0912_33

2018/9/11 更新

男子マラソン日本歴代7位の記録を持つ大迫傑が9月4日にワシントンで行われた「レイバー・デイ・ハーフマラソン」に出場し、日本歴代9位となる1時間1分1秒で優勝しました。

大迫傑は、10月7日のシカゴマラソンに出場予定で、2時間5分台のペースメーカーらと日本記録更新を狙っています。

今回はそのレースへの調整で出場しての記録!これは期待できます。


ハーフマラソン日本歴代10傑

1位:1時間00分17秒 設楽悠太 ホンダ
2位:1時間00分25秒 佐藤敦之 中国電力
3位:1時間00分30秒 高橋健一 富士通
4位:1時間00分32秒 菊地賢人 コニカミノルタ
5位:1時間00分50秒 村山謙太 駒沢大学
6位:1時間00分53秒 宮脇千博 トヨタ自動車
7位:1時間00分54秒 茂木圭次郎 旭化成
8位:1時間00分58秒 宇賀地強 コニカミノルタ
9位:1時間01分01秒 大迫 傑 ナイキ
10位:1時間01分04秒 小林雅幸 三井海上RC
10位:1時間01分04秒 神野大地 コニカミノルタ



 ▼ 人気記事 ▼