2018/2/28 更新

キプサングの世界記録更新宣言で注目を集めた2018年の東京マラソンでしたが、蓋を開けたら日本人選手大活躍の大会でした。

その中でも特筆すべきは、設楽悠太の日本記録!

0225_1


2018年東京マラソン

アボット・ワールドマラソンメジャーズ

世界で格式の高い6つのレースが「アボット・ワールドマラソンメジャーズ」と呼ばれいます。ボストンマラソン、ロンドンマラソン、ニューヨークシティマラソンなど、マラソンに詳しくない人でも、一度は耳にしたことがある大会が名を連ねています。

そんな大会の1つに2013年から東京マラソンが加わっています。


賞金

東京マラソンはワールドマラソンメジャーズシリーズも兼ねているため、賞金が他の大会に比べて異常に破格です。

✔ 1位 11,000,000 円
✔ 2位 4,000,000 円
✔ 3位 2,000,000 円
✔ 4位 1,000,000 円
✔ 5位 750,000 円
✔ 6位 500,000 円
✔ 7位 400,000 円
✔ 8位 300,000 円
✔ 9位 200,000 円
✔ 10位 100,000 円
世界記録:30,000,000円(1位のみ)
日本記録: 5,000,000円(国内1位のみ)
大会記録: 3,000,000円(1位のみ)


総合結果

1位:2:05:30 ディクソン・チュンバ ケニア
2位:2:06:11 設楽悠太 Honda 日本記録!! MGC
3位:2:06:33 アモス・キプルト ケニア
4位:2:06:47 キプケテル ケニア
5位:2:06:54 井上大仁 MHPS MGC
6位:2:07:30 リレサ エチオピア
7位:2:08:08 木滑良 MHPS MGC
8位:2:08:45 宮脇千博 トヨタ自動車 MGC
9位:2:08:48 山本憲二 マツダ MGC
10位:2:08:58 佐藤悠基 日清食品 MGC
11位:2:09:18 エルアラビ モロッコ
12位:2:09:36 荻野皓平 富士通
13位:2:09:43 一色恭志 GMO
14位:2:09:47 村澤明伸 日清食品
15位:2:10:00 カリウキ 日本薬科大学 ケニア
16位:2:10:13 田中飛鳥 福岡陸協
17位:2:10:14 山岸宏貴 GMO
18位:2:10:18 神野大地 コニカミノルタ
19位:2:10:21 鈴木健吾 神奈川大
 

0225_3    引用:フジテレビ

先頭争いは早々に世界新を出すと公言していたが、キプサングがリタイア。キプサングはここ1年まともに結果が出てないので、歳てきにそろそろ引退でしょうか?!

キプサングがリタイアし、ペースメーカがいなくなった30km以降、一気にレースが動き出し、ケニア勢3人が抜け出しました。ここに井上が食らいつきますが、35kmあたりで引き離されます。

そこを我慢し続けていた、ハーフマラソン日本記録保持者の設楽悠太が一気に追いつき抜き去っていきました。更に設楽悠太はケニア人2人も抜いて、2位に。

タイムもずーと15分を切るペースでお仕切り、なんとゴールタイムは16年ぶりに高岡の記録を抜いて日本記録を更新!

びっくりしたのと同時に、その4分以内(=サブ10)に日本人選手が9人もゴール。これはこれは、一気に時代が変わるターニングポイントの大会になった気がします。

ほんと凄い!

ちなみに設楽悠太は日本記録更新のボーナス1億と大会の賞金900万をゲット!



 ▼ 人気記事 ▼

▼ 仮想通貨関連の記事もよく読まれています ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史