➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【2017 箱根駅伝 往路】青山学院が往路優勝。3連覇へ好発進。

2017/1/2 更新

2017年の箱根駅伝の往路が終わりました。順当に青山学院が優勝しました。しかしタイム差や順位などを見ると、波乱の往路だったようにもみえます。

それでは結果をどうぞ〜〜!

uraspo_hakone_2017_1_results

総合結果 往路

1位 青山学院大  5:33:45
2位 早稲田大   5:34:18
3位 順天堂大   5:36:09
4位 東洋大    5:36:25
5位 駒澤大    5:37:46
6位 神奈川大   5:38:11
7位 中央学院大  5:38:19
8位 上武大    5:39:13
9位 創価大    5:39:24
10位 日本大    5:39:54
11位 帝京大    5:40:06
12位 法政大    5:40:17
13位 日本体育大  5:40:28
14位 拓殖大    5:40:36
15位 東海大    5:41:44
16位 山梨学院大  5:41:56
17位 明治大    5:44:42
18位 大東文化大  5:45:29
19位 国学院大   5:46:51
20位 国士舘大   5:54:57
OP  関東学生連合 5:49:45

(参考)
第92回往路TOP3
1位 青山学院大  5:25:55
2位 東洋大    5:28:59
3位 駒澤大    5:31:15

順位は予想通りの無難な結果でしょうか。しかし総合タイムは去年に比べると8分程度遅いです。いくら1区が遅かったとはいえ、他の区間は基本単独走で地力が出やすいだけに、ちょっと残念です。

タイム差でみてみると、トップ青学と2位早稲田の差は33秒。東洋とは2分40秒。駒澤とは4分1秒差。東海、山梨ははるか後方。早稲田と東洋にとっては、恐らく想定していた最低ラインの結果かと思われます。できれば青学より前でゴールしたかったはずです。ってかしないと総合優勝が厳しいと考えていたはず。逆に青学にとっては最高の結果だったかと思います。復路の残っているメンバーを見ても、33秒差というタイム差以上に有利かと思います。

(各新関連記事)
>>青学大が総合力でリード 早大逆転は6区で追いつくことが条件
>>復路で逆転総合Vは過去29回 直近は11年早大が27秒差ひっくり返す
>>往路VTR…5区間の区間賞全て異なる5大学
>>【復路展望】今年は“復路の青学” 独走の可能性十分だが…
>>熱いシード争い41秒以内に5校!20校参加で2番目の接戦
>>逆転劇は青学大アクシデント発生時のみ…復路展望

各区間結果

1区

1位 服部弾馬  4年 東洋   1:03:56
2位 鬼塚翔太  1年 東海   1:03:57
3位 武田凛太郎 4年 早稲田  1:03:59
4位 梶谷瑠哉  2年 青山学院 1:04:00
5位 山藤篤司  2年 神奈川  1:04:01

終始スローペースで進み、東洋・服部、早稲田・武田、駒澤・西山、青学・梶谷、東海・鬼塚、神奈川・山藤によるスパート勝負になり、最後は服部が意地を見せ区間賞を獲得。1区の順位としては想定通りでしたが、タイムやタイム差でいうとかなり想定外の結果だと思われます。東洋と早稲田にとっては、最低限の想定していた結果。ここでホントは青学に1分差つける展開が最高なプランと考えていたはずです。逆に青学にとっては最高の結果だったでしょう。

いろいろあるのでしょうが、なぜ服部は5kmの飛び出しで、そこからひたすらプッシュし続けなかったのでしょうか?!東洋の優勝を考えると、その方が良かったと思うのですが。。。

終始スローペースだったため、16位までがトップから1分以内。往路結果で予想外のチームが上位に進出した1要因となりました。

日体大・小松が区間13位、日大・石川が区間16位だったのも意外。そして2区に大砲をもっている山梨学院・伊藤がまさかの20位でタスキリレー。厳しいスタートとなりました。

2区

1位 鈴木健吾 3年 神奈川  1:07:17
2位 デレセ  2年 拓殖   1:07:50
3位 一色恭志 4年 青山学院 1:07:56
4位 ムイル  1年 創価   1:08:05
5位 塩尻和也 2年 順天堂  1:08:06

1区同様、かなり意外な結果になりました。

まず悪かったのが、一色とニャイロ。そして凄く良かったのが鈴木。それ以外の選手は実力通りの順等な結果かな。

鈴木の走りは、ホントすばらしかったです。1区の山藤の区間5位といい、神大にとっては予想以上の最高の結果でした。タイムも去年のニャイロより3秒良いタイムです。一色はここにピークを持って来なかったのかもしれません。しかし7分台に収めるあたりは流石です。それに比べて、青学の前に出たかった早稲田・永山が思ったほど伸びなかったです。全日本の走りを期待したのですが、そこまではいかなかった。

4人の留学生がベスト10に入りましたが、特にデレセが素晴らしかったです。ムイルは想像以上。来年が楽しみです。そしてニャイロはホントどうしたんでんしょうか?!結局2区終了時点で18位と全く浮上できず。山梨の戦略が完全に変わってしまいました。

順天堂、拓殖の2チームは、シード権外から一気に上位まで上がってきました。塩尻の走りはまさにエース。五輪出場で更に一皮むけたように感じました。

東海大・關と中央学院・高砂の2人の1年生は箱根の洗礼を受けました。もう少し慎重に走れば8分台は出せたのかなと思ったりもしましたが、まあ仕方ないです。来年はリベンジして欲しいです。

3区

1位 秋山雄飛 4年 青山学院 1:03:03
2位 平 和真 4年 早稲田  1:03:32
3位 口町 亮 4年 東洋   1:03:41
4位 吉田亮壱 3年 日体   1:04:07
5位 浜川 駿 2年 帝京   1:04:14

トップ神奈川を青学・秋山が、じ〜〜くりと追い上げ、逆転してトップに。そして後半さすがの伸びを見せて区間賞でした。早稲田・平は、ハイペースで追い上げ、結局2位まで順位を上げましたが、先頭とのタイム差は1分22秒まで広がりました。東洋・口町も怪我明けの中、区間3位の走りで順位を4位まで上げました。流石でした。

4区

1位 栃木 渡  3年 順天堂  1:03:36
2位 森田歩希  2年 青山学院 1:03:43
3位 鈴木洋平  4年 早稲田  1:03:50
4位 櫻岡 駿  4年 東洋   1:03:52
5位 セルナルド 4年 創価   1:04:17

距離変更により注目された4区でしたが、予想通り他の区間に比べてタイム差は大きく、順位変更が大きい区間でした。

この区間も青学の森田が7秒差の区間2位と大健闘。早稲田、東洋より上の順位だったのは、あまりプランになかった想定外の結果だと思います。これで往路優勝が見えてきました。

逆に早稲田、東洋としては相当厳しくなりました。特に東洋は4区でトップに立つつもりだったでしょうから、かなり計算が狂いました。早稲田はまだぎりぎりいけるかなというところ。

順天堂の栃木は、圧巻の走りで、一気に6位まで順位を上げました。すばらしい走りでした。駒澤の中谷は厳しい走りになっちゃいました。最後の箱根だけに悔いだけが残る残念な結果だったと思います。

5区

1位 大塚祥平 4年 駒澤   1:12:46
2位 森田清貴 4年 上武   1:12:49
3位 細谷恭平 3年 中央学院 1:13:08
4位 安井雄一 3年 早稲田  1:14:07
5位 山田 攻 2年 順天堂  1:14:12

区間賞の駒澤大塚は、当然と言うか前評判通りでしたの素晴らしい結果でした。しかしタイムや2位以下とのタイム差は、さほど思ったほどじゃないなという感じでしょうか。後は上武大の森田がすばらしい走りでした。殊勲の走りで、往路8位の立役者に。初めてのシード獲得へ大前進。中央学院・細谷も強い走りで山下りには樋口がいるだけに、東洋まで追いつける距離にいけるかもしれません。青学は最後スピードが落ちて33秒まで詰められ、明日どうなるか。

各大学結果

1位 青山学院大  5:33:45

1区 梶谷瑠哉 1:04:00 区間4位
2区 一色恭志 1:07:50 区間3位
3区 秋山雄飛 1:03:03 区間1位
4区 森田歩希 1:03:43 区間2位
5区 貞永隆佑 1:15:03 区間8位

結果オーライで往路優勝。そういう意味ではホント強いです。

4秒差で梶谷が2区のエース・一色につなぎ、一色はすぐに先頭で集団を引っ張るが、神奈川の鈴木が前に出ると、トップを譲って2位で3区へ。中継所の時点で神奈川との差が38秒だったが、これを秋山が一気にひっくり返して、そのまま突き放す。その後はトップを譲ることなく、4区・森田、5区・貞永も快走し往路を制しました。

1区と4区が区間賞と秒差で走り切ったことがトップを引き寄せたと要因かと思います。区間配置では、調子が良いか悪いか、経験は薄いけどこれからの選手かというような判断基準でオーダーを組んだように見えます。大砲の一発でどうにかしたいというチームではなく、堅実にコツコツときちんとたすきをつないでいけば勝てる力を見せた、分かっていたことですが総合力が非常に高い印象でした。

一色は全日本大学駅伝の疲れや、次回に控えるマラソンへの調整もあり、結果、箱根に合わせていたという感じには見えませんでした。チームとしても、きっちり走ってくれればいいという感じのレースだったのかと。びわ湖毎日マラソンに期待したいです。

(各新関連記事)
>>往路V青学大・原監督、余裕の主力3枚残し
>>原マジックで3冠&3連覇に王手
>>3区の青学大・秋山、後はぐんぐんと差を広げて
>>青学大、“湘南の神”で往路V3!秋山が区間賞の快走で逆転
>>湘南の神現る!秋山3区2年連続区間賞 青学大往路3年連続制覇
>>青学大「総合力」の勝利 エースが区間3位も初陣貞永5区で粘り
>>往路V青学大・エース一色、区間賞ならず
>>往路V青学大“不思議系ランナー”3区の秋山、2年連続区間賞で奪首!
>>青学大・原監督「33秒勝ったことはうれしい誤算だ」優勝確率93%
>>青学大V3&3冠王手 原監督はフライング勝利宣言
>>往路3連覇の青学大・原監督 総合3連覇に自信の笑み

2位 早稲田大   5:34:18

1区 武田凜太郎 1:03:57 区間3位
2区 永山博基  1:08:50 区間10位
3区 平 和真  1:03:32 区間2位
4区 鈴木洋平  1:03:50 区間3位
5区 安井雄一  1:14:07 区間4位

1位青学と33秒差の2位。結果だけ見ると、まずまずの結果ですが、細々見るとちょっともったいなかったかなと。
本当はリードしたかったと思いますが、まあ仕方ないです。

1区でリード出来なかったのと、2区が想定より悪かったのが痛かったと思います。

(各新関連記事)
>>早大“王者”の背中見える33秒差2位 復路で逆転優勝狙う
>>早大、逆転Vへ33秒差2位!相楽監督「十分に射程圏内」/箱根駅伝
>>早大、復路組は絶好調!平主将「期待できる」
>>早大まだ届く2位 「こんなもんか!」沿道からの声が安井の心に火
>>早大“王者”の背中見える33秒差2位 復路で逆転優勝狙う
>>往路2位早大、5区安井が粘った区間4位
>>早大、逆転総合Vへ相楽駅伝監督「33秒差は射程圏。3、4人入れ替える」

3位 順天堂大   5:36:09

1区 西澤卓弥 1:04:44 区間15位
2区 塩尻和也 1:08:06 区間5位
3区 野田一輝 1:05:31 区間16位
4区 栃木 渡 1:03:36 区間1位
5区 山田 攻 1:14:12 区間5位

塩尻がエースの働きを見せました。去年同様、好走しチームに勢いをつけたと思います。その結果が順天堂の往路3位に繋がりました。

(各新関連記事)
>>下克上Vへ堂々の3位 山田攻が快走“山”を“攻”め抜いた
>>塩尻、8人抜きで流れ変えた!下克上へ順大3位
>>順大3位 「元祖・山の神」今井の再来!福島出身・山田で山越えた
>>下克上Vへ堂々の3位 山田攻が快走“山”を“攻”め抜いた
>>往路3位順大、4区栃木が区間賞!骨折同僚の分まで
>>3位順大・長門監督ニヤリ「復路に選手残してます」

4位 東洋大    5:36:25

1区 服部弾馬 1:03:56 区間1位
2区 山本修二 1:09:05 区間11位
3区 口町 亮 1:03:41 区間3位
4区 櫻岡 駿 1:03:52 区間4位
5区 橋本 澪 1:15:51 区間12位

レースプランは服部で抜け出して、常に先頭で走り青学にプレッシャーをかける予定だったと思いますが、1区の秒差、2区の区間11位で崩れ去りました。なんとか3区4区で盛り返すも、山登りで。。。

復路は現実的には2位狙いになるのかなと思います。

(各新関連記事)
>>往路4位東洋大、2区3位も口町ら4年が挽回
>>東洋大4位に白旗 凡タイムに酒井監督「総合優勝はかなり難しい」

5位 駒澤大    5:37:46

1区 西山雄介 1:04:04 区間6位
2区 工藤有生 1:08:09 区間6位
3区 下 史典 1:04:33 区間8位
4区 中谷圭佑 1:08:14 区間18位
5区 大塚祥平 1:12:46 区間1位

う〜〜ん。前半並に乗れず4区である意味トドメを刺されました。中谷の調子はどうだったのだろうか?!大塚が良かっただけに非常に残念です。往路に主力を注ぎ込んでしまったため、復路は粘りの展開になるのかなと思います。

(各新関連記事)
>>往路5位駒大、山のエース大塚が意地の4人抜き区間賞
>>駒大エース大ブレーキ、監督嘆く「往路取れた」

6位 神奈川大   5:38:11

何と言っても、1区山藤・2区鈴木の活躍が凄かったです。

1区山藤の流れを受け、鈴木が力を発揮しやすい展開になりました。元々、箱根駅伝予選会でも鈴木は強さを見せていたので、本番でも自信を持って臨めたように見えました。

鈴木は予選会でもそうでしたが、15キロを過ぎてから、起伏がある残り5キロの中で、逆に伸びてくる走りが見られました。権太坂に入ったところで、後ろを向いて揺さぶるシーンも見せましたが、下りでパッと前に出て、後半の上りも何とも思っていないような走りを見せ、凄くタイム以上に強さを感じました。

(各新関連記事)
>>往路6位神奈川大、2区鈴木健“神ってる”走りで区間賞
>>“伏兵”鈴木、花の2区で神奈川大史上初区間賞!
>>神大6位 “伏兵”鈴木健が「花の2区」主役 歴代8位の好走
>>「花の2区」は神大・鈴木健、監督「まさか…」

7位 中央学院大  5:38:19

1区 大森 澪 1:04:19 区間8位
2区 高砂大地 1:09:50 区間15位
3区 横川 巧 1:04:57 区間12位
4区 新井翔理 1:06:07 区間11位
5区 細谷恭平 1:13:08 区間3位

(各新関連記事)
>>往路7位中央学大、山の采配的中!細谷が5区3位大健闘「気合でいった」
>>「気合で」5区4人抜き、中央学院シードへ前進

8位 上武大    5:39:13

(各新関連記事)
>>往路8位上武大、5区・森田主将が8人抜き快走!初のシード獲得見えた

9位 創価大    5:39:24

(各新関連記事)
>>往路9位創価大・瀬上監督、シード権獲得へ「ウチは守るものはない」
>>往路9位創価大、監督「120点」…シード狙う

10位 日本大    5:39:54

(各新関連記事)
>>往路10位日大、石川&ワンブィ伸びず…武者駅伝監督「1区と2区でもう少し」

11位 帝京大    5:40:06

(各新関連記事)
>>往路11位帝京大、5区佐藤が区間18位“まさか”の失速

12位 法政大    5:40:17

(各新関連記事)
>>往路12位法大・坪田駅伝監督「100点。よく走ってくれた」シード権争いに自信

13位 日本体育大  5:40:28

1区 小松巧弥 1:04:32 区間13位
2区 小町昌矢 1:10:40 区間18位
3区 吉田亮壱 1:04:07 区間4位
4区 富安 央 1:06:06 区間10位
5区 辻野恭哉 1:15:04 区間9位

(各新関連記事)
>>往路13位日体大・渡辺駅伝監督、復路の秋山に期待「5~6校はつかまえられる」

14位 拓殖大    5:40:36

(各新関連記事)
>>往路14位拓大、2区デレセが10人抜き「楽しかった」
>>拓大・宇田”ラストラン”4区6位「4年間の積み重ねがあった」

15位 東海大    5:41:44

1区 鬼塚翔太  1:03:57 区間2位
2区 關 颯人  1:09:33 区間13位
3区 國行麗生  1:05:33 区間17位
4区 松尾淳之介 1:06:47 区間12位
5区 舘澤享次  1:15:54 区間13位

(各新関連記事)
>>往路15位東海大、不振1年軍団
>>東海大、4区間1年生も番狂わせ起こせず

16位 山梨学院大  5:41:56

1区 伊藤淑記 1:06:49 区間20位
2区 ニャイロ 1:08:31 区間9位
3区 永戸 聖 1:04:35 区間9位
4区 上村純也 1:07:33 区間16位
5区 上田健太 1:14:28 区間7位

(各新関連記事)
>>往路16位山梨学院大、Wエース不調で大苦戦!
>>山学大 ニャイロ 爆走ならず 万全な調整できず「きつかった」

17位 明治大    5:44:42

(各新関連記事)
>>往路17位明大、1区で出遅れ浮上できず

18位 大東文化大  5:45:29

(各新関連記事)
>>往路18位大東大、奈良監督の長男・凌介5区19位…奈良監督「調整不足」

19位 国学院大   5:46:51

(各新関連記事)
>>往路19位国学院大、2年ぶり出場も粘れず苦戦

20位 国士舘大   5:54:57

(各新関連記事)
>>往路20位国士舘大、まさかの最下位で折り返し

OP  関東学生連合 5:49:45

関連記事:【2017 箱根駅伝】区間エントリー発表!青学の3連覇なるか?!
関連記事:【2017箱根駅伝経由東京オリンピック行き】各大学4年生の進路・就職先一覧。実業団に進む選手は?
関連記事:【2018箱根駅伝への道】2016高校長距離男子ランキング(2017年大学別新入生確定情報)