2017/9/20 更新

今回は日本も出場しているテニス男子国別対抗戦デビスカップについて紹介していきます。

IMG_4750


デビスカップとは?!

デビスカップ(Davis Cup)は、1900年から毎年行われている男子テニスの国別対抗戦のことです。略称はデ杯と言われています。。

第1回はアメリカとイギリスが対戦し、アメリカが初代チャンピオンに輝いています。現行の方式は1981年からはじまり16の上位国からなるワールドグループとその他の地域別グループに分けられ、デ杯の覇権が争われています。

また同等の女子テニス国別対抗戦は「フェドカップ」という別名称で行われています。


大会方式

各国代表4名が選出され、試合は3日間にわたって行われます。

各試合は5セットマッチで行い、1日目はシングルス2試合、2日目はダブルス、3日目はシングルス2試合を行い、先に3試合を取った国の勝利です。

開催国にサーフェスの決定権があり、開催国は過去に対戦がない場合は抽選、それ以外の場合は両国が交互に開催することになります。

出場国はカテゴリーごとに分かれています。最上位はワールドグループと呼ばれる16か国で、1回戦からトーナメントを方式で1年かけて優勝国を決めます。決勝は例年12月初頭です。

ワールドグループ1回戦で敗退した8カ国と、世界各地の「ゾーン」(欧州ゾーン、東洋ゾーンなど)の優勝国が、翌年のワールドグループ出場権をかけて「プレーオフ」を行います。

グレードは上から下記のようになっています。

レベル
グループ
1
ワールドグループ
16か国
2
グループⅠ
アメリカゾーン
6か国
グループⅠ
ヨーロッパ/アフリカゾーン
12か国
グループⅠ
アジア/オセアニアゾーン
6か国
3
グループⅡ
アメリカゾーン
8か国
グループⅡ
ヨーロッパ/アフリカゾーン
16か国
グループⅡ
アジア/オセアニアゾーン
8か国
4
グループⅢ
アメリカゾーン
9か国
グループⅢ
ヨーロッパ
16か国
グループⅢ
アフリカゾーン
16か国
グループⅢ
アジア/オセアニアゾーン
8か国
5
グループⅣ
アジア/オセアニアゾーン
9か国

ATPポイント

出場すると以下のようなポイントを獲得することができます。

0203_1        引用:wikipedia


デビスカップの国別ランキング

2016/12/28付けの発表で、日本は13位。前回から3ランク上昇しています。

上位20か国は
1. アルゼンチン
2. イギリス
3. クロアチア
4. フランス
5. スイス
6. チェコ
7. ベルギー
8. セルビア
9. オーストラリア
10. イタリア
11. アメリカ
12. カナダ
13. 日本
14. ドイツ
15. ロシア
16. カザフスタン
17. スペイン
18. スロバキア
19. インド
20. ウクライナ

最新のランキングはこちらから。


2017年デビスカップ

2017年ワールドグループ・スケジュール

✔ 1回戦 2/3~5
✔ 準々決勝 4/7~9
✔ 準決勝&プレーオフ 9/15~17
✔ 決勝 11/24~26


2017年ワールドグループ 1回戦結果

アルゼンチン[s] 2-3 イタリア
ドイツ 1-4 ベルギー[s]
オーストラリア 4-1 チェコ[s]
アメリカ 5-0 スイス[s]
日本 1-4 フランス[s]
カナダ 2-3 イギリス[s]
セルビア[s] 4-1 ロシア
クロアチア[s] 2-3 スペイン

*左が開催国、[s]はシード

(アルゼンチン対イタリア)前年度優勝国が2勝3敗で敗れる
(ドイツ対ベルギー)ズベレフ敗れ 独は初戦敗退
(カナダ対イギリス)主審にボール直撃でカナダ、デ杯失格
(オーストラリア対チェコ)初選出の22歳 デ杯勝利に貢献


1回戦は日本はホームでフランスと対戦するも敗戦。。。

昨年ウクライナを倒してワールドグループ残留を果たしたテニス日本代表チーム。2017年初戦の相手はフランスで、日本のホームで開催されることが決まりました。

しかし残念ながら、1勝4敗で敗退しプレーオフに回ることが確定しました。

>>日本は1回戦敗退。次は9月に残留をかけてプレーオフ。


2017年ワールドグループ 2回戦

イタリア 2-3 ベルギー[s]
オーストラリア 3-2 アメリカ
フランス[s] 4-1 イギリス[s]
セルビア[s] 4-1 スペイン


2017年ワールドグループ 準決勝

ベルギー[s] 3-2 オーストラリア
フランス[s] 3-1 セルビア[s]


2017年ワールドグループ 決勝

ベルギー[s] vs フランス[s]


2017年ワールドグループ プレーオフ

初戦敗退の8チームと地域グループ勝ち抜け8チームが9月15~17日にかけて実施。勝利国が翌年のワールドグループに昇格、または残留、敗戦国が地域グループ1に降格、または残留となります。

アルゼンチン 2-3 カザフスタン 会場:カザフスタン
クロアチア 4-1 コロンビア 会場:コロンビア
スイス 3-2 ベラルーシ 会場:スイス
チェコ 2-3 オランダ 会場:オランダ
ドイツ 3-2 ポルトガル 会場:ポルトガル
日本 3-1 ブラジル 会場:日本
ロシア 1-3 ハンガリー 会場:ハンガリー
カナダ 3-2 インド 会場:カナダ

日本はブラジルと日本で対戦。ブラジルは、グループ1部2回戦でエクアドルを5ー0で破って、プレーオフ進出を果たしています。

関連記事:【2017 デビスカップ】WG残留をかけて、プレーオフ結果速報。

(追記)
日本はブラジルを3-1で撃破し、3年連続WG残留です。是非来年はベスト8へ!

男子テニスの国別対抗戦 デビスカップ ワールドグループ入れ替え戦(プレーオフ)が15日から18日に各国で行われた。
日本、クロアチア、スイス、ドイツ、カナダがワールドグループ残留を決めた。
カザフスタン、オランダ、ハンガリーはワールドグループへ昇格。
昨年優勝のアルゼンチンは入れ替え戦でカザフスタンに敗れた。
引用:tennis365.net


デビスカップをテレビで観るならWOWOW

takalab_wowow_0115        引用:WOWOW

錦織がブレークする前から、グランドスラムやデビスカップを全部生中継しています。錦織の試合はもちろん、他の日本人プレーヤーや有力選手の試合も、もちろん生放送。そして解説はないがオンデマンドでも生中継。大概の注目試合は網羅しています。

他にも、日本で開催されるATP500の「楽天オープン」、また不定期でツアー大会も放送しています(2017年はブリスベン(ATP250)など中継)。

✔ グランドスラム全大会
✔ デビスカップ、楽天オープン、その他ATPツアーを不定期に放送
✔ オンデマンドでネット配信も一部対応
✔ BS放送
✔ 月額2484円(税込)

>>WOWOWの公式サイトはこちら。


(参考)マスターズ以下の大会も観るならスポナビライブ

takalab_sponavi_0115        引用:スポナビライブ

今ソフトバンクが非常に力を入れているのが「スポナビライブ」です。2016年から始まりましたが、今後こういう媒体が主流になっていくのだろうなと思います。

「スポナビライブ」はプロ野球10球団の試合中継、プレミアリーグ・リーガエスパニョーラの全試合中継、Bリーグなど、他競技も非常に充実しているので、スポーツ大好きで、いろいろな競技を観たい人には非常におすすめです。

個人的にJリーグが入ってないのが、非常に残念ですが、これからますます発展していくサービス媒体だと思います。

テニス関連は、現状グランドスラム・デビスカップを除けば、非常に満足出来る内容を揃えています。ツアーファイナルにマスターズの全大会、ATP500シリーズを13大会中12大会放送。

今まではマスターズ1000を観るのには、GAORAしか選択肢がなかったのですが。。。

明らかにスポナビライブが、GAORAを上回る放送内容となっただけでなく、更にグランドスラムも放送に組み込むなどして、WOWOWも食いそうな勢いとなっています。

また携帯が、ソフトバンクユーザーの人は月額980円と通常料金より安くなっています。これは非常に魅力です。ドコモ・auからの顧客を奪いたいのが見え見えですが、スポーツ好きな人には嬉しい条件です。

✔ ATP250シリーズ:15大会(全40大会中)
✔ ATP500シリーズ:12大会(全13大会中)
✔ ATP1000シリーズ(マスターズ):9大会(全9大会中)
✔ ツアーファイナル
✔ グランドスラム:全豪オープンのみ(全4大会中)
✔ オンデマンドでネット配信も一部対応
✔ ネット放送(ストリーミング配信)
✔ 月額1480円(ソフトバンクユーザーは月額980円)

30日間の無料体験のほか、ユーザー登録しなくてもスマホ・PCから無料中継の試合は視聴できるので、興味ある方はぜひ試しに観てみてください。

takalab_0116

>>スポナビの公式サイトはこちら。



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史