➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【2020 箱根駅伝への道】第51回全日本大学駅伝2019 各地区予選会【各地区の出場枠・日程・選考方法 | 出場校まとめも】

今回は「第51回全日本大学駅伝2019」の各地区の予選会情報をお届けします。

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥1,200
(2019/09/20 23:28:06時点 Amazon調べ-詳細)

全日本大学駅伝2019

正式名称:秩父宮賜杯 第51回全日本大学駅伝対校選手権大会
日程:2019年11月3日(日)
場所:熱田神宮〜伊勢神宮
コース:8区間、106.1km

全日本大学駅伝2019出場枠

北海道地区:「1」
東北地区:「1」
北信越地区:「1」
関東地区:「15」(予選通過枠は「5」)
東海地区:「2」
関西地区:「3」
中四国地区:「1」
九州地区:「1」
他、日本学生選抜・東海学生選抜

地区枠の増減

・各地区最小1枠、最大15枠となっています。

・前年の本戦の17位以内の各地区の大学数+1枠が与えられる(ただし、15枠を獲得しているチームがあれば18位まで)
 →前回は関東地区チームが15位まで独占。16位・17位が関西地区チーム。18位が東海地区チーム。
 →ルールにより関東が15枠保持、関西が3枠、東海が2枠となっています。

関東地区の推薦ルール変更

2019年の関東地区の予選出場校は既に発表されていますが、2018年でシード権を獲得していない順大と拓大がエントリーしていません。

なぜなら、今年の箱根駅伝2019で関東学連の推薦枠を得ています。

関東学連の推薦枠は、これまでは箱根駅伝で3位以内に入れなければ得られませんでした。

しかし2019年からルールが変わりました。全日本大学駅伝のシード校8校以外で、箱根駅伝上位2校に推薦枠が与えられることになりました。

その条件にあたった順天堂大と拓殖大が推薦枠を得たために、予選免除という形になりました。

全日本大学駅伝予選会 2019日程

0615 1

6月16日(日)九州地区
6月16日(日)東海地区
6月23日(日)関東地区
6月30日(日)関西地区
7月13日(土)北信越地区
8月17日(土)北海道地区
9月23日(月・祝)中国四国地区
9月26日(木)東北地区

全日本大学駅伝予選会2019 地区別選考方法

全日本大学駅伝予選会 九州地区

場所:阿蘇市農村公園あぴか陸上競技場
競技日程:2019年6月16日(日)10時00分スタート
選考方法:トラック10000m4組行い、上位8名の合計タイムで競う
参加資格:九州学生駅伝2018の1位~6位の大学、上位8名5000mor5㎞ベストが15分30秒以内

全日本大学駅伝予選会 東海地区

場所:ウェーブスタジアム刈谷
競技日程:2019年6月16日(日)
選考方法:トラック10000mを4組行い、上位8名合計タイムで競う

全日本大学駅伝予選会 関東地区

場所:相模原ギオンスタジアム
競技日程:2019年6月23日(日)
選考方法:トラック10000m4組行い、8名の合計タイムで競う
参加資格:10000m上位8名の平均タイム上位20校

全日本大学駅伝予選会 関西地区

場所:京都市西京極総合運動公園陸上競技場兼球技場
競技日程:2019年6月30日(日)
選考方法:トラック10000m4組行い、10人出走し上位8名の合計タイムで競う

全日本大学駅伝予選会 北信越地区

場所:長野市営陸上競技場
競技日程:2019年7月13日(土)
選考方法:トラック10000m3組行い、最大10名出場でタイム上位8名の合計タイムで競う

全日本大学駅伝予選会 北海道地区

場所:モエレ沼
競技日程:2019年8月17日(土)
選考方法:(昨年)北海道大学駅伝…8区間の駅伝形式で競う

全日本大学駅伝予選会 中国四国地区

場所:道後山
競技日程:2019年9月23日(月・祝)
選考方法:(昨年)10㎞のクロスカントリーで、上位8名の合計タイムで競う

全日本大学駅伝予選会 東北地区

場所:岩手・北上
競技日程:2019年9月26日(木)
選考方法:(昨年)ロードレースで行い、15㎞4名、10㎞4名の合計タイムで競う

全日本大学駅伝予選会2019 結果速報

九州地区

1位:第一工業大 4:19:44 (本戦出場)
————————
2位:福岡大 4:20:30
3位:日本文理大 4:20:34
4位:沖縄国際大 4:26:49
5位:志學館大:4:28:11
6位:九州大 4:29:55

東海地区

0714 4

1位皇學館大4:10:48 (本戦出場)
2位愛知工業大4:15:21 (本戦出場)
————————
3位岐阜協立大4:16:52
4位名古屋大4:21:05
5位中京大4:21:52
6位静岡大4:30:14

関東地区

0714 3

1位:3:57:13.2 東国大 (本戦出場)
2位:3:57:26.0 明大 (本戦出場)
3位:3:58:46.8 早大 (本戦出場)
4位:3:59:29.3 日体大 (本戦出場)
5位:3:59:53.9 中央学大 (本戦出場)
————————17秒2差
6位:4:00:11.1 中大
7位:4:00:31.6 山梨学大
8位:4:01:15.6 日大
9位:4:01:52.6 大東大
10位:4:02:11.2 神奈川大

関西地区

0714 1

1位:立命館大学4:07:38.19 (本戦出場)
2位:関西学院大学4:10:03.86 (本戦出場)
3位:京都産業大学4:10:25.03 (本戦出場)
————————
4位:大阪経済大学4:13:56.21
5位:びわこ学院大学4:14:40.66
6位:関西大学4:17:45.80
7位:京都大学4:17:56.15
8位:龍谷大学4:19:14.11

北信越地区

0714 2

1位:新潟大学 4時間18分54秒 (本戦出場)
————————
2位:信州大学 4時間20分9秒
3位:新潟医療福祉大学 4時間20分25秒
4位:金沢大学 4時間31分
5位:富山大学 4時間34分54秒
6位:金沢工業大学 4時間57分32秒

北海道地区

1位:札幌学院大 5時間29分41秒 (本戦出場)
————————
2位:札幌国際大 5時間46分51秒
3位:北海道教育大 6時間11分58秒
棄権:北海道大
棄権:北星学園大

中国四国地区

東北地区

全日本大学駅伝2019 出場校

前回シード校

青山学院大学 (7年連続9回目)
東海大学 (6年連続32回目)
東洋大学 (12年連続27回目)
駒澤大学 (24年連続26回目)
帝京大学 (5年連続12回目)
國學院大學 (5年連続7回目)
法政大学 (3年連続12回目)
城西大学 (3年連続8回目)

関東地区推薦枠

順天堂大学
拓殖大学

北海道地区

1枠(8月17日決定)

東北地区

1枠(9月26日決定)

北信越地区

1枠(7月13日決定)

関東地区

5枠(6月23日決定)※残り10枠はシード校と推薦枠

東海地区

2枠(6月16日決定)

関西地区

3枠(6月16日決定)

中四国地区

1枠(9月23日決定)

九州地区

1枠(6月16日決定)

選抜チーム(オープン枠)

日本学生選抜
東海学生選抜

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥1,200
(2019/09/20 23:28:06時点 Amazon調べ-詳細)