2017/11/26 更新

箱根駅伝予選会も終わり、あとは全日本と本番の箱根を迎える学生駅伝シーズン。

先日、2018年の箱根駅伝にオープン参加する「関東学生連合」のメンバーが発表されました。

1014_1


箱根駅伝

東大・近藤選手

予選会の敗退チームから選ばれ編成される選抜チームのことを「関東学生連合」といいます。

今回の第94回大会から出場資格が変わりました。

「本選登録が1回まで」⇒「本選出場経験なし」

これにより、話題になっているのが東大の近藤です。今まで1年・2年時に登録されてしまい、今までの制度だと今年は対象外だったのですが、まだ登録のみで走ったことがないということで、今回の制度変更により一夜チームのエース候補になりました。


関東学生連合

今回選ばれたのはこの16人です。

▽選手(大学名)予選会順位(予選会記録)
20位 近藤秀一 3年 東京大学 0:59:54
36位 長谷川柊 2年 専修大学 1:00:23
43位 中島大就 2年 明治大学 1:00:34
56位 田部幹也 3年 桜美林大 1:00:46
69位 相馬崇史 1年 筑波大学 1:00:56
76位 根岸祐太 3年 慶応大学 1:00:58
82位 金子 鷹 3年 東京農大 1:01:01
84位 溜池勇太 2年 日本薬科 1:01:01
88位 矢澤健太 4年 芝浦工大 1:01:04
90位 宮田 僚 2年 麗澤大学 1:01:05
92位 阿部 涼 2年 日本大学 1:01:06
114位 田崎聖良 2年 亜細亜大 1:01:17
120位 後藤蓮也 4年 平成国際 1:01:21
136位 田島 光 3年 関東学院 1:01:29
141位 谷野稜弥 4年 流通経済 1:01:32
142位 河口昂平 4年 駿河台大 1:01:32

▽スタッフ
監督 武者由幸(日大駅伝監督)
コーチ 山本佑樹(明大長距離コーチ)
コーチ 長谷川淳(専大監督)
マネジャー 山田幸輝(神奈川大)

チームの10番目の選手が90位です。

予選通過チームに10番手が100位以内のチームはありませんでした。

予選会敗退のチームの選手とはいえ、各チームのトップ選手が集まっただけのことはあります。

ただエースといえる、59分台で走った選手は近藤のみです。そのため上位10人の合計タイムは、

10時間07分42秒

総合成績で比較すると、7位の国士舘大より少し上といった感じです。

ただ逆に穴はなく、恐らく宣言通り、近藤が1区を走り上位でこれたら結構前目でずーと行けるのではないでしょうか?!

個人的注目は、唯一の1年生である筑波大学の相馬です。

駅伝好きなら知っているかもしれませんが、佐久長聖高校出身で去年の高校駅伝では6区を走り区間2位でした。

関連記事:【2016高校駅伝】結果速報。「倉敷」初優勝。

駅伝強豪チームに入れる実力があったのにもかかわらず、筑波大に進学し、そして弘山監督の元、着実に力を伸ばしています。

佐久長聖押しのぼくとしては、活躍を期待します。

関連記事:2017年度の佐久長聖の層があつい。都大路で高校記録を作れるか?!


出場選手決定

(2017/11/26 追記)

1万メートルの記録挑戦競技会が行われ、箱根駅伝予選会とこの記録会のタイムで合算した上位10人が本戦の選手に決まりました。

区間は基本上位から希望で決まる予定です。

1位:近藤秀一(東大3年)   1時間29分7秒71
1位:長谷川柊(専大2年)   1時間29分33秒15
1位:中島大就(明大2年)   1時間29分47秒76
1位:金子 鷹(東農大3年)  1時間30分21秒41
1位:相馬崇史(筑波大1年)  1時間30分23秒77
1位:田部幹也(桜美林大3年) 1時間30分32秒26
1位:溜池勇太(日本薬科大2年)1時間30分41秒75
1位:阿部 涼(日大2年)   1時間30分44秒52
1位:根岸祐太(慶大3年)   1時間30分49秒74
1位:田崎聖良(亜大2年)   1時間31分1秒41
1位:矢沢健太(芝浦工大4年) 1時間31分1秒99
1位:田島 光(関東学院大3年)1時間31分15秒10
1位:宮田 僚(麗沢大2年)  1時間31分44秒08
1位:谷野稜弥(流通経大4年) 1時間32分11秒68
1位:河口昴平(駿河台大4年) 1時間32分12秒36
1位:後藤蓮也(平成国際大4年) 記録なし(途中棄権)

注目の東大・近藤は1区を希望している模様です。



 ▼ 人気記事 ▼