➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
浦和レッズ

【Jリーグデータ】浦和レッズが直近5年間の積み上げた勝点は321!!

シャーレをJリーグに盗まれた2016年。やっと冷静になれてきたので、ちょっといろいろ振り返りたいと思います。

uraspo_2016_urawa

ミシャになって5年

2012年にミハイロ・ペトロヴィッチ監督になって5年がたちました。その5年で積み上げた勝点を計算してみたら、321にもなりました。

普通に考えてみて、平均64.2点。凄すぎないか?!とおもったので他チームも見てみると。

2012年
2013年
2014年
2015年
2016年
total
平均
浦和レッズ
55
58
62
72
74
321
64.2
サンフレッチェ広島
64
63
50
74
55
306
61.2
川崎フロンターレ
50
60
55
57
72
294
58.8
鹿島アントラーズ
46
59
60
59
59
283
56.6
ガンバ大阪
38
(J2)
63
63
58
222
55.5

この5年で3度優勝した広島の306よりも15も多いです。しかも広島は、ミシャが土台をつくったところに、森保が色を加えていったのに対し、浦和はミシャ就任前年は、あわやJ2降格と言うチーム状況を立て直しての成績。

2016年優勝を争った川崎が294、史上最低勝点で優勝となった鹿島が283、2014年に3冠を達成したガンバがJ2で過ごした1年があるにしても、222と浦和には到底及ばない。

これを見ると、あきらかにミシャが残した数字が凄いことが分かる。更に各年の、勝点推移を見ると、

urawa_2016

序盤から安定して、勝点を積み上げてる。確かに最後に失速しているときもあるけど。

昔、フィンケが言っていた、1試合あたり勝点2。5試合で3勝1敗1分で勝点10のペースでいけば優勝争いは必ずしているというペースで見ると、この5年常に、最初から優勝争いに絡んでいて、めちゃくちゃ凄いことが分かる。

こうやって見ると、今現在一番強いチームは「浦和レッズ」ということがわかるな〜。負け惜しみでも何でもなく。

来年、2017年こそJリーグに奪われたシャーレを取り返そう!