➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
陸上競技

【2019 ドーハ世界陸上】激戦の100m・200m・4×100mR 結果速報 | 9秒台トリオの結果は?!

2019年世界陸上ドーハ大会が開幕しました。世界のトップアスリートがドーハに集結し、世界一を目指します。

今回の見所は、何と言っても男子短距離。大会初日から予選が始まり、日本時間の9月29日午前4時15分に決勝が行われます。

断トツ優勝候補のコールマンを筆頭にベイカー、蘇炳添(ソ ヘイテン)、プリスコットなど有力選手が目白押しです。

そして一番楽しみなのが、日本が誇る9秒台トリオ。100mで87年振りの決勝進出なるか?!そして4x100mRで金メダル獲得なるか?!

今回はそんなドーハ世界陸上の100m・200m・4×100mRの結果をお伝えします。

世界陸上関連リンク

2019年世界陸上の各競技の詳細については以下のリンクよりご覧ください。

▼2019年世界陸上/日程&結果関連
大会日程
日本選手結果
▼2020年東京五輪/日本代表関連
選考基準
標準記録突破者

 

第17回世界陸上競技選手権大会

開催日:2019年9月27日(金)~10月6日(日)
場所:ドーハ(カタール)

ドーハ世界陸上 競技日程&テレビ放送

男子100m

予選:9/28(土)0:05〜
準決勝:9/29(日)0:45〜
決勝:9/29(日)4:15〜

男子200m

予選:9/30(月)2:05〜
準決勝:10/1(火)2:50〜
決勝:10/2(水)4:40〜

テレビ放送

2019年ドーハ世界陸上は、TBS系列にて生中継、BS-TBSでは連日ハイライトが放送されます。

競技結果

男子100m 予選

<準決勝進出条件>
各組3着+4着以下タイム上位6人(予選全体24位まで)が準決勝進出。

<日本選手結果>
予選4組:桐生祥秀/4位(10.18)※全体15位
予選5組:小池祐貴/4位(10.21)※全体20位
予選6組:サニブラウン/3位(10.09)※全体8位

※日本勢は、前回ロンドン大会に引き続き、全員が準決勝に進出。

男子100m 準決勝

<決勝進出条件>
各組2着+3着以下タイム上位2人

※太字の選手は決勝進出

準決勝1組
選手名 準決勝
タイム
1 C.コールマン USA 9.88
2 A.ブラウン CAN 10.12
3 A.ジェミリ GBR 10.13
4 P.カムロ デ オリベイラ BRA 10.14
5 サニブラウン JPN 10.15
6 T.ブルネット NED 10.18
7 L.ヤコブス ITA 10.20
8 蘇 炳添 CHN 10.23

準決勝2組
選手名 準決勝
タイム
1 A.ド グラス CAN 10.07
2 Y.ブレイク JAM 10.09
3 J.ガトリン USA 10.09
4 謝 震業 CHN 10.14
5 R.エケブウォ NGR 10.20
6 O.エドブルン GBR 10.22
7 小池祐貴 JPN 10.28
8 E.マタディ LBR 10.28

準決勝3組
選手名 準決勝
タイム
1 A.シンビネ RSA 10.01
2 Z.ヒューズ GBR 10.05
3 F.トルトゥ ITA 10.11
4 T.トレーシー JAM 10.11
5 M.ロジャース USA 10.12
6 桐生祥秀 JPN 10.16
7 J.ビコ FRA 10.16
8 A.シセ CIV 10.34

男子100m 決勝

【世界記録】
9.58(2009.8 世界陸上)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
9.97(2019.6 全米大学選手権)
サニブラウン・アブデルハキーム/フロリダ大学

選手名 決勝
タイム
1 C.コールマン USA 9.76
2 J.ガトリン USA 9.89
3 A.ド グラス CAN 9.90
4 A.シンビネ RSA 9.93
5 Y.ブレイク JAM 9.97
6 Z.ヒューズ GBR 10.03
7 F.トルトゥ ITA 10.07
8 A.ブラウン CAN 10.08

前回大会銀メダルだったコールマンが、決勝の舞台で自己ベストを更新する走りで優勝。

また、37歳のジャスティン・ガトリンは4大会連続のメダル獲得で、最年長メダリストとなりました。




男子200m 予選

予選

<準決勝進出条件>
各組3着+4着以下タイム上位3人(予選全体24位まで)が準決勝進出。

<日本選手結果>
予選2組:小池祐貴/4位(20.46)※全体24位
予選5組:山下 潤/5位(20.62)※全体30位
予選6組:白石黄良々/5位(20.62)※全体31位

※日本勢は予選敗退。なお、小池選手は全体で24位でしたが、小池選手と別の組の選手が小池選手より遅いタイムながら着順で準決勝に進出。

そのため小池選手は上位24人から漏れ予選敗退となりました。

男子200m 決勝

【世界記録】
19.19(2009.8)
ウサイン・ボルト/ジャマイカ

【日本記録】
20.03(2003.6 日本選手権)
末續慎吾/ミズノ

選手名 決勝
タイム
1 N.ライルズ USA 19.83
2 A.ド グラス CAN 19.95
3 A.キニョネス ECU 19.98
4 A.ジェミリ GBR 20.03
5 R.グリエフ TUR 20.07
6 A.ブラウン CAN 20.10
7 シャ シンギョウ CHN 20.14
8 K.グリオー TTO 20.39

男子200mは初出場のライルズが19秒83で制し、6大会ぶりにアメリカが金メダルを手にしました。

ライルズは100mで9秒86のタイムを持ちます。今大会は得意の200mに絞って臨んでいました。

東京五輪では100mにも出場するのかに注目。

男子4x100mR 予選

2組

男子4x100mR 決勝

チーム タイム
1 アメリカ 37.10
2 イギリス 37.36
3 日本 37.43
4 ブラジル 37.72
5 南アフリカ 37.73
6 中国 38.07
フランス DNF
オランダ DQ

男子400mリレーはアメリカが今シーズン最高記録をマークして優勝。

そして、日本は完璧なバトンパスと素晴らしい走りで、アジア新記録(日本新)を樹立。

見事、2大会連続の銅メダルを獲得しました。

<予選の走順>
小池祐貴⇒白石黄良々⇒桐生祥秀⇒サニブラウン

<決勝の走順>
多田修平⇒白石黄良々⇒桐生祥秀⇒サニブラウン

【参考】2017年世界陸上結果(短距離)

ここでは、2017年世界陸上・男子の「100m」「200m」の決勝の結果をご紹介します。

男子100m

1位/9.92 J.ガトリン(USA)
2位/9.94 C.コールマン(USA)
3位/9.95 U.ボルト(JAM)
4位/9.99 Y.ブレイク(JAM)
5位/10.01 A.シンビネ(RSA)
6位/10.08 J.ビコ(FRA)
7位/10.17 R.プリスコッド(GBR)
8位/10.27 ソ ヘイテン(CHN)

アメリカ勢が金・銀を獲得。ガトリンは12年ぶりの優勝となりました。また、最後の世界陸上・男子100mとなったウサイン・ボルトは、初めての銅メダル獲得でした。

男子200m

1位/20.09 R.グリエフ(TUR)
2位/20.11 W.バンニーキルク(RSA)
3位/20.11 J.リチャーズ(TTO)
4位/20.24 N.ミッチェル ブレイク(GBR)
5位/20.26 A.ウェブ(USA)
6位/20.44 I.マクワラ(BOT)
7位/20.63 サニブラウン・ハキーム(JPN)
8位/20.64 I.ヤング(USA)

世界陸上の男子200mで、サニブラウンが日本勢として初めて入賞を果たしました。