駅伝・マラソン

【2021 箱根駅伝】2020年丸亀ハーフの結果。もう次の箱根は始まっている。

毎年、有力選手が集まり、好記録が出る「香川丸亀国際ハーフマラソン」。2020年も2月3日10:35〜から行われました。

非常によく記録が出るコースでで、優勝する海外の選手は日本記録(60分25秒)を超えることが多いのが特徴の大会です。そして日本人ランナーも61分切りをすることが多いため、非常に注目度が高いです。

そして今回も期待通り、好記録が出ました。大学生の記録を中心にお伝えします。

2020年丸亀ハーフ 総合成績

2020年丸亀ハーフ 男子

大会記録:ポール クイラ(コニカミノルタ)59分47秒

1位:59分57秒 ブレッド ロビンソン(オーストラリア)
2位:60分00秒 小椋裕介(ヤクルト) 日本新記録
3位:60分01秒 カルム ホーキンス(イギリス)
4位:60分06秒 藤本 拓(トヨタ自動車)
5位:60分43秒 菊地賢人(コニカミノルタ)
6位:60分49秒 設楽悠太(Honda)

2019年丸亀ハーフ 大学別成績

61分台

川瀬翔矢③61分18秒 皇學館大
青木祐人④61分32秒 國學院大
池田耀平③61分36秒 日本体育大
岩崎大洋③61分40秒 上武大
神林勇太③61分53秒 青山学院大
戸口豪琉③61分55秒 中央学院大
小島海斗③61分55秒 駒澤大
西 研人③61分56秒 筑波大

鈴木聖人②61分56秒 明治大

国学院大学

青木祐人④61分32秒
土方英和④62分07秒
河東寛大③62分28秒
木付 琳②62分42秒
臼井健太③63分24秒
中西大翔①67分17秒