仕事・副業・複業

【2018年版】オンラインアシスタントとは?!各社サービスを比較!

0428_2

2018/9/4 更新

時代はどんどん変化しています。

最近は働き方も変わってきていて、出社しないで在宅などで仕事をするリモートワーカーが増えてきました。

そのため、社長や役員クラスなども、スマホなどを駆使してスケジュール管理や仕事のタスク管理をオンラインでお願いするというパターンも増えてきています。

そんな時代変化を予言してか、今、オンラインアシスタントというサービスが増えてきています。

今回は、多数あるオンラインアシスタントサービスを比較まとめてみることにしました。

オンラインアシスタントとは?

馴染みのない「オンラインアシスタント」という言葉ですが。

逆に意味は汲み取りやすく、名前の通りインターネットを通じたアシスタント(秘書)業務です。

出社せずに、オンライン上であなたの業務をサポートしていくサービス形態をとっています。

内容的には幅広く対応していて、ホントの秘書のようにスケジュール管理するといったものから、アシスタントという意味合いが強い雑務といった業務まであります。

オンラインアシスタントは、人対人の接触がないため、多数のメリットとデメリットがあります。

実際に業務を依頼する際は、あなたの求める内容と合致しているか十二分に確認してください。

もし適しているようであれば、あなたの仕事の手助けとなりえるでしょう。

オンラインアシスタントを使用してほしい人

オンラインアシスタントはこんな方々に使用してほしいサービスです。

✔ 雑務が多すぎて、コア業務に集中ができない方。
✔ 新しい人を採用したいが、コストはあまりかけられない経営者の方
✔ スキル・経験がある人に一時的に業務を手伝ってもらいたい方

このような悩みを抱えている経営者・社長、採用人事の方、個人事業主の方はおすすめです。

オンラインアシスタントのメリットデメリット

オンラインアシスタントは今までの主流となる秘書と業務の形態が全然違います。オンラインで行う性質上、今までと全然違うメリットとデメリットがあります。

以下に主なものについてまとめてみました。

メリット

✔ 料金が安い
✔ 業務集中ができる
✔ 採用までの道のちが早い
✔ クオリティが保証されている

まず必要な時に必要な分だけ依頼することができるので、無駄な人件費・設備費などのコストがかかりません。またあなたの依頼した仕事を別の場所で集中してやるため、他かからの横槍が入らず集中して仕事を仕上げてきれくれます。

そしてこれから紹介するオンラインアシスタントは、即戦力人材を厳選して採用しているため、クオリティが保証されています。新人研修のようなトレーニングをする必要がなく、すぐに業務発注をすることができます。

デメリット

✔ 意思疎通が測れない
✔ 全て電子化が必要

面と向かって話すことがないので、中途半端な依頼をすると相手も何をしたらいいかわからないし、もしかしたら意図を履き違えて、成果物が異なった物が上がってくる可能性があります。

そのため、事前に詳細な業務依頼をする必要があります。

またインターネットのオンライン上で仕事が完結するので、紙媒体の仕事は行うことが出来ません。もしあなたが電子データと紙の混在する仕事を依頼する場合は注意が必要です。

オンラインアシスタントの価格

一般的なプランは、
✔ 「稼働時間/月」でプランが形成
✔ 1カ月あたり30時間までの依頼
✔ 3カ月契約・6カ月契約・12カ月契約のプランが用意されている

標準的な価格としては、1カ月あたり20~30時間程度のライトプランで、月額5万円~10万円というのが目安になります。

オンラインアシスタントの会社

フジ子さん

0428_3

最初は日本ではなく、インドネシアで始まった会社です。

日本でのサービス開始は、2017年3月と比較的新しい会社になります。

【主な業務内容】
✔ 経理
✔ 秘書・総務
✔ 人事
✔ Webサイト運用

それぞれ一定の経歴を有する専門性の高いスタッフがチームで対応するとされています。料金プランに特徴があり2週間の無料トライアルから本サービスという流れになっています。

【料金プラン(本サービス)】
✔ PLAN20(月20時間)4.7万円
✔ PLAN30(月30時間)6.9万円
✔ PLAN50(月50時間)9.9万円

1カ月単位での契約で、使いやすい値段設定がポイントです。まずはオンラインアシスタントを試てみたい人におすすめです。

ビズアシスタント オンライン

0430_3

クラウドソーシングサービス最大手のクラウドワークスが実施しているオンラインアシスタントサービスです。

特徴として、他社と比較し、非常に人材が多いために幅広い業務に対応できます。

アシスタントとなるのはクラウドワークスで高評価を得て、事務局の面接を通過した者で、担当者を交えて行う三者面談を経てからの契約となります。

【主な業務内容】
✔ データ入力・処理
✔ 提案書・報告書などの資料作成
✔ 会計・記帳経理サポート
✔ Webサイト・ブログ更新
✔ リサーチ
✔ 一般事務・秘書業務
✔ カスタマーサポート業務
✔ バイリンガル事務

【料金プラン(本サービス)】
✔ ライト(1カ月)9.0万〜
✔ レギュラー(3カ月)8.55万〜
✔ シルバー(6カ月)8.1万〜
✔ ゴールド(12カ月)7.65万〜
の4種類があり、それぞれ稼働時間を30時間・60時間・90時間の中から選べます。

また、どこにすればいいかわからない方用にカスタムプランとして適切な提案や見積もりを行ってくれるサービスもあります。

DESK YOU

0430_4

「DESK YOU」は元々の事業者がWeb会社であるため、Web関連のサポートに強みがあります。

オンライン上での仕事になりますが、Skypeなどを利用して顔を突き合わせたmeetingなども可能です。

【主な業務内容】
✔ 秘書
✔ Web製作・デザイン
✔ 総務
✔ 経理

料金プランも5時間分の無料トライアルが付いてるので安心です。そこからの本契約になります。

【料金プラン(本サービス)】
✔ 月20時間 4.8万
✔ 月30時間 7.1万
✔ 月50時間 11.7万
のプランが有り、もしこの時間を超えた場合は1時間につき2800円となっています。

他にもまだまだあります

ここまで紹介した3社以外にもまだまだオンラインアシスタントを扱っているサービス会社はあります。

キャスタービズ
i-Staff
OnSec
Genny
Asqme
Kaori-san
CLARY
HELP YOU
ジェームズ
猫の手アシスタント
BizMow

結局どこがオススメ?!

最安値

各社、サービスの内容や料金体系が、多種多様なので一概にはどこが最安値とも決め難いところがあります。

しかし、オンラインアシスタント「フジ子さん」が1ヶ月あたり30時間で月額49800円と、同程度のプラン・稼働時間で比較すると最安値だと思って間違いありません。

またトライアルがまず無料だったり安価だったりする会社もあるので、とりあえずお試しとして依頼してみるのもありです。

さいごに:オンラインアシスタントを活用しよう

あなたの在宅ワークを手助けしてくれる「オンラインアシスタント」

サービスを提供する会社にも様々な種類と特徴があります。

あなたの仕事を行う上で、あなたが何を必要としているか充分考慮し、あなたの仕事に適しているところを選びましょう。