0617_2

2018/6/17 更新

2018年の日本学生個人選手権の結果をお伝えします。


2018日本学生個人選手権

1500m

1位:前川 優月(東京国際大②) 3分52秒23
2位:小松 陽平(東海大③)   3分52秒25
3位:大竹 康平(広島経済大②) 3分52秒54
4位:齋藤 雅英(早稲田大③)  3分52秒57
5位:眞田  翼(中央大②)   3分53秒33
6位:酒井 洋明(北海道大③)  3分53秒38
7位:三津家貴也(筑波大M①) 3分53秒83
8位:森  凪也(中央大①)   3分54秒05
9位:小林  青(鹿屋体育大①) 3分54秒12
10位:横田 大地(亜細亜大④)  3分55秒67
11位:平岡  錬(環太平洋大③) 3分56秒36
12位:河合 正貴(東京工業大④) 3分56秒69
13位:市村 朋樹(東海大①)   3分57秒94
14位:千原 康大(環太平洋大③) 4分02秒93
15位:横山 裕介(山口大②)   4分04秒59


5000m

1位:石井 優樹 (3)関西学院大 13:45.65
2位:橋詰 大慧 (4)青山学院大 13:47.32
3位:森田 歩希 (4)青山学院大 13:54.18
4位:中島 怜利 (3)東海大   13:54.52
5位:吉田 圭太 (2)青山学院大 13:56.18
6位:髙田凜太郎 (3)東海大   13:57.73
7位:鈴木 塁人 (3)青山学院大 13:58.44
8位:杉 優一郎 (4)神奈川大  13:58.77
9位:生方 敦也 (3)青山学院大 13:59.61
10位:松尾淳之介 (3)東海大   14:00.08

1000m2分47秒。2000m5分34秒。3000m8分22秒と早いペース。

4000mは11分12秒で13分台で決着は間違いない展開に。

先頭は4人。東海・松尾、青学・橋詰・森田、関学大・石井。残り2周を切って、橋詰が抜け出し、それを森田・石井が追う展開。

残り1周を切ってから石井が追いつき先頭に出てそのままゴール。

ベストを20秒以上更新し13分45秒のハイレベルな大会新記録。その後、橋詰・森田が続く結果に。

関連記事:【2019 箱根駅伝への道】大学三大駅伝の出雲・全日本・箱根について。青学の3冠&箱根5連覇はなるか?!



 ▼ 人気記事 ▼





おすすめ記事

1. スポナビ・VOD関連の記事まとめてます → スポナビ・VOD関連の記事まとめ
2. 箱根駅伝関連の記事まとめてます → 箱根駅伝関連の記事まとめ
3. 高校駅伝関連の記事まとめてます → 高校駅伝関連の記事まとめ
4. テニス関連の記事まとめてます → テニス関連の記事まとめ

随時更新中

超絶面白い「スポーツ漫画」を厳選紹介するよ
『スターウォーズ (STAR WARS)』文庫本・アメコミの歴史