

ビットコインは、VISAの付いたデビットカードを作る事ができます。

ショッピングは、VISAが付いているのでカードが使えるところであれば使用できます。また現金引出もセブンイレブンのATMで出来ます。

ぼくはまだ作ってないので、今後作ったら更新します。


さいごに

まだまだ勉強中のビットコイン。これからもわかったことがあれば、更新していきます。

関連記事:ビットコインとは?!買い方は?!



人気記事:年金は将来確実になくなる。対策は今から行うべき!
人気記事:Hulu?FOD?Amazon?話題の動画配信サービスを比較してみたよ
人気記事:今の職場に疲れきったあなたにお勧めしたい、就職・転職サイト
人気記事:Amazonプライム会員の特典メリット14個 全まとめ





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史