0923_11

2018/9/27 更新

一般社団法人Mリーグ機構は、競技麻雀の普及と発展を目的としてプロ麻雀リーグ「Mリーグ」を発足させました。

発起人はサイバーエージェント社長の藤田晋氏。顧問に川淵三郎氏をおいてスタートさせました。


麻雀・Mリーグとは?!

0923_3        引用:公式HP

数多くいる麻雀プレイヤー達の中から、ほんの一握りのトッププロだけが出場できるナショナルリーグという位置づけで、今までの個人戦でなくチーム対抗戦になります。服装もチームで統一しチームの威信をかけ競い合います。

麻雀プロはすでにたくさんの団体があり、調べてみると11団体もあります。しかしプロ団体横断のチーム対抗戦はほとんどありませんでした。

Mリーグは、この11プロ団体のうち、5団体(最高位戦・麻雀連盟・麻将連合・麻雀協会・RMU)に所属する選手たちから選ばれた、トッププロたちによって争われるリーグ戦となります。

優勝チームを決めるために、7チームが1チームあたり80試合を戦い、上位4チームが優勝決定戦(クライマックスリーグ)としてさらに24試合を行い、決定します

日程は、2018年10月1日に開幕し、2019年3月まで。


Mリーグの設立背景・目的

日本国内において麻雀が親しまれ、現在プロ団体に所属するプロ雀士は数千人にものぼると言われる一方で、博打のイメージが強いことやそのルールの複雑さなどが理由で、長年、麻雀における社会的地位の向上が進まないという歴史がありました。

しかしながら2017年4月、麻雀は国際マインドスポーツに認定され、近年はオンライン麻雀ゲームや麻雀の対戦が視聴可能なインターネット動画が登場、また認知症予防に効果があるとして高齢者を中心に健康麻雀が人気となるなど、麻雀の幅広いファン層獲得の追い風となっております。

このほかにも、eスポーツがプロ化されるなど近年、多様なスポーツが幅広い方に楽しまれており、このたび麻雀のプロスポーツ化を目的に設立された一般社団法人Mリーグ機構では、プロ麻雀リーグ「Mリーグ」の発足を通じて日本国内においても麻雀の競技化、健全化を図り、麻雀自体の社会的地位の向上及び認知の拡大、新たなファンの獲得を目指します。

引用:公式HP


麻雀・Mリーグ 賞金

Mリーグの特徴の1つに、これまでにないほどの高い賞金が挙げられます。

麻雀大会は、最強戦で賞金200万円が最高で、それ以外は大体50~100万円程度です。しかしこれに対して、このMリーグの優勝賞金は、なんと5000万円です。

文字通り桁が違います!!

初代会長の藤田晋の手腕がおもいっきり発揮されたと思われますが、高額に出来た理由として、電通・博報堂・テレビ朝日などの有名企業がスポンサーとしてついたからです。

どの企業も先程の設立背景に共感されたのではないでしょうか?!


麻雀・Mリーグ ルール

✔ 東南戦:東南戦で一発裏ありのアリアリルールを採用
✔ 赤入り:萬子、筒子、索子に各1枚ずつ赤牌を入れる
✔ 自動配牌:サイコロを振り、取り出しの時間短縮
✔ 特徴:ユニフォーム着用。これまでのスーツではなくイメージを一新。ユニフォームを着て戦うスポーツへ。


麻雀・Mリーグ 参加チーム

✔ 赤坂ドリブンズ:株式会社博報堂DYメディアパートナーズ
✔ EX風林火山:株式会社テレビ朝日
✔ KONAMI 麻雀格闘倶楽部:株式会社コナミアミューズメント
✔ 渋谷ABEMAS:株式会社サイバーエージェント
✔ セガサミーフェニックス:セガサミーホールディングス株式会社
✔ TEAM RAIDEN / 雷電:株式会社電通
✔ U-NEXT Pirates:株式会社U-NEXT


各チーム公式ツイッター

✔ 赤坂ドリブンズ:@AkasakaDrivens
✔ EX風林火山:@WHI2G79UAnl4l6w
✔ KONAMI 麻雀格闘倶楽部:@mfcmleague1
✔ 渋谷ABEMAS:
✔ セガサミーフェニックス:@SEGASAMMY_PNX
✔ チーム雷電:
✔ U-NEXT Pirates:@unext_pirates


麻雀・Mリーグ 日程

✔ 10月~2月:毎週月・火・木・金曜日 午後7時~
✔ 3月(優勝決定戦):毎週土・日曜日 午後7時~(※16・17日除く)

0923_50923_60923_70923_80923_90923_10        引用:公式HP


麻雀・Mリーグ ドラフト会議

所属選手は各チームにつき3名となり、2018年8月7日(火)20時よりグランドプリンス高輪にて行われるドラフト会議により決定します。チームごとに各卓に座り指名、3巡目まで行いますが、希望選手が重なった場合は、チーム代表者が抽選にて交渉権の獲得を争奪するルールです。

ドラフト会議の模様は、インターネットテレビ局「AbemaTV」にて中継を予定。

第一巡、第ニ巡では各チームの指名が重複なしで順調にすすみました。

しかし第三巡の指名では、赤坂ドリブンズ、渋谷ABEMAS、U-NEXTPiratesの3チームが「鈴木たろう」をめぐって激突、抽選の結果、交渉権獲得をしたのは赤坂ドリブンズとなりました。

また、先日「Mリーグ」参加を目指して日本プロ麻雀連盟に入団したことが話題となった「萩原聖人」の交渉権獲得したのは、ドラフト1位指名を行ったTEAM RAIDEN/雷電でした。


麻雀・Mリーグ 所属選手

0923_2        引用:Abema 麻雀 TIMES

Mリーグは、参加する7チームから指名されたプロ雀士21人が、交渉を経て契約を結んだことを発表しました。

Mリーグは7月17日に発足、8月7日にはドラフト会議が行われ、10月1日に開幕します。


赤坂ドリブンズ

✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 園田賢
✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 村上淳
✔ 日本プロ麻雀協会 鈴木たろう


EX風林火山

✔ 日本プロ麻雀連盟 二階堂亜樹
✔ 日本プロ麻雀連盟 滝沢和典
✔ 日本プロ麻雀連盟 勝又健志


KONAMI 麻雀格闘倶楽部

✔ 日本プロ麻雀連盟 佐々木寿人
✔ 日本プロ麻雀連盟 高宮まり
✔ 日本プロ麻雀連盟 前原雄大


渋谷ABEMAS

✔ RMU 多井隆晴
✔ 日本プロ麻雀連盟 白鳥翔
✔ 日本プロ麻雀協会 松本吉弘


セガサミーフェニックス

✔ 日本プロ麻雀連盟 魚谷侑未
✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 近藤誠一
✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 茅森早香


TEAM RAIDEN / 雷電

✔ 日本プロ麻雀連盟 萩原聖人
✔ 日本プロ麻雀連盟 瀬戸熊直樹
✔ 日本プロ麻雀連盟 黒沢咲


U-NEXT Pirates

✔ 麻将連合 小林剛
✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 朝倉康心
✔ 最高位戦日本プロ麻雀協会 石橋伸洋


選手名鑑まで発売されました。ほんとに盛り上がりそうです(^^)


Mリーグ開幕



 ▼ 人気記事 ▼