2017/12/25 更新

2017年の高校駅伝は長野県代表の「佐久長聖高校」が前評判通りの優勝で幕を閉じました。

では、早速結果をどうぞ〜。

1224_1

詳細の結果は「NHK」のサイトへ。


全体順位

1位:2°02′44″ 佐久長聖・長野
2位:2°04′11″ 倉敷  ・岡山
3位:2°04′59″ 仙台育英・宮城
4位:2°05′00″ 大分東明・大分
5位:2°05′20″ 一関学院・岩手
6位:2°05′22″ 浜松日体・静岡
7位:2°05′25″ 札幌山の手・北海道
8位:2°05′32″ 須磨学園・兵庫


区間賞

1区:中谷雄飛 3年 佐久長聖 29:15
2区:服部凱杏 1年 佐久長聖 8:06
3区:ニジオカ 3年 倉敷   23:11
4区:本間敬大 3年 佐久長聖 23:28
5区:小野一貴 3年 倉敷   8:41
6区:鈴木芽吹 1年 佐久長聖 14:20
7区:下舘真樹 3年 一関学院 14:20


上位4チームの区間タイム

 
校名
1区
2区
3区
4区
5区
6区
7区
佐久長聖
中谷雄飛 3
29:15 1
29:15 1
服部凱杏 1
8:06 1
37:21 1
松崎咲人 2
24:21 7
1:01:42 2
本間敬大 3
23:28 1
1:25:10 2
富田陸空 1
8:42 2
1:32:52 2
鈴木芽吹 1
14:20 1
1:48:12 1
山本 嵐 3
14:32 3
2:02:44 1
倉敷
北野太翔 3
29:33 3
29:33 3
名合治紀 3
8:20 4
37:53 3
ニジオカ 3
23:11 1
1:01:04 1
若林陽大 2
23:54 8
1:24:58 1
小野一貴 3
8:41 1
1:33:39 1
八木志樹 2
14:51 8
1:48:30 2
円 健介 2
15:41 45
2:04:11 2
仙台育英
齋藤龍之介 3
31:01 28
31:01 28
吉居大和 1
8:17 2
39:18 23
ムセンビ 2
23:33 2
1:02:51 4
小島優作 3
24:04 13
1:26:55 6
亀鷹大輝 2
8:51 6
1:35:46 4
會田純己 3
14:41 3
1:50:27 4
喜早駿介 1
14:32 3
2:04:59 3
大分東明
熊谷 奨 2
30:15 14
30:15 14
木付 琳 3
8:31 18
38:46 13
モゲニ 2
23:39 3
1:02:25 3
久綱一輝 3
23:53 7
1:26:18 3
麻生 樹 3
9:10 25
1:35:28 5
遠入 剛 1
14:49 5
1:50:17 3
三代和弥 3
14:43 8
2:05:00 4
 引用:NHK


終わってみて

レース展開は予想通り、佐久長聖と倉敷の一騎打ち。

佐久長聖にとってはプラン通りだったと思います。(ある意味倉敷もプラン通りだったかと思いますが。)

1区2区でリードを奪い、3区で最小限のリードで済ませ、それ以降で再逆転。監督の狙い通りの内容かと。

その中でも6区鈴木の快走は設定より良かったのではないかと。これで1年生。佐久長聖は今回下級生が4人もメンバー入り。来年も問答無用で優勝候補です。


佐久長聖

1区の中谷はもっと記録を出せたはずです。恐らく28分50秒切りを狙ってのスタートの飛び出しだったはず。それが思った以上にスピードが出ず、本人談では7kmから勝負に切り替えたと。それでもあまり後続を離せず。。。

恐らくピーキングがちょっと合わなかったのかもしれません。でも世代最強は最後も証明できました。

4区本間は明らかに、まず去年の失敗をしない走りになっていたように見えます。それでも実力が抜けているので最低限の役目は果たせたなと。

2区服部、6区鈴木は来年13分台を目指して欲しいし、出来ると思います。

2018年は3年生が抜けても上位7人で、既に14分30秒切り。今度こそ1分台目指して欲しいです。


倉敷

レース展開は予想通り。1区の北野はホント良かったです。そしてニジオカで首位に立ち、4区が粘り5区も区間賞。ここまで文句なし。

6区・7区が想定外になってしまいましたが、佐久長聖の鈴木が良かったのでしょうがない。個人的には2区の名合が6区か7区を走れていたらなと思いますが。。。結果論なのでしょうがない。


▼ 2017年度の高校駅伝の記事はこちら ▼

【2017高校駅伝】今年の優勝するチームはどこか?!検討してみました



 ▼ 人気記事 ▼