ふるさと納税

【ふるさと納税】南相馬に特化したサイトが登場。返礼品にドンペリが。。。

2017/4/22 更新

ここ2年ほどで一気に活気が湧いてきた「ふるさと納税」制度。

いろいろな対応サイトも出来てきて、ユーザーにとってはいいことづくしの制度。

そんな中、今回はちょっと攻めてると感じるサイトがあったので紹介します。

南相馬に特化した納税サイト「noma-style」

福島は南相馬に特化したふるさと納税サイト「noma-style」。ここの返礼品がとんでもない感じです。

ドンペリがしれっとあります。

0422_150422_170422_18
引用:noma-style

他にも、エルゴの抱っこひもだったり、プラスマイナスゼロの家電と、結構他サイトと一線を介しています。

ただし最近は、ふるさと納税の「返礼品競争」は加熱状態です。つい最近も、返礼品に対する要請が総務省から出てニュースになったばかりです。

同省は、これまで具体的な水準を示してこなかった「寄附額に対し返礼割合の高い返礼品」について、寄附額の3割以下に抑えるよう要請。また金銭類似性の高いもの(プリペイドカード、商品券、電子マネー・ポイント・マイル、通信料金等)や、資産性の高いもの(電気・電子機器、家具、貴金属、宝飾金、時計、カメラ、ゴルフ用品、楽器、自転車等)、価格が高額のものについても、換金の困難性や地域への経済効果等にかかわらず、送付しないよう求めている。
引用:ふるさと納税の返礼品、寄附の3割まで – 総務省が通知|マイナビニュース

こうみると、noma-styleの返礼品はどうかなのかなと思ったりもしますが。。。

ちなみにnoma-styleは、南相馬市のふるさと納税に特化したサイトです。

Q.noma-styleは南相馬市専用のふるさと納税サイトなの?

A.はい。南相馬市を応援するためのふるさと納税サイトとして運営しております。
 今後、他の震災被害地域などへ支援を展開していく可能性はありますが、現在のところ未定です。
引用:noma-style

ちょっとグレーかなという気もしますが、ふるさと納税の制度自体は、自治体と寄付して節税したい個人、両方から見ても、とてもいいものだと思います。特にこういった各地域のNPOが寄付を集める手段になるあたり。とてもいいことです。

今後の制度運用がどうなるかは注目ですが、個人として積極的に利用したい制度です。

関連記事:節税にはふるさと納税が有効。おすすめの納税先を検討します。