0108_4

2018/4/1 更新

2017年後半からテレビや新聞でもビットコインのニュースが増えてきました。

仮想通貨市場は2018年に入ってから急激に時価総額が高値を更新し続けており、国内の仮想通貨投資の人口も急激に増加してきています。

2018年は新たに仮想通貨に取り組む人が、まだまだ伸びそうな感じです。

そうなると、よく出てくる質問が

✔ 「仮想通貨を始めたいけど、ハイリスクな投資は避けたいな。。。」
✔ 「始めた途端、いきなり価格が暴落しそうで、興味はあるが怖くて手が出せない。」

などと、興味はあるけど実際に投資するのは、怖いなと思っている方がいます。

また、「手間をかけず、財形貯蓄や投資信託みたいに自動で積み立てしてくれる投資の方が良い。」と思っている方なども多くいます。

そんなあなたにおすすめの投資法が、「Zaif(ザイフ)」という取引所が扱っている、仮想通貨の「積立投資」です。

ハイリスクな投資を避け、毎月の積み立てを自動でやってくれるZaifコイン積立なら、あなたの悩みをきっと解決できます。


Zaifコイン積立は社会人におすすめの投資方法

ぼくもサラリーマンで、現在は日中仕事しながら仮想通貨の投資を行っています。

実際に仕事と並行して仮想通貨投資する場合、大切にすべき3つのポイントがあることを再認識しました。


✔ 1. 値動きに一喜一憂してはいけない
✔ 2. 必ず余剰資金で取り組む
✔ 3. 大して儲からないと思うこと

仮想通貨投資する上で、この3つは必ず頭に入れておいたほうがいいです。


1. 仮想通貨の値動きに一喜一憂してはいけない

仕事をしながら仮想通貨投資をする人は「値動きに一喜一憂しない」ことを絶対に心がけるべきです。

いちいち一喜一憂していると、通貨を保有しているときはついつい気になって相場をコインチェックでチェックしてしまいます。

株やFXをやったことがある方は直ぐに想定できるとおもいますが。

仮想通貨の値動きは激しく、1日で10%〜20%動くこともザラです。

上がっているときは良いのですが、持っている通貨が下落中のときは気が気でなりません。正直、気にしていると仕事に全く集中できなくなります。

社会人が投資する際は、「値動きに一喜一憂しない」ことを胸に刻みましょう。


2. 仮想通貨投資は必ず余剰資金で取り組む

投資は「必ず余剰資金」で行うべきです。

必要なお金や生活費を投資に回すと、あとで大変なことになる可能性がおおいにあります。

さらに、先ほどの「値動きに一喜一憂しない」どころか、相場がどうなっているかが頭から離れない状況になります。

社会人でサラリーマンという本業がある人は、まず本業を第一に考えましょう。そして最悪なくなってもいいお金=余ったお金で投資をしましょう。


3. 仮想通貨は大して儲からないと割り切る

仮想通貨は、Twitterやブログなどでバブリーな言葉がよく出てきます。

「○○○という通貨が100倍になった」、「億り人(億万長者)になった」

というような話は、最近よく聞きます。

実際のところ、2017年初頭くらいまでに仮想通貨へ投資していた人たちは、100倍、200倍になっている人がたくさんいます。

しかし、大きな儲けがある=大きな損失があるリスクがあることを忘れてはいけません。

今でこそ「仮想通貨は将来性がある」「値上がりする」ことが多くの人に知れわたり期待されていますが、仮に数年前に「ビットコインは100倍になる」と誰かに教わったとして、本当にビットコインに大金を投資できる人はどれだけいるでしょうか??

2倍、3倍というリターンは期待せず、「大して儲からない」と割り切って投資することが大切です。

銀行預金でスズメの涙くらいの利息をもらうよりも、仮想通貨で数%でも増えればいいやくらいの感覚で投資することをおすすめします。


積立投資とは、相場の動向を気にせず行う「ドル・コスト平均法」

0108_5        引用:Zaif

積立投資の投資法の代表的なのが「ドル・コスト平均法」です。

ドル・コスト平均法とは?!
 Zaifコイン積立は、「ドル・コスト平均法」といわれる投資法の一種になります。

 相場が上がっても下がっても一定額で買い付けを続け、価格が上がったときは少ない量を、価格が下がったときは安く多くの量を購入できる、という考え方で、ローリスクで長期的にしっかりと利益を得ていくことができるメリットがあります。
 ハイリスクハイリターンでなく、長期投資を安定して続けるための投資です。


ドル・コスト平均法は、先ほどの「資産運用する上で大切なポイント」のすべてをクリアすることができます。

毎月決まったタイミングで淡々と投資することで、「価格下落に狼狽」したり「価格上昇で判断を誤る」ことがなくなります。


Zaifコイン積立投資なら自動的に積立

仮想通貨取引所「Zaif(ザイフ)」なら、ドル・コスト平均法の積立投資を自動的にやってくれます。

 「ビットコインに興味はあるし、買ってみたいけど、取引所でのやりとりはめんどう、売買のタイミングもわからない」

 「暗号通貨に将来性を感じるので、金やプラチナのように積立したい」などの希望を叶えるのがZaifコイン積立です。

 Zaifコイン積立ではお客様の銀行口座から毎月固定額を自動引き落としさせて頂き、ご希望の金額を積み立てすることができます。

 毎月27日に引き落とさせて頂き、翌月10日~翌々月9日まで、1日毎にご指定の暗号通貨を買付け、積み立てを行っていきます。

 もちろん買付けは自動的に行われるため、買い付けのタイミングをはかったり取引所の注文を管理したりという手間はいっさいかかりません。

 引用:Zaif

✔ 1. 指定した額を毎月27日に自動引き落とし。
✔ 2. 翌月10日〜翌々月9日まで、1日ごとに仮想通貨を積み立て。
✔ 3. 買い付けは自動。わざわざタイミングを考えなくていい。
✔ 4. 一度設定すれば勝手に積み立てしてくれる。忙しい人におすすめ。


Zaifコイン積立で買える通貨

現在、Zaifコイン積立で購入できる仮想通貨は以下の4つです。

✔ ビットコイン(BTC)
✔ ネム(XEM)
✔ イーサリアム(ETH)
✔ モナコイン(MONA)

よく聞くビットコインだけ購入したくなりますが、リスクの分散と言う意味では、複数の通貨に投資した方が良いです。

僕はリスク分散を考え、 BTCとXEM、ETHも月1万円ずつ、合計3万円積み立てています。

そしてあくまで個人的な考えですが、ETHとXEMはもっともっと伸びていいと考えています。気になる人はこちらの記事もどうぞ!

関連記事:【仮想通貨】Nem / XEM(ネム)とは?!今後を予想


Zaifコイン積立の手数料は?!

0108_10

ぼくの場合は、月3万円(ビットコイン1万円、XEM1万円、ETH1万円)なので、手数料は2%で600円です。

Zaifコイン積立の手数料は、単純でとても分かりやすいです。


Zaifコイン積立のメリット

Zaifコイン積立には、さまざまなメリットがあります。

 メリット   1. 少額から始められる。¥1000/月から始められる。
 2. ハイリスクを避けられる
 3. 自分で買い付け操作しなくていい

まず月々1000円から始められます。これなら誰でも出来るのではないでしょうか?!

また投資の方法はドルコスト平均法なので、低リスクにて運用できます。そして一度設定してしまえばあとは自動で積み立ててくれるので、とっても楽であり、忙しいサラリーマンに向いています。

また日々の価格を見てそわそわする事もなく、一喜一憂する事がないのも良いです。


Zaifコイン積立のデメリット

逆にZaifコイン積立のデメリットです。メリットの裏返しです。

 デメリット   1. 成果が出るまで時間がかかる
 2. 自分で買い付け操作が出来ない
 3. 始めるのに時間がかかる

Zaifコイン積立は、コツコツ積み立てる方法なので、成果が出るまで時間がかかります。

約半年ほどやって、成果を実感できるようになるくらいかと思われます。一発大儲けを狙いたい人には向いてないです。

また自動で買い付けているので、高値の時に買ってしまうリスクもあります。

最後は最近の話なのですが、現在は登録が急増しているらしく、本人確認等の手続きに時間がかかります。

僕は、約申し込みから3~4週間ほどかかりました。

なので、興味がある人は、まずは本人確認だけでも先に行っておく事をお勧めします。登録自体は、印鑑不要ですべてネット上で完結するので、5~10分もあれば終わります。


さいごに:Zaifコイン積立は最強のツール

Zaifコイン積立投資なら、財形貯蓄や投資信託のつもりで仮想通貨投資をすることができる上に、「もしかしたら将来すごく儲かっているかもしれない」と小さな期待もできる、夢のある投資だと思います。

銀行の超低金利の時代、今のうちに少しずつ資産運用してみませんか?

仮想通貨の投資を行う上で、Zaifコイン積立は強くお勧めしたいサービスです。

ぜひ、この機会に始めてみて下さい!現在は登録に時間がかかるのでお早めに!

 



 ▼ 人気記事 ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史