➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
陸上競技

【2019日本選手権】100m・200mの優勝は誰? | 世界陸上の代表は?【2019ドーハ世界陸上】

2019年のドーハ世界陸上の日本代表選考を兼ねた「第103回日本選手権」が開幕しました。

今回も見所は、男子100m!!

サニブラウン・桐生・多田・飯塚・ケンブリッジら、過去に類をみないハイレベルな闘いが行われました。

第103回 日本選手権

開催日:2017年6月27日(金)~ 30日(日)
場所:福岡市博多の森陸上競技場

第103回 日本選手権 競技結果

男子100m 予選

準決勝進出者のみ追記

男子100m 予選1組 (-0.9)

1位:小池祐貴(住友電工) 10秒22
2位:大久保公彦(中央大) 10秒45
3位:宮城辰郎(中央大)  10秒47

男子100m 予選2組 (0.0)

1位:多田修平(住友電工) 10秒38
2位:飯塚翔太(ミズノ)  10秒39

男子100m 予選3組 (-0.4)

1位:川上拓也(大阪ガス)   10秒27
2位:ケンブリッジ飛鳥(Nike) 10秒33
3位:矢橋寛明(ヴィアティン) 10秒40

男子100m 予選4組 (-0.4)

1位:桐生祥秀(日本生命) 10秒31
2位:宮本大輔(東洋大)  10秒45

男子100m 予選5組 (-0.6)

1位:サニブラウン(フロリダ大) 10秒30
2位:坂井隆一郎(関西大)    10秒38
3位:デーデー ブルーノ(東海大)   10秒44
4位:松尾隆雅(東洋大)     10秒47

男子100m 予選6組 (-0.2)

1位:白石黄良々(セレスポ) 10秒36
2位:水久保漱至(城西大)  10秒39

男子100m 準決勝

準決勝進出者のみ追記

男子100m 準決勝1組 (+0.2)

1位:小池祐貴(住友電工) 10秒09
2位:桐生祥秀(日本生命) 10秒22
3位:飯塚翔太(ミズノ)  10秒27
4位:坂井隆一郎(関西大) 10秒28

男子100m 準決勝2組 (+0.1)

1位:サニブラウン(フロリダ大) 10秒05
2位:ケンブリッジ飛鳥(Nike)  10秒20
3位:多田修平(住友電工)    10秒21
4位:川上拓也(大阪ガス)    10秒24

男子100m 決勝 (-0.3)

1位:サニブラウン(フロリダ大) 10秒02 大会新
2位:桐生祥秀(日本生命) 10秒16
3位:小池祐貴(住友電工) 10秒19
4位:飯塚翔太(ミズノ)  10秒24
5位:多田修平(住友電工) 10秒29
6位:坂井隆一郎(関西大) 10秒31
7位:川上拓也(大阪ガス) 10秒31
8位:ケンブリッジ飛鳥(Nike) 10秒33

男子200m 予選

決勝進出者のみ追記

男子100m 予選1組 (-0.1)

1位:小池 祐貴 住友電工 20.62
2位:山下  潤 筑波大 20.87
3位:染谷 佳大 中央大 21.02

男子100m 予選2組 (+1.1)

1位:白石 黄良々 セレスポ 20.91
2位:桐生 祥秀  日本生命 20.92

男子100m 予選3組 (-1.8)

1位:サニブラウン フロリダ大学 20.84
2位:田村 朋也  住友電工   21.00
3位:橋元 晃志  富士通    21.01

男子200m 決勝 (-1.3)

1位:サニブラウン(フロリダ大) 20秒35
2位:小池 祐貴(住友電工) 20秒48
3位:桐生 祥秀(日本生命) 20秒54
4位:白石黄良々(セレスポ) 20秒80
5位:山下  潤(筑波大)  20秒83
6位:田村 朋也(住友電工) 21秒06
7位:橋元 晃志(富士通)  21秒13
8位:染谷 佳大(中央大)  21秒22

さいごに

東京オリンピックへ向けて更に層が厚くなり、レベルが上がってきた日本短距離陣。

今年はダイヤモンドリーグのリレーもでるとのこと。もっともっと期待しましょう。

ドーハ世界陸上代表決定

未定