スポーツ

世界で有名なアスリート100人!!ESPN調べ

先日、ESPNが世界的に有名なスポーツ選手100名を発表しました。


cfcb3eab.png

出典:ESPN

1位は、クリスティアーノ・ロナウド

E383ACE382A2E383ABE383BBE382AFE383AAE383ADE3838A

1位クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
2位レブロン・ジェームズ(バスケ)
3位リオネル・メッシ(サッカー)
4位ネイマール(サッカー)
5位ロジャー・フェデラー(テニス)
6位ケビン・デュラント(バスケ)
7位タイガー・ウッズ(ゴルフ)
8位ヴィラット・コーリ(クリケット)
9位ハメス・ロドリゲス(サッカー)
10位ラファエル・ナダル(テニス)
11位コービー・ブライアント(バスケ)
12位ガレス・ベイル(サッカー)
13位フィル・ミケルソン(ゴルフ)
14位マヘンドラ・シン・ドーニ(クリケット)
15位ウサイン・ボルト(陸上)
16位ノバク・ジョコビッチ(テニス)
17位ウェイン・ルーニー(サッカー)
18位マリア・シャラポワ(テニス)
19位メスト・エジル(サッカー)
20位ローリー・マキロイ(ゴルフ)
21位ズラタン・イブラヒモビッチ(サッカー)
22位ルイス・スアレス(サッカー)
23位ロンダ・ラウジー(格闘家)
24位セルヒオ・アグエロ(サッカー)
25位セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
26位フロイド・メイウェザーJr.(ボクシング)
27位ラダメル・ファルカオ(サッカー)
28位セスク・ファブレガス(サッカー)
29位カーメロ・アンソニー(バスケ)
30位デリック・ローズ(バスケ)
31位アンディ・マレー(テニス)
32位キャム・ニュートン(アメフト)
33位ドウェイン・ウェイド(バスケ)
34位ステフィン・カリー(バスケ)
35位マニー・パッキャオ(ボクシング)
36位ドワイト・ハワード(バスケ)
37位コナー・マクレガー(格闘家)
38位ペイトン・マニング(アメフト)
39位クリス・ポール(バスケ)
40位オデル・ベッカムJr.(アメフト)
41位サニア・ミルザ(テニス)
42位エデン・アザール(サッカー)
43位ブレイク・グリフィン(バスケ)
44位ドリュー・ブリーズ(アメフト)
45位デイミアン・リラード(バスケ)
46位マイケル・フェルプス(水泳)
47位錦織圭(テニス)
48位ラッセル・ウェストブルック(バスケ)
49位ラッセル・ウィルソン(アメフト)
50位ジョーダン・スピース(ゴルフ)

上位5人は、クリロナ・レブロン・メッシ・ネイマール・フェデラー。
ずらーっと、年収数十億どころが。

6位にケビン・デュラントが入ってるのは、日本人からしたら驚きかな。

テニス界からは9人

08e09099.png e4f4a908.png

テニス界からは9人(男5、女4)。
男子はビック4+錦織圭!

錦織は実力もさることながら、人気も凄い。
47位は日本人としては快挙といえる。
またこういうランキングをみていかに、フェデラーが世界的なVIPなのか、改めて実感。

女子はシャラポンが18位でセレナが25位。
テニス界でみると、セレナの存在感が圧倒的に強い気がするのだが。
個人的には41位のミルザが、相当意外だったかな。

バスケ界からは20人!

c5dd0447.png c50f7b56.png ed78ceba.png 09eef970.png

競技別でみると、バスケットが最も多くランクイン。
当然のように、サッカーかなと思っていたのでビックリ!

でもよくよく考えてみたら、ESPNはアメリカの会社でした。
実際100人中56人がアメリカ人。
果たしてどうやってランク付けをしてるのかな?
と、思ったらちゃんと公開していました。

We started off with Forbes’ list of the 100 highest-paid athletes, then sought input from ESPN journalists to add other notable athletes. ESPN director of sports analytics Ben Alamar created a formula that combined athletes’ salary/winnings and endorsements with their social media following — Facebook, Twitter and Instagram — along with Google search popularity to create a comparative ranking system.

フォーブスの高額所得者ランキングをベースに、ESPNの記者が他の選手をピックアップし、2015(-2016)シーズンの年収・勝利数・社会的認知度から算出。

この社会的認知度というのは、Facebook、Twitter、Instagramのフォロワー数を元にしているとのこと。

なるほど。。。
今は競技以外の露出。。。SNSでどれだけ有名かが一つの勝負ということか。

そして、こうしたランキングがまた選手をブランディングしていったりもする。
cfcb3eab.png

出典:ESPN

1位は、クリスティアーノ・ロナウド

E383ACE382A2E383ABE383BBE382AFE383AAE383ADE3838A
1位クリスティアーノ・ロナウド(サッカー)
2位レブロン・ジェームズ(バスケ)
3位リオネル・メッシ(サッカー)
4位ネイマール(サッカー)
5位ロジャー・フェデラー(テニス)
6位ケビン・デュラント(バスケ)
7位タイガー・ウッズ(ゴルフ)
8位ヴィラット・コーリ(クリケット)
9位ハメス・ロドリゲス(サッカー)
10位ラファエル・ナダル(テニス)
11位コービー・ブライアント(バスケ)
12位ガレス・ベイル(サッカー)
13位フィル・ミケルソン(ゴルフ)
14位マヘンドラ・シン・ドーニ(クリケット)
15位ウサイン・ボルト(陸上)
16位ノバク・ジョコビッチ(テニス)
17位ウェイン・ルーニー(サッカー)
18位マリア・シャラポワ(テニス)
19位メスト・エジル(サッカー)
20位ローリー・マキロイ(ゴルフ)
21位ズラタン・イブラヒモビッチ(サッカー)
22位ルイス・スアレス(サッカー)
23位ロンダ・ラウジー(格闘家)
24位セルヒオ・アグエロ(サッカー)
25位セリーナ・ウィリアムズ(テニス)
26位フロイド・メイウェザーJr.(ボクシング)
27位ラダメル・ファルカオ(サッカー)
28位セスク・ファブレガス(サッカー)
29位カーメロ・アンソニー(バスケ)
30位デリック・ローズ(バスケ)
31位アンディ・マレー(テニス)
32位キャム・ニュートン(アメフト)
33位ドウェイン・ウェイド(バスケ)
34位ステフィン・カリー(バスケ)
35位マニー・パッキャオ(ボクシング)
36位ドワイト・ハワード(バスケ)
37位コナー・マクレガー(格闘家)
38位ペイトン・マニング(アメフト)
39位クリス・ポール(バスケ)
40位オデル・ベッカムJr.(アメフト)
41位サニア・ミルザ(テニス)
42位エデン・アザール(サッカー)
43位ブレイク・グリフィン(バスケ)
44位ドリュー・ブリーズ(アメフト)
45位デイミアン・リラード(バスケ)
46位マイケル・フェルプス(水泳)
47位錦織圭(テニス)
48位ラッセル・ウェストブルック(バスケ)
49位ラッセル・ウィルソン(アメフト)
50位ジョーダン・スピース(ゴルフ)
上位5人は、クリロナ・レブロン・メッシ・ネイマール・フェデラー。
ずらーっと、年収数十億どころが。
6位にケビン・デュラントが入ってるのは、日本人からしたら驚きかな。

テニス界からは9人

08e09099.png e4f4a908.png

テニス界からは9人(男5、女4)。
男子はビック4+錦織圭!
錦織は実力もさることながら、人気も凄い。
47位は日本人としては快挙といえる。
またこういうランキングをみていかに、フェデラーが世界的なVIPなのか、改めて実感。
女子はシャラポンが18位でセレナが25位。
テニス界でみると、セレナの存在感が圧倒的に強い気がするのだが。
個人的には41位のミルザが、相当意外だったかな。

バスケ界からは20人!

c5dd0447.png c50f7b56.png ed78ceba.png 09eef970.png

競技別でみると、バスケットが最も多くランクイン。
当然のように、サッカーかなと思っていたのでビックリ!
でもよくよく考えてみたら、ESPNはアメリカの会社でした。
実際100人中56人がアメリカ人。
果たしてどうやってランク付けをしてるのかな?
と、思ったらちゃんと公開していました。

We started off with Forbes’ list of the 100 highest-paid athletes, then sought input from ESPN journalists to add other notable athletes. ESPN director of sports analytics Ben Alamar created a formula that combined athletes’ salary/winnings and endorsements with their social media following — Facebook, Twitter and Instagram — along with Google search popularity to create a comparative ranking system.

フォーブスの高額所得者ランキングをベースに、ESPNの記者が他の選手をピックアップし、2015(-2016)シーズンの年収・勝利数・社会的認知度から算出。
この社会的認知度というのは、Facebook、Twitter、Instagramのフォロワー数を元にしているとのこと。
なるほど。。。
今は競技以外の露出。。。SNSでどれだけ有名かが一つの勝負ということか。
そして、こうしたランキングがまた選手をブランディングしていったりもする。