駅伝・マラソン

【2018 ベルリンマラソン】キプチョゲ世界新記録を達成できるか?!日本の有力選手たちは?!

0915_51

2018/9/15 更新

第45回ベルリンマラソンが2018年9月16日(日)に開催されます。

昨年の優勝は、エリウド・キプチョゲ選手で世界記録を目指しての出場でしたが、惜しくも届きませんでした。

今年も出場し、今度こそはと狙ってきます。ベルリンマラソンは高速コースで知られており、多くの世界記録が誕生している大会でもあります。

そして毎年世界記録のことばかりクローズアップされますが、今年は多くの有力日本人選手が参加します。残念ながら設楽悠太は間に合いませんでしたが、それでもMGCに出場する神野大地や佐藤悠基など記録を持っている選手ばっかりです。期待せずにはいられません。

ということで今回は、ベルリンマラソン2018に参加する日本人選手・テレビ放送についてチェックしていきます。

第45回ベルリンマラソン

日時:2018年9月16日9:15スタート(日本時間16:15)

2018ベルリンマラソン 男子エリート選手

 選手  国 &nbspPB  大会
&nbspEliud Kipchoge &nbspKEN &nbsp2:03:05 &nbsp16 London 1位
&nbspWilson Kipsang &nbspKEN &nbsp2:03:13 &nbsp16 Berlin 2位
&nbspEliud Kiptanui &nbspKEN &nbsp2:05:21 &nbsp15 Berlin 2位
&nbspAmos Kipruto &nbspKEN &nbsp2:05:43 &nbsp17 Amsterdam 5位
&nbspAbera Kuma &nbspETH &nbsp2:05:50 &nbsp18 Rotterdam 2位
&nbspArata Fujiwara
 藤原 新
&nbspJPN &nbsp2:07:48 &nbsp12 Tokyo 2位
&nbspYuki Sato
 佐藤悠基 (日清食品G)
&nbspJPN &nbsp2:08:58 &nbsp18 Tokyo 10位
&nbspHiroaki Sano
 佐野 広明 (Honda)
&nbspJPN &nbsp2:09:12 &nbsp15 Tokyo 9位
&nbspDaisuke Uekado
 上門大祐 (大塚製薬)
&nbspJPN &nbsp2:09:27 &nbsp17 Fukuoka 6位
&nbspKohei Ogino
 荻野 皓平 (富士通)
&nbspJPN &nbsp2:09:36 &nbsp18 Tokyo 12位
&nbspKenta Murayama
 村山 謙太 (旭化成)
&nbspJPN &nbsp2:09:50 &nbsp18 Gold Coast/AUS 2位
&nbspDaichi Kamino
 神野 大地
JPN &nbsp2:10:18 &nbsp18 Tokyo 18位
&nbspZersenay Tadese &nbspERI &nbsp2:10:41 &nbsp12 London 12位
&nbspShogo Nakamura
 中村 匠吾 (富士通)
&nbspJPN &nbsp2:10:51 &nbsp18 Otsu/JPN 7位
&nbspScott Overall &nbspGBR &nbsp2:10:55 &nbsp11 Berlin 5位
&nbspFernando Cabada &nbspUSA &nbsp2:11:36 &nbsp14 Berlin 11位
&nbspChalachew Tirunesh &nbspETH &nbsp2:11:54 &nbsp15 Berlin 11位
&nbspSaidi Makula &nbspTAN &nbsp2:12:01 &nbsp16 Daegu/KOR 3位
&nbspSamuel Gebremichael &nbspAUS &nbsp2:14:01 &nbsp14 Melbourne 5位
&nbspLuis Molina &nbspARG &nbsp2:15:23 &nbsp15 Buenos Aires 4位
&nbspBrendan Martin &nbspUSA &nbsp2:15:30 &nbsp15 Duluth/USA 8位
&nbspWellington da Silva &nbspBRA &nbsp2:16:06 &nbsp18 Sao Paulo 2位
&nbspFrank Schauer &nbspGER &nbsp2:16:30 &nbsp17 Frankfurt 17位
&nbspLuis Alberto Orta &nbspVEN &nbsp2:16:30 &nbsp18 Düsseldorf 8位
&nbspEbrahim Abdulaziz &nbspNOR &nbsp2:16:38 &nbsp17 Berlin 22位
&nbspHenri Manninen &nbspFIN &nbsp2:16:43 &nbsp14 Berlin 17位
&nbspPaul Martelletti &nbspNZL &nbsp2:16:58 &nbsp11 Berlin 14位
&nbspTimo Göhler &nbspGER &nbsp2:19:18 &nbsp17 Frankfurt 25位
&nbspBart van Nunen &nbspNED &nbspDebut  —
&nbspNick van Peborgh &nbspBEL &nbspDebut  —
&nbspMalcolm Hicks &nbspNZL &nbspDebut  —
&nbspArttu Vattulainen &nbspFIN &nbspDebut  —

日本人男子参加選手のうち、既に佐藤悠基・上門大祐・荻野皓平・中村匠吾はMGCの権利を獲得しています。

神野や村山謙太はワイルドカード狙いで記録を狙いにくるはずです。

キプチョゲ世界記録なるか?!

そしてなんと言っても、日本人選手より今回注目を集めているのが、キプチョゲによる世界記録の更新がなるかどうかです!

昨年のベルリンマラソン優勝者で、現時点で世界一強いマラソン選手と言っても過言ではありません。

[ナイロビ 11日 ロイター]
 男子マラソンで五輪金メダリストのエリウド・キプチョゲ(33、ケニア)が16日に行われるベルリン・マラソンに向けて、自己ベストを目標にトレーニングに励んできたと明かした。

 キプチョゲは2003年世界選手権の5000メートルで優勝。シカゴ・マラソンを1回、ベルリン・マラソンで2回、ロンドン・マラソンは3回優勝、2016年のリオデジャネイロ五輪で金メダルを獲得するなど、ほぼすべての主要大会を制覇してきた。

 ところが、世界記録を樹立したことはなく、ウィルソン・キプサングが2時間3分23秒の当時世界新を記録した2013年ベルリン・マラソンでは2位。現在は14年の同大会でデニス・キメット(ともにケニア)が記録した2時間2分57秒が世界記録となっている。

 キプチョゲは11日にロイターに対し、「コンディション、気分も良いし、トレーニングも順調で自己ベストの2時間3分5秒を目指したい。世界記録よりも自己ベストが一番の目標だ」としながらも、「もし世界記録に届いたら、十分だ」と述べた。
引用:ロイター

キプチョゲ選手の過去のマラソンの成績がこちら。

2013.05 ハンブルク  2:05:30 優勝
2013.09 ベルリン   2:04:05 2位 世界歴代4位(当時)
2014.04 ロッテルダム 2:05:00 優勝
2014.01 シカゴ    2:04:11 優勝
2015.04 ロンドン   2:04:42 優勝
2015.09 ベルリン   2:04:00 優勝 世界歴代6位(当時)
2016.04 ロンドン   2:03:05 優勝 世界歴代2位(当時)
2016.08 リオオリンピック 2:08:44 優勝
2017.09 ベルリン   2:03:32 優勝
2018.04 ロンドン   2:04:17 優勝

「半端ない」とはまさにこのことです。

2018ベルリンマラソン 女子エリート選手

 選手  国 &nbspPB  大会
&nbspTirunesh Dibaba &nbspETH &nbsp2:17:56 &nbsp17 London 2位
&nbspGladys Cherono &nbspKEN &nbsp2:19:25 &nbsp15 Berlin 1位
&nbspAselefech Mergia &nbspETH &nbsp2:19:31 &nbsp12 Dubai 1位
&nbspEdna Kiplagat &nbspKEN &nbsp2:19:50 &nbsp12 London 2位
&nbspRuti Aga &nbspETH &nbsp2:20:41 &nbsp17 Berlin 2位
&nbspMizuki Matsuda
 松田 瑞生 (ダイハツ)
&nbspJPN &nbsp2:22:44 &nbsp18 Osaka 1位
&nbspRei Ohara
 小原 怜 (天満屋)
&nbspJPN &nbsp2:23:20 &nbsp16 Nagoya 3位
&nbspHonami Maeda
 前田 穂南 (天満屋)
&nbspJPN &nbsp2:23:48 &nbsp18 Osaka 2位
&nbspInés Melchor &nbspPER &nbsp2:26:48 &nbsp14 Berlin 8位
&nbspCarla Rocha &nbspPOR &nbsp2:27:08 &nbsp17 Prag 6位
&nbspCaterina Ribeiro &nbspPOR &nbsp2:30:10 &nbsp16 Porto 2位
&nbspInes Montero &nbspPOR &nbsp2:30:36 &nbsp08 Rotterdam 5位
&nbspRachel Hannah &nbspCAN &nbsp2:32:09 &nbsp16 Houston 6位
&nbspDawn Grunnagle &nbspUSA &nbsp2:35:43 &nbsp17 Sacramento 10位
&nbspHiruni Wijayaratne &nbspSRI &nbsp2:36:35 &nbsp18 Houston 8位
&nbspLyndsay Tessier &nbspCAN &nbsp2:36:55 &nbsp17 Toronto 6位
&nbspManuela Soccol &nbspBEL &nbsp2:37:09 &nbsp16 Hamburg 14位
&nbspCaitlin Phillips &nbspUSA &nbsp2:38:27 &nbsp17 Berlin 16位
&nbspCristina Jordan &nbspESP &nbsp2:38:44 &nbsp17 Valencia 16位
&nbspAnke Esser &nbspGER &nbsp2:43:14 &nbsp18 Berlin 21位
&nbspMiyuki Uehara
 上原 美幸 (第一生命)
&nbspJPN &nbspDebut  —
&nbspRachel Cliff &nbspCAN &nbspDebut  —
&nbspSasha Gollish &nbspCAN &nbspDebut  —
&nbspAnn-Marie McGlynn &nbspIRL &nbspDebut  —
&nbspMatea Parlov &nbspCRO &nbspDebut  —

女子は松田・小原が2時間20分切を目指します!

>>松田、2時間19分台に挑戦=16日、ベルリン・マラソン

2018ベルリンマラソンのTV中継

ベルリンマラソン2018のテレビ放送は、地上波では放送されません。

テレビ放送は、スカパーテレ朝2チャンネルで9月16日(日)16時~19時で中継されます。

申込みはスカパー!やケーブルテレビからになります。

2018ベルリンマラソン 結果

結果はこちら。

関連記事