➤スポーツ観戦ならDAZN【1ヶ月無料あり】
駅伝・マラソン

【東京オリンピック】マラソン代表最後の1枠を決める「MGCファイナルチャレンジ」の設定記録が発表!狙えるのは大迫と設楽くらい?!

東京オリンピックマラソン最後の1枠を決める「MGCファイナルチャレンジ」の設定記録が発表されました

「MGCファイナルチャレンジ」は、MGC本戦で上位2着に入れず代表内定を取れなかった選手による最終選考となるレースです。


東京オリンピックマラソン代表 選考基準

(4)MGCファイナルチャレンジにおいて、「MGCファイナルチャレンジ派遣設定記録」を突破した記録最上位の競技者。ただし、MGCシリーズに出場(完走)、又はMGCの出場資格を有す

ることを条件とする。

MGCシリーズで完走していて、MGCファイナルチャレンジで設定記録を突破した、最上位記録者が代表として選ばれます。

逆に言えば、設定記録を上回れなければMGCファイナルチャレンジの結果では代表になれません。

そんな大事な設定記録が発表されました。

MGCファイナルチャレンジ 設定記録

男子:2時間05分49秒
女子:2時間22分22秒

これはどの選手も公平な目標設定になるようにという意図から「MGCシリーズ」で記録された最高タイム、

大迫傑の2時間05分50秒

松田瑞生の2時間22分23秒

を1秒上回る設定になりました

対象大会は男子が、

✔ 福岡国際
✔ 東京
✔ びわ湖毎日

女子が、

✔ さいたま国際
✔ 大阪国際
✔ 名古屋ウィメンズ

です。

該当者がいなかった場合は「MGC3位」が代表になります!