仕事・副業・複業

徐々に上がる電気料金。手取りはどんどん減らされる。逆に富裕層は。。。

5月にまた電気料金があがるみたいです。

ほんと、毎度毎度ちょこちょこと上げてきます。こうすることで、一気にあげるよりか、まぁ200円(1ヶ月)程度ならいいかという国民感情を逆なですることなく、徐々に徐々に手取りがむし取られてっています。

今回の値上げの理由は、再生可能エネルギーのコスト負担。しかし逆に、再生可能エネルギーに投資してるファンドや富裕層にはリターンが入るという。日本人の所得格差を更に広げる内容になっています。

0325_4

電気料金値上げ

 大手電力10社の5月の電気料金が、標準家庭で月150~210円程度の値上げとなる見通しであることが22日、分かった。再生可能エネルギーを普及させるために料金に上乗せする「賦課金」が、5月から増額されることが主因。火力発電の燃料となる原油や液化天然ガス(LNG)価格も上昇しており、消費者の負担が増しそうだ。

 5月の電気料金は10社がそろって値上げする。全社が料金を引き上げるのは4カ月連続。値上げ幅が最も大きいのは、石油火力発電の比率が高い沖縄電力で、210円程度高い7150円強となる見込み。東京電力も200円近く値上げし、6600円程度になるとみられる。

引用:時事通信

徐々に上がる電気料金・・・

電車賃も上がった。電気料金も上がる。ガス代も上がった。携帯代も上がり続けてる。税金も上がり続けてる。

ちょこちょこ取られてるからわからないけど、ぼくらの手取りはどれだけ減っていくんだろう?

と、ほんと考えると悲しくなるような現象が、ずーーと続いています。

そんな中、なるほどというツイートを発見しました。

低所得者は電気代を払うが、富裕層は投資のリターンを得る。

この方の指摘通りだなと、ふと思いました。

びっくりするくらいの、所得の逆再分配です。貧困層は電気代の値上げに喘ぎ、富裕層は新エネ投資からのリターンを得る、この変な仕組み。「ふるさと納税」も似たような構造ですし、日本の所得格差はまだまだ広がるような感じです。

ちなみに、再生可能エネルギー(新エネルギー)の投資は、ソーシャルレンディング大手の「クラウドバンク」で出来ます。

ハイリターンではなく、ローリスクローリターンの内容ですが、うまくいけば余裕で電気代の値上げくらいは回収できます。

もしお金を銀行に眠らせているくらいなら、ほぼ0金利な時代。元本割れの危険もあるにはありますが、ほぼないローリスクローリターンの投資に回した方が、懸命だと思います。

富裕層の方は、こうやって自分の資産を雪だるま式に増やしていっているのです。

お金にお金を増やしてもらうという考え方。不労取得。

関連記事:日本の今後の資産形成方法は?!
関連記事:サラリーマンでもできる「5つの副収入」