➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【2020箱根駅伝経由東京オリンピック行き】各大学4年生の進路・就職先一覧。実業団に進む選手は?

お正月の風物詩といえば、ニューイヤー駅伝と箱根駅伝!!

毎回いろんなドラマがあり、凄い見ごたえがあります。そんな駅伝を観ていたら気になるのが、2020年3月(2019年度)に大学を卒業する4年生陸上長距離部員の進路です。

大概の大学生ランナーの目標は、箱根駅伝だと思いますが、あくまで箱根駅伝は通過点で世界と戦うことを目標としているランナーもいます。

今回はそんな各大学の有力ランナーの4年生の進路先をまとめます。

東京オリンピックまで半年。次のオリンピックまで4年半。

先のようであっという間にやってきます。今年活躍した4年生達がオリンピックのトラック・マラソンで走って活躍してほしいなと思います。

2019-20シーズン、特に気になるのは東海勢(關・鬼塚・館澤・阪口など)、東洋相澤、明治阿部の進路でしょうか?!

出雲駅伝2019・全日本大学駅伝2019・箱根駅伝2020と沸かせてきた選手たちの実業団での駅伝・長距離での活躍が楽しみです。卒業後の箱根ランナーたちに注目です!

箱根駅伝2020 4年生の進路・就職先 実業団に進む選手は?

東海大学

・館沢亨次 DeNA

>>1500メートル日本王者の東海大・館沢亨次主将がDeNAへ

東洋大学

・相澤晃 旭化成

>>学生NO1長距離ランナー 東洋大の相沢晃が旭化成へ

さいごに:箱根路を沸かせた大学4年生の進路に幸あれ!

2020年度の新入社員として、2021年のニューイヤー駅伝を走る選手がでてくるのが楽しみです。そしてオリンピックで活躍する選手が出るのを楽しみに待ってます。

created by Rinker
ベースボールマガジン社
¥1,200
(2019/08/23 18:32:42時点 Amazon調べ-詳細)