浦和レッズ

【2023 浦和レッズ】A契約選手数から補強状態を読み取る!若返りをはかれるか?!

3カ年計画を掲げて挑んだ3年目、2022年の浦和レッズは、ACL決勝に進出はしましたが、J1は9位、ルヴァンベスト4とかなり物足りない結果となりました。

その結果、シーズン最終節前にロドリゲス監督との契約終了が発表されました。

2023年はACL決勝から始まります。その為、先週構成はそんなに大幅に変わらないのかなとも思います。

本記事は、2023年度の浦和レッズの選手構成を確認します。

JリーグA契約選手

 年俸の上限は無いが、人数制限があり1チーム原則25人まで。

 なお、2005年度からAFCチャンピオンズリーグに進出するチーム(原則としてJ1の上位3位までのクラブと天皇杯で優勝したクラブ)は、A契約選手を1チーム27人まで拡大することが可能となっている。これは、チャンピオンズリーグとJリーグの日程が過密(主としてチャンピオンズリーグは火・水曜日開催)であるため、選手の体力的負担を抑える目的がある。
引用:Jリーグの選手契約条件|ウィキペディア

またJリーグは、例外措置が2014年から行われていて、

「自クラブの下部組織に3年以上在籍選手は25名枠の対象外」

です。

そのためレッズは「浦和レッズジュニアユース」「浦和ユース」がその育成組織に該当し、関根・伊藤・松尾などはその対象となります。

2022 浦和レッズ 契約選手

※名前の後の(数字)は、2023年度の満年齢です。

監督

2022
2023
リカルド ロドリゲス
マシエイ スコルツァ

GK

2022
2023
1.西川(36)
1.西川(37)
12.鈴木(20)
12.鈴木(21)
16.牲川(28)
16.牲川(29)

DF

2022
2023
2.酒井(33)
2.酒井(34)
4.岩波(28)
4.岩波(29)
6.馬渡(31)
6.馬渡(32)
13.犬飼(29)
13.犬飼(30)
20.知念(25)
20.知念(26)
24.宮本(23)
24.宮本(24)
28.ショルツ(30)
28.ショルツ(31)
42.工藤(19)
42.工藤(20)
44.大畑(21)
44.大畑(22)

MF

2021
2022
3.伊藤(24)
3.伊藤(25)
8.小泉(26)
8.小泉(27)
10.ダヴィド モーベルグ(29)
10.ダヴィド モーベルグ(30)
11.松尾(25)
11.松尾(26)
14.関根(27)
14.関根(28)
15.明本(24)
15.明本(25)
19.岩尾(35)
完全移籍 →19.岩尾(36)
21.大久保(24)
21.大久保(25)
22.柴戸(27)
22.柴戸(28)
25.安居(23)
25.安居(24)
27.松崎(25)
27.松崎(26)
33.江坂(30)
33.江坂(31)
40.平野(26)
40.平野(27)

FW

2022
2023
7.ユンカー(29)
7.ユンカー(30)
9.リンセン(32)
9.リンセン(33)
17.シャルク(30)
17.シャルク(31)
26.木原(18)
26.木原(19)

2022年シーズン A契約まとめ

29名(2022年在籍)
– 0名(2022年他チームへ移籍など)
+ 1名(2023年移籍加入)
= 30名(2023年在籍)

A契約は、

30名(2023年在籍)
– 5名(2023年25名対象外 = 鈴木・関根・伊藤・松尾・工藤)
– C契約3名(安居・木原・堀内)
= 22名(2023年A契約在籍)

A契約は現時点で22人。シーズン中のA契約昇格や夏の移籍加入を考えると、単純に増える可能性はどうでしょうか?!

まだまだ不明な点が沢山ありますので、随時更新していきます。