病気

【体験記】うつで苦しんだ僕が助けられた本

ぼくは、この本に助けられました。

sky_1

「死ぬくらいなら会社辞めれば」

Amazonの書評にある通りだとぼくは思いました。

仕事に追われるすべての人へ。
その仕事、自分の命より大切ですか?

●これ、まんま私のことだ。

●この漫画は命の恩人です。ありがとう。

●涙が自然と流れてきて止まりません。

と、Twitterで30万リツイート!
この漫画で助けられた人続出!

精神科医・作家の「ゆうきゆう」さんが監修したこの本。最初はよくわからず手に取り、暇だし、題名観たら、ぼくのこといってるのかなと軽い思いで読み始めました。

そしたら、書評の通り、まんまぼくのこと言ってました。そしてあ〜同じ人いるんだなと思い、凄く心が軽くなったことを今でも覚えてます。

別に会社って辞めていいんだと。そんなに今の仕事って大切?!と自分の中でいろいろと区切りを付けることができ、うつを脱出するきっかけになりました。

もし何かきっかけが欲しいひとは、騙されたと思って読んでみて下さい。

そうそう、もし会社辞めると決断した人は、必ずその前に、傷病手当金を貰っておきましょう。

「傷病手当金」を知らずに、そして貰わずにうつ病で退職してしまう人が非常に多いようです。こういうのがあるんだよと、勉強しておくことをおすすめします。

関連記事:傷病手当金とは?申請方法は?支給額と支給期間と押さえておきたいポイントも紹介