浦和レッズ

【浦和レッズ試合観戦日記】2017ACL予選G3節 vs上海上港 @上海

現在、公式戦3連勝中、ACLのグループステージに関しては2連勝中と、いい勢いのままアウェーの地に乗り込んで行われたACLグループステージ第3節は、同グループで浦和と同じく2連勝中の上海上港。

上海上港といえば、今や広州恒大よりちょいと有名なチームです。なにせ前線には、フッキ・オスカル・エウケソンというブラジル代表トリオ、さらに中盤にはアフメドフ(ウズベキスタン代表)、脇を固める中国人選手も代表クラスを多くそろえ、とんでもない選手層で今シーズンを迎えています。さらに監督はビラス・ボアスって。ただ、恐れているようでは、アジアで頂点を取れないので、ビビっている場合ではありません。

0319_6
引用:スカパー!日テレG+

vs上海上港 スタメン

0319_2

スタメンは最終ラインに森脇、遠藤、槙野。ボランチは阿部ちゃん、青木コンビ。両翼が駒井、宇賀神。2シャドーに興梠、李。ズラタンのワントップ。GKは西川。サブとしては柏木が久しぶりにベンチ入り、更に新加入の田村が初めてベンチに入りました。

これもう今に始まったことではないのですが、ズラタンの1TOPは全く収まりません。何故1TOPでズラタンを使うのか分かりませんが(よほど練習ではいいのか?!)、彼は2TOPなどで裏へ抜け出す役割ならもっともっと活躍するとは思うのですが。。。

前半はやりたいこと何もできず

話を戻すと、ズラタンで収まらないので、結果として前線で溜が作れず、押し上げる時間が、ほとんど作れないので槙野、森脇を含めたサイドも高い位置を取れず、前後分断になって攻撃が停滞する結果になります。

今日の試合の場合、相手の前線に強烈なのがそろってるので、前線にターゲットマンとしてズラタンを置いといて、特に前半はリスクをあまりかけずにロングボール蹴ってもよいという入りだったと思いますが、これやっちゃうとズラタンに収まらないので一方的に押し込まれるし、中盤にスペースができることで選手の距離感も悪くなるし、プレスがハマらなくなったりで、かえってカウンターも喰らいやすくなってしまいました。そう前半は、ほぼうまくいっていきませんでした。

また、フッキが最初は右サイドながら、左サイドにポジションチェンジしてきたあたり、フィジカルに優れる槙野よりあえて森脇のサイドを狙ってきた可能性もあり、もしそうなら、よくスカウティングしてるなと思ったり。まぁ槙野でも彼を止めるのは相当大変だったとは思いますが。

さらに運が悪かったのが、立ち上がり早々の10分に、セットプレーからのクロスボールを阿部ちゃんがクリアしたボールが、相手選手の真正面に飛んだ結果、そのまま頭で合わせられて失点してしまったこと。不運と言えば不運な失点でしたが、クリアの仕方にも問題があったと言えばあったっというもったいない失点。

しかも前半の終盤については、徐々にリズムも作れてきて、このまま1点差のまま折り返しかなと思っていたところに、相手カウンターで前線に放り込まれたボールを、西川が飛び出して処理した際、中途半端につなごうとしたことで再度インターセプトされ、エウケソンに無人のゴールに流し込まれて追加点を献上。。。この失点は完全にミスからのものですし、不用意なプレーだったと言うしかありません。

後半早々に。。。

結局2点ビハインドで後半に折り返し。ハーフタイムに青木→柏木、ズラタン→ラファエル・シルバと2枚同時替え。

後半は上海上港がペースダウンしてくれたことや、浦和の選手も相手やピッチコンディションになれてきたこともあって、比較的普段通りのやり方ができていましたが、こういうこちらの「行けそう」って空気を粉砕してくれちゃうのがスーパーな外国人助っ人の一発だったりします。

52分、中盤でボールを受けたフッキが、浦和の選手3人をまさにフィジカルではじき飛ばしながらゴール前まで強引に突破すると、西川の股下を抜く技ありのシュートを流し込んで3失点目。これは、もう素直にすげぇなと思わさせるやられ方でした。

でもここから。

3失点してしまったことで、あと出来るのは少なくとも1点か2点は返して、アウェーゴールだけでも持ち帰るのと、得失点差を少しでも稼ぐくらいになってしまいましたが、65分に李→武藤として前線を活性化。

3点ビハインドになったことで上海上港の最終ラインが完全に受け身になり、前に出てこなくなったことで中盤にスペースが生まれだすと徐々にウチが押し込む形を作り、73分、サイド攻撃の流れからペナルティエリア内でラファエル・シルバが倒されてPKゲット。これを本人がしっかり決めてまずは1点。

さらに85分、クロスボールを一旦は相手GKに弾かれたものの、サイドでそれを拾った興梠がクロス。このルーズなボールをゴール前の混戦の中、遠藤が気合いで押し込んで1点差に。ちなみに遠藤はやっと移籍後初ゴールです。

その後も惜しいチャンスは作るものの決めきれず。結局1点差まで迫ったところでタイムアップ。2-3での敗戦となりました。

あの状況から1点差まで迫ったことは評価していいです。グループステージの順位的にも、まだ3位とは勝点3差の2位をキープしていますし、この敗戦自体は大きなダメージはないと割り切れます。次のグループステージは第4節、ホーム埼スタに上海上港を迎えての対戦になりますので、そこできっちり、やり返してやればよいということで、ひとまずは選手、現地行かれたサポの皆さんお疲れ様でした。

0319_5

↑の写真、すみませんツイッターのどこからか頂いたのですが、浦和のサポが1ヶ所に固まり、声を何倍にもしていました。ホントここにいつでも行けるように、はやくなりたいです。

さて、今週末にはアウェーでのリーグ戦、ガンバ大阪戦です。公式戦2連敗っていうのは印象悪いですし、選手にもプレッシャーかかる状況になってしまいますから、ここは気を取り直して週末のガンバ戦できっちり勝利できるよう、我々も声を出してサポートしていきましょう。