プログラミング

【無料あり】今から学んでも遅くない。30代からエンジニアになった僕がおすすめするプログラミングスクール3社。

『おすすめのプログラミングスクールを探している・知りたい方向けです。』

現在、就職・転職で人気なのがプログラマーです。なぜなら、フリーランス・ノマド・AI・仮想通貨と、世間はプログラミング関連の話題で盛り上がっているからです。

今プログラマーは人材不足で、欲しいという企業はわんさかあり、プログラミング技術の需要は高いです。

そんな世の中を反映してか、プログラミングスクールもたくさんあり、乱立している状態です。

「プログラミングスクール」で検索するとよくわかります。。。ぼくも最初検索したとき、「わぉ」と思ってしまいました。

そんな状況なので、今回は目的別に適した3校を紹介します。

プログラミングスクールで学ぶのをおすすめする理由

0314_work

僕は、プログラミングを大学で少しかじった程度で、あとは独学で始めましたが、慣れるまでは結構大変でした。

学習方法を聞ける人が周りにいないので、ググるしかなく、効率が悪くて時間がかかるし、自分ひとりで学習しているということもあってモチベーションの維持が難しいです。

あるあるなんですが「とりあえずいろんな教材に手を出してみる」⇒「どれも中途半端」⇒「何も身につかないけど疲れる」といった流れは容易に想像できます。

そこでスクールの登場です。プログラミングスクールだとお金はかかるものの、しっかりとカリキュラムが組まれているので、効率的に学習できるのが魅力的です。

もちろんスクールなので、サポートしてくれる講師がいます。わからないことがすぐ聞けるのもいいです。

プログラミングを挫折する大きな理由として「わからないことが解決できずにそのまま学習を辞めてしまう」ことが多いです。それを考えると、気軽に相談できる環境がいかに大事かがわかります。

プログラミングスクールに通うメリット・デメリット

プログラミングスクールに通うメリットは、大きく分けて3つあります。


プログラミングスクールのメリット


✔ しっかりとしたカリキュラムが組まれているので、効率的に学習ができる
✔ 講師がサポートしてくれるので、挫折する可能性が抑えられる
✔ スクールで作ったものは実際の就職・営業に使える

逆にデメリットとしては、


プログラミングスクールのデメリット


✔ お金がかかる
✔ 通学型は学校まで行かないと行けない。

まぁデメリットは、プログラミングを学びたいなら、許せる範囲内だとは思います。

あなたはどんな言語を学びたい??

0728_11

プログラミングと言っても、いろいろあり、世の中には100以上の言語があると言われています。しかし最初は、ホント一般的な言語を知れば、それだけで武器になります。

「あなたがプログラミングを学びたいと思った分野はなんですか??」

言語はやりたいことによって大まかに分類されています。あなたが学びたい分野の代表的な言語を最初に学ぶことをおすすめします。

✔ ホームページを作りたい → Web系の言語

✔ アプリを作りたい → アプリ系の言語

Web系の中でも「PHP?」「Ruby?」といった選択肢があります。同様にアプリ系でも「Swift?」「Unity?」といった選択肢があります。

この辺は好みになってくるのですが、無難な選択肢としては、

✔ Web系なら「PHP」

✔ アプリ系なら「Swift」

で、いいと思います。その理由は需要が高いからの一言です。

ただこのあたりは、あなたがこの後選んだプログラミングスクールのカリキュラムを見つつ検討すれば良いかなと思います。

おすすめするプログラミングスクール3社

「プログラミングスクールに通おうかな」と思っても、世の中にプログラミングスクールはたくさんあるので、選ぶのは大変です。

ただ正直に言うと、プログラミングスクールはプログラミングを始めるきっかけなので、どこを選んでもそこまで大差はないとぼくは思います。

実際、スクール選びにいくら悩んでも、身につくスキルに大きな差はありません。「オンラインで学習するか?」「スクールに通うか?」のざっくりした感じと、あとはあなたがHPなどを見て、気に入ったので大丈夫です。

今回はぼくが体験したものから、おすすめな3校を紹介します。

  ・TECH::CAMP
   学校で学ぶ。プログラミング教室でプログラミングを学びたい方向け
  ・TechAcademy
   自宅で学ぶ。オンライン完結でプログラミングを学びたい方向け。学べるコースが幅広い。
・CodeCamp
   自宅で学ぶ。オンライン完結でプログラミングを学びたい方向け。レッスンを絞っている。

おすすめは上記3つです。

その中でも「TECH::CAMP」と「TechAcademy」は、両校ともWeb系・アプリ系の両方が学べ、更におすすめです。

TECH::CAMP

0516_22

自宅だと集中できない、自宅だと学べないという方は多いと思います。そんな方にはTECH::CAMPをおすすめします。

近くに教室がないと通えませんが、行けばやるという方にはオススメです。

またTECH::CAMPは1コース申し込むと、もう1コースプレゼントしてくれます。これは非常に嬉しい。

TechAcademy

0516_23

地方在住だったり、自宅でも集中して勉強出来るという方は、オンライン型のTechAcademyをおすすめします。

そしてTechAcademyは、1週間の無料体験があります。無料体験カリキュラムを見る限りだと、Web系の基礎を学べそうです。無料なのでとりあえず試してみるのはありです。それからどうするか考えてみてはいかがかなと思います。

さいごに:プログラミングスクールは余裕で元が取れる

上記2校は、だいたい20~30万円くらいの費用がかかります。

しかし実際にスキルを身に着けてしまえば、余裕でかかった費用は回収できるはずです。

おおまかですが、企業からWeb制作を受注した場合、

✔ 大手企業が発注するWeb制作代金:300万円以上

✔ 中小企業が発注するWeb制作代金:30万円以上

✔ クラウドソーシングサイトのWeb制作代金:10万円程度

と、言われています。

どうですか??

プログラミングスクールにお金を払っても、すぐに回収できることが分かるかと思います。

そして、このくらいの報酬だと個人でもやっていけるように感じます。

是非、この機会に無料体験からでもはじめてみてはいかがでしょうか?!

本記事で紹介したプログラミングスクール

>>TECH::CAMP(テックキャンプ):転職キャッシュバックで実質0円制度あり

>>TechAcademy(テックアカデミー):1週間の無料体験あり

>>CodeCamp:現役エンジニアによるオンライン個別指導。無料体験レッスンあり。