日常・時事・小ネタ

企業だけでなく、大学のレベルも韓国・中国に抜かれる。

ぼくは現在、家電製品関連の会社に属しているサラリーマンですが。。。
ここ数年は「サムスン」・「LG」などの韓国メーカーにやられまくっているのを実感しています。

そんななか、大学のレベルもとうとう韓国に抜かれてしまったという記事を見ました。


f47120ed.jpg

東大4年連続1位逃す [THEアジア世界大学ランキング2016]

英タイムズ・ハイヤー・エデュケーション(Times Higher Education、THE)は、Webサイトで2016年のアジア大学ランキングを発表した。東京大学は調査開始以来3年連続の1位を保っていたが、2016年は7位だった。

【THEアジア大学ランキング2016】
 総合トップ10
 1位 シンガポール国立大学
 2位 南洋工科大学
 2位 北京大学
 4位 香港大学
 5位 清華大学
 6位 香港科技大学
 7位 東京大学
 8位 浦項工科大学
 9位 ソウル大学
 10位 韓国科学技術院(KAIST)

【THEアジア大学ランキング2016】
 トップ50にランクインした国内大学
 7位 東京大学
 11位 京都大学
 23位 東北大学
 24位 東京工業大学
 30位 大阪大学
 34位 名古屋大学
 46位 筑波大学
 48位 九州大学
 49位 北海道大学

出典:東大4年連続1位逃す、トップ50に9大学…THEアジア世界大学ランキング2016

まぁ、ぶっちゃけ社会に出てしまえば、どこの大学を出てようがほとんど関係ないのですが。

ただ日本の製造業は、世界と対等に勝負して勝てないと、もう生き残れなくなってきているのが現実。

基礎学力という面で、既に学生のうちから韓国・中国勢に差を付けられたら、なかなか厳しいなと。
商品開発の技術力で勝負が決してしまったら、あとは日本人の真面目さを活かす、マネージメント業で勝負していくしかないですかね。

「いい大学に入って、いい会社に入る」は、もう終わりの時代

一昔前によく言われていた。

いい大学に行くために勉強
⇒いい会社に行くために勉強
⇒名の知れた企業でサラリーマン
⇒住宅ローンを借りてマイホームをもつ

みたいな、社会の成功縮図はほぼ崩壊ですね。
いい大学に入ったからといって、いい会社に入ったからといって、人生ハッピーという考え方はもう無理です。

ぼくのサポ仲間のおばちゃんが、数年前にこんなこと言って喜んでました。
「息子がね、シャープの内定を取ったの!凄いでしょ!」
これを聞いた時、ぼくはこういいました。
「いやいや、おばちゃん。それ相当終わりかもしれないよ」
と。
おばちゃんはキョトンとしていましたね。苦笑

おばちゃんは、最近のニュースを見てないのか、知識が古かったようで、
・シャープはテレビメーカーで大成功している大企業
・大企業に入ってしまえば、将来安泰

ようは、まだ終身雇用が当たり前と思っていたようです。

確かに上場している大企業ですが、今現在は赤字解消のためにリストラに次ぐリストラ。
そこの内定を取ったからって、すぐにクビになる可能性も高いです。

参考:シャープ、最大7000人リストラの真実味

終身雇用は終わっている

そしてシャープだけでなく、日本企業自体の終身雇用はもう崩壊してきています。

確かにいい大学いって、いい会社に入れば、初任給はいいかもしれません。
しかし、それで「わたしの人生は安心」と高をくくっていたら、何か起きたとき、大丈夫ですか??

ぼくはそれが嫌なので、今からいろいろとやって、リスクヘッジをしています。
会社だけの収入に頼ってはダメ!どんなビジネスも永遠には続かない!複数の収入を持つ意識を!

時代はどんどん変わっています。
時代の変化についてこれない人は、淘汰されていきます。

今からでも遅くありません。
死ぬときに、「自分の人生こうではなかった・・・」と、後悔しないように今から考えて生きていきましょう。