0916_4

2018/9/16 更新

2018年のベルリンマラソンは前評判どおり、男女とも素晴らしい記録が出ました!!!!


2018 ベルリンマラソン 男子

0917_1

1位:Eliud Kipchoge 2:01:39 世界新
2位:Amos Kipruto 2:06:23
3位:Wilson Kipsang 2:06:48

4位:中村匠吾 2:08:16
6位:佐藤悠基 2:09:18
8位:上門大祐 2:11:07
16位:村山謙太 2:15:37


キプチョゲ驚異の世界記録更新

ケニア人のキプチョゲが、これまでのテルカドの世界記録2:02:57を1分18秒もいきなり更新してしまいました。

前半のハーフを61:06で通過すると、25㎞付近でペースメーカーの前に出て、ペースを上げていきます。15㎞以降は5㎞14分30秒以内をキープし続けてます。

そして後半のハーフを60:33と信じられないネガティブスプリットを刻み、見事な世界新記録樹立となりました。

そしてこの勝率の凄さ。最強ランナーがとうとう最速ランナーにもなりました。東京オリンピックに出てくるのでしょうか?!

日本人にはキツイですけど。。。ファンとしては生の走りが見たいです!


日本勢は中村匠吾がPBで2時間8分台

キプチョゲの話題で持ちきりですが、日本人男子もよかったです。

3月のびわ湖毎日マラソンでMGC出場権を獲得した中村が大幅ベストの2時間8分台!

さすが3月とはいえ暑かった琵琶湖を粘り切っただけあります。実力派ランナーの証明をしました。彼もまた東京五輪の候補に大きく名乗りをあげたと思います。

そして、佐藤悠基も連続でサブテン切り。少しずつアベレージをあげていっています。元々メッチャクチャ力があるランナー。マラソンに対応しきれたら怖い存在になりそうです。

1つ残念だったのが、プロ転向後初マラソンの神野大地が34㎞地点で途中棄権したことです。30㎞地点までは佐藤悠基と一緒に走っていて、ワイルドカードでのMGC出場権獲得と思われたのですが。。。今回も腹痛が出てしまったようです。なんとか冬に間に合えばいいですが。

>>キプチョゲの2時間1分台に「我々にとってはショッキングな結果」日本陸連の長距離・マラソン・ディレクター
>>キプチョゲが世界新でベルリン・マラソン優勝、史上初の2時間1分台
>>世界新出た!連覇キプチョゲが2時間1分39秒、人類初の1分台


2018 ベルリンマラソン 女子

0917_2

1位:Cherono 2:18:11 世界歴代4位
2位:Aga   2:18:34 世界歴代5位
3位:Dibaba 2:18:55

5位:松田瑞生 2:22:23 日本歴代9位
7位:前田穂南 2:25:23
9位:上原美幸 2:25:46
10位:小原 怜 2:27:29

女子はトップ3が2時間18分台でした。世界に日本勢がちょっと取り残されかけてます。

その日本人は大阪国際マラソンで活躍した松田が2度目のマラソンに挑戦し、しっかりと自己ベストを更新。これで2連チャンで好記録です。日本女子マラソン界引っ張る存在になりました。

小原はワイルドカードでMGC出場権獲得!

>>松田瑞生は2時間22分23秒 歴代9位タイム更新



 ▼ 人気記事 ▼