➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
ガジェット

スマホの電池・バッテリー切れ対策。バッテリー内臓ケースをおすすめする3つの理由 | モバイルバッテリーを持ち歩くより便利

私たちの生活インフラとして欠かせないのが「スマートフォン」です。

家族・友人・仕事先との連絡だけでなく、Suicaを使って交通機関の利用や、paypayやLINEpayなどスマホ決済による支払いなど、スマホ関連サービスが進歩するたびにスマホの重要度もアップしています。

そのため、もし外出先でスマホのバッテリー残量がゼロになると死活問題になります。

そのため、いまでは「モバイルバッテリー」も必需品となっております。

本記事では、そんなモバイルバッテリーより、私個人がおすすめできる「バッテリー内臓型スマホケース」を紹介します。

スマホ用バッテリー内臓ケースとは?

名前の通り、バッテリーケースは「スマホケース」と「モバイルバッテリー」が一体化した商品です。

iPhoneの場合、公式サイトでもバッテリーケースが販売されています。価格は1万5千円台とやや高めですが、apple公式製品なので安心感があります。

0815 35
>>iPhone XS Smart Battery Case – ブラック | apple.com

また、サードパーティからも価格が安いバッテリーケースが多く販売されています。私が使っているのは以下の製品(iPhone XS用)です。

使い方は簡単です。スマホ本体のバッテリーが無くなってきたら、ケースに付いている給電開始ボタンを押すだけです。

バッテリーの残量はランプの点灯状態でわかります。

created by Rinker
AOPAWA
¥3,380
(2019/10/19 16:37:08時点 Amazon調べ-詳細)

スマホ用バッテリー内臓ケースが、モバイルバッテリーよりおすすめ理由

私は現在、スマホの充電対策としてバッテリーケースを持ち歩いています。数年前はモバイルバッテリーを持ち歩くという環境でしたが、色々と困ることがあってバッテリーケースを利用するようになりました。

理由1:スマホのモバイルバッテリーやUSBケーブルは忘れることがある

外出先で「モバイルバッテリーを使ってスマホを充電しよう!」と思って、カバンの中を見ると「入ってない!」「昨日使った別のカバンに入れたままだ!」というようなことが、たまにありませんか?

また、モバイルバッテリーは持ってきたが「USBケーブルを忘れた」というミスも起こります。

バッテリーケースであれば、スマホと一体化しているため、持ち運び忘れる心配がありません

理由2:モバイルバッテリーで充電しながらのスマホ使用はUSBケーブルが邪魔

外出先でバッテリーが切れそうになる人は、そもそもスマホを長い時間に渡って使う人です。

モバイルバッテリーで充電中もスマホを使いたいケースが多いでしょう。

充電中はスマホとモバイルバッテリーがUSBケーブルで繋がっています。このケーブルが繋がった状態でのスマホ操作はかなりストレスが溜まります。

外を移動中にチラッとスマホを確認したいとき。混み合った電車の中でスマホを使いたいとき。

ダラーンと伸びたUSBケーブルはうっとしいです。

バッテリーケースであれば、充電開始ボタンを押すだけ。スマホと一体化しているので邪魔なケーブル類はありません。

ポケモンGOのように、外出先でスマホをガンガン使う人には特におすすめします。

理由3:充電に必要なUSBケーブルは断線することがある

私は外出先でモバイルバッテリー経由でスマホの充電をする時に、充電ができずにドハマリしたことがあります。

スマホとつないでも、スマホの充電中マークがつかない。

これはきっとモバイルバッテリーが壊れたに違いないと思い、近くのコンビニで新しいモバイルバッテリーを3000円近く払って購入。

これで上手く行くと思ったけど、まだ充電ができない。。。

原因はモバイルバッテリーではなく、USBケーブルにありました。

見た目は問題無いのですが、内部で断線が起きていたのでしょう。USBケーブルを買い換えることで無事に解決しました。

モバイルバッテリーやUSBケーブルを売っている店を探すタイムロス、本当なら買わなくてよかったモバイルバッテリー、、、。

余計な出費、かなりの痛手です。

バッテリーケースであれば、USBケーブルが不要なので断線により充電できないといった心配がありません。

USBケーブルについては頑丈で高耐久な製品を強くお勧めします。

バッテリーケースを使うデメリット

これまでバッテリーケースのいい面を書いてきましたが、もちろんデメリットもあります。

デメリット1:バッテリーを搭載しているので重量増

バッテリーケースはケースとモバイルバッテリーが一体化したものです。

当たり前ですがバッテリーの分だけケースの重量が増します。初めて手にした時は「結構重くない?」と感じる人が多いでしょう。

バッテリーケースを付けたiPhone XS の重さを計測したところ、317gでした。XS本体の重量が174gなので、バッテリーケースは143g。

合わせると約1.8倍の重さです。ちょっと大きめ・上質な手帳型スマホカバーと同じくらいでしょうか。

私は2年以上バッテリーケースを愛用していますが、重さについては慣れの問題だと考えています。

かなりの長時間に渡り、片手・空中でスマホを使い続けるのでなければ問題ないでしょう。

デメリット2:デザインが可愛くない。武骨なデザインが多い

一般のスマホケースは各メーカーから様々なデザインの製品が販売されています。

バッテリー内臓ケースの場合はほとんど黒一色、余計なデザイン一切無しといったラインナップです。

完全に機能性重視です。

かわいいスマホカバーが欲しい!という女性には向かないかもしれません。

さいごに:バッテリーケースの軽量化を望む

個人的には機能性を最優先、デザインはなんでも良い派なので、バッテリーケースが手放せません。

今後、更なる軽量化が進むことを期待しています。

created by Rinker
AOPAWA
¥3,380
(2019/10/19 16:37:08時点 Amazon調べ-詳細)