➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
陸上競技

【2019ドーハ世界陸上】セイコーゴールデングランプリ陸上結果速報 | 桐生、ガトリンに肉薄するも優勝ならず | 桐生・小池A標準突破 | 4継も突破

2019年5月20日(日)大阪市ヤンマースタジアム長居で行われた「2019年のセイコーゴールデングランプリ陸上」の結果をお伝えします。

注目の100mと4×100mRなど目白押しの種目がたくさんあり、更に今年もTBS系列で13時30分~15時24分で生放送されました。

さらに、夜には「第103回日本選手権陸上10000m」も行われます!

2019 セイコーゴールデングランプリ陸上

0519 2

2019セイコーGP 男子100m

(+1.7m)
1位:ガトリン(アメリカ)10秒00
2位:桐生祥秀(日本生命)10秒01
3位:ゾフリ(インドネシア)10秒03
4位:小池祐貴(住友電工)10秒04
5位:山縣亮太(セイコー)10秒11
6位:多田修平(住友電工)10秒113
9位:ケンブリッジ飛鳥(NIKE)10秒30

2019セイコーGP 男子4x100mR

1位:日本(多田-山縣-小池-桐生) 38秒00【今季世界最高】
2位:アメリカ 38秒73
3位:チャイニーズタイペイ 39秒12
4位:オーストラリア 39秒17

1週間前の世界リレーで失格となった400mリレー。その時と全く同じ走者・走順でのリベンジ戦を行いまいした。

安全バトン(近い距離でのバトンリレー)でしたが、今季世界最高!

この風で、このバトンパスで世界最高を出せたということは、先週の「世界リレー」も勝てたな〜と思わざる得ないくらい強いです。

2019セイコーGP 男子3000mSC

1位:P.キプラガト(ケニア・倉敷高)8分22秒65
2位:Getnet Wale(エチオピア)8分23秒01
3位:Abraham.K(ケニア)8分28秒27
————————————-
8位:塩尻和也(富士通)8分32秒75
10位:山口浩勢(愛三工業)8分41秒20
12位:潰滝大記(富士通)8分41秒63
13位:滋野聖也(プレス工業)8分52秒98
14位:阪口竜平(東海大④)8分56秒65

倉敷高校のキプラガトが圧巻の走り!