➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
麻雀

【Mリーグ】EX風林火山「滝沢和典」大三元!Mリーグ史上2度目の役満!

2019年2月7日(木)

Mリーグで役満「大三元」がでた!あがったのはEX風林火山「滝沢和典」選手!

いや〜!これは凄く痺れました!

Mリーグ 2度目の役満!

東4局

西家の滝沢の1巡目、

Mleague 1902007 1

白が重なって、4トイツ。

2巡目、

Mleague 1902007 2

3巡目、

Mleague 1902007 3

四索を持ってきて、混一色にも行ける手。

4巡目、

Mleague 1902007 4

発を積もる!そして、

Mleague 1902007 5

東を切る。混一色にストレートに行くなら打四筒でもいいが、トイツ落としすると目立ってしまい役牌や索子が鳴けなくなると読んでのことでしょう。

そして、

Mleague 1902007 6

白が鳴けた!

そして、ここで、

Mleague 1902007 7

打四索。伸びが弱い四索だと混一色はキツイかもなので、ここであきらめ。もし中を引けば、混一色・小三元・対々和・赤の倍満。

そして、

Mleague 1902007 8

狙い通り来てしまう中!!!

Mleague 1902007 9

ここは迷わず、すーーーと四筒切り。

しかし、その後なんと茅森が発待ちのテンパイ。

Mleague 1902007 12

これは滝沢苦しいかなと思いました。

そしたら次々順に、

Mleague 1902007 14

発を積もる。これで茅森のあがりはなくなり、おまけに残り1枚の中は、親茅森の現物・・・と思っていた矢先に。

Mleague 1902007 16

次番の園田が中を積もる。ここで園田は考えていました。この中が通るのかと?!

ぼくが予想するに。

滝沢の2つ前の手出しは6巡目の四筒。直前の手出しは9巡目の四筒。つまりはこれはトイツ落としと読める。

ということは、滝沢は9巡目まではノーテンであったことが分かる。そして9巡目にテンパイになる牌を引いたケースでしか、滝沢にテンパイは入らない。

四筒は8巡目に滝沢が茅森に通していて、安全牌の状況。もしかしたら滝沢は9巡目に危険牌を引いて、四筒と入れ替えた可能性も十分あるが。ただもし、次に滝沢が手変わった場合には、この中はますます打てなくなる。

そして、園田の出した結論は、

Mleague 1902007 17

「切るなら今!!」と。すると、

Mleague 1902007 18

「ロン 32000」と静かに滝沢が発声。

Mleague 1902007 19

このときの滝沢が手を開けたときの、園田の顔が凄く印象的に残ってしまいました。まさに顔面蒼白とはこのこと。

Mleague 1902007 20

このときの卓上の衝撃は、会場を越えて、解説席を越えて、モニターをも越えました。