➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【2019箱根駅伝への道】2018全日本大学駅伝結果速報。

学生3大駅伝の第2戦。2018年の全日本大学駅伝の結果をお伝えします。

2018年全日本大学駅伝

2018年全日本大学駅伝 総合順位

1位:青山学院大 5゚13’11”
2位:東海大   5゚15’31” +02’20” (+02’20”)
3位:東洋大   5゚15’57” +02’46” (+00’26”)
4位:駒澤大   5゚17’29” +04’18” (+01’32”)
5位:帝京大   5゚18’34” +05’23” (+01’05”)
6位:國學院大  5゚19’50” +06’39” (+01’16”)
7位:法政大   5゚20’21” +07’10” (+00’31”)
8位:城西大   5゚20’29” +07’18” (+00’08”)
—————————-シード権はここまで。
9位:明治大   5゚20’37” +07’26” (+00’08”)
10位:神奈川大  5゚21’06” +07’55” (+00’29”)
11位:日本大   5゚21’08” +07’57” (+00’02”)
12位:日本体育大 5゚21’39” +08’28” (+00’31”)
13位:順天堂大  5゚22’14” +09’03” (+00’35”)
14位:中央学院大 5゚22’18” +09’07” (+00’04”)
15位:早稲田大  5゚23’21” +10’10” (+01’03”)

2018年全日本大学駅伝 区間順位

2018年全日本大学駅伝 区間順位 1区

1位:石井優樹  3年 日本学連 27:25
2位:竹下 凱  4年 帝京大学 27:28
3位:小野田勇次 4年 青山学院 27:29
4位:西川雄一朗 3年 東海大学 27:31
5位:青木涼真  3年 法政大学 27:34

2018年全日本大学駅伝 区間順位 2区

1位:荻久保寛也 3年 城西大学 32:08
2位:阿部弘輝  3年 明治大学 32:12
3位:浦野雄平  3年 國學院大 32:13
4位:關 颯人  3年 東海大学 32:15
5位:橋詰大慧  4年 青山学院 32:21

2018年全日本大学駅伝 区間順位 3区

1位:館澤亨次 3年 東海大学 34:09
2位:中谷雄飛 1年 早稲田大 34:19
3位:鈴木塁人 3年 青山学院 34:42
4位:今西駿介 3年 東洋大学 34:43
5位:坂東 剛 4年 日本学連 34:52

2018年全日本大学駅伝 区間順位 4区

1位:塩尻和也 4年 順天堂大 33:48
2位:林 奎介 4年 青山学院 34:27
3位:西田壮志 2年 東海大学 34:38
3位:遠藤大地 1年 帝京大学 34:38
5位:岡原仁志 3年 法政大学 35:02

2018年全日本大学駅伝 区間順位 5区

1位:吉田祐也 3年 青山学院 36:23
2位:鬼塚翔太 3年 東海大学 36:25
3位:小笹 椋 4年 東洋大学 36:27
4位:小森稜太 3年 帝京大学 36:38
5位:伊東颯汰 2年 駒澤大学 36:54

2018年全日本大学駅伝 区間順位 6区

1位:吉田圭太 2年 青山学院 37:29
2位:郡司陽大 3年 東海大学 37:42
3位:岩室天輝 2年 日体大  37:58
4位:中村大聖 3年 駒澤大学 38:04
5位:鈴木宗孝 1年 東洋大学 38:05

2018年全日本大学駅伝 区間順位 7区

1位:ワンブィ 4年 日本大学 50:21
2位:森田歩希 4年 青山学院 51:26
3位:山本修二 4年 東洋大学 52:02
4位:廻谷 賢 3年 日体大  53:02
5位:鈴木勝彦 4年 城西大学 53:05

2018年全日本大学駅伝 区間順位 8区

1位:相澤 晃 3年 東洋大学 58:23
2位:山下一貴 3年 駒澤大学 58:43
3位:梶谷瑠哉 4年 青山学院 58:44
4位:湯澤 舜 4年 東海大学 59:06
5位:金子元気 4年 城西大学 59:17

1位:青山学院大 5゚13’11”

1区:小野田勇次 4年 27:29 区間3位
2区:橋詰大慧  4年 32:21 区間5位
3区:鈴木塁人  3年 34:42 区間3位
4区:林 奎介  4年 34:27 区間2位
5区:吉田祐也  3年 36:23 区間1位
6区:吉田圭太  2年 37:29 区間1位
7区:森田歩希  4年 51:36 区間2位
8区:梶谷瑠哉  4年 58:44 区間3位

出雲駅伝ほどではありませんが、力でねじ伏せた感じです。

本当は4区で追いつく予定だったみたいですが、今回の2区3区は力負けなので、林は想定から少し後ろで来たと思っているでしょうか?!伸びを欠いた印象でした。

ただ、青学の凄いところは、つなぎ区間の5区6区で連続区間賞。

ジワジワ追いつき、7区で一気に逆転するという展開が見事にハマりました。

前半で抜け出せない場合、7区で追いつくという作戦を実行できるのが青学の強さです。

これで、距離の長くなる箱根駅伝で自力で青学を超えるのは難しいかな〜という印象を持った大会でした。